節子の身体の小ささに涙する。

遅ればせながら、「火垂るの墓」を観ました。
今回のドラマは、清太と節子の視点ではなく、
叔母久子とその娘なつの立場から描かれています。
そのため、ただひたすらかわいそうでならなかったアニメと違い、
戦争を語る上で、ある意味「公平」な描き方になったと感じました。
とはいえ、このドラマはやはり清太と節子あっての作品。
2人の子役はアニメからそのまま抜け出してきたかのようで、
少なくとも節子役の佐々木麻緒ちゃんは、
よっぽどアニメを研究したんだろうなあと感心するばかりでした。
そんな中で、映像化されて初めてわかったこと。
それは、いかに節子が小さかったかということです。
14歳の少年と4歳の女の子では、あれほどにまで身体の大きさが違うんですね。
泣きじゃくる清太を慰める節子。死んで行李に納められた節子。
アニメや文章からでは感じ取ることのできなかった体格の差。
その節子のあまりの身体の小ささに、涙が出るほどでした。
あの時代、こんな子が大勢いたんだろうなと思うと、益々切なくなって…。

さて、公式HPのBBSを見たら、「感動しました」「泣きました」という書き込みに混ざって、
「あのセリフは許せない」という意見が多々あり、そうは思わなかった私はちょっとビックリ。
ストーリーはよく知られているので割愛しますが、
戦争が終わったとき、清太と節子が死んだことを知ったなつは、
「(こんな思いをしてまで)生きていたくない」と言います。
それに対し、母久子は「死んだら負けなのよ」と、娘をひっぱたく。
この「死んだら負け」が物議をかもしているのです。
戦争で死んでいった人たちは負けなのか、と。
兵隊として戦死した人もいれば、空襲で亡くなった人もいる。
清太と節子のように、力尽きて死んでいった人も大勢いたでしょう。
そういう人たちを「負けだ」などというのは許せないという意見でした。
読んでみれば、それも確かにもっともなことだと思いました。
だけど、私は違うように受け取ったんですよね。
「死んだら負け」というのは、まさに怒りではなかったかと思うのです。
久子は毎日の生活に苦労する中で、負けまいとして必死に生きてきたはずです。
夫に死なれ、子どもを4人も抱え、食べるものにも事欠く中、
「こんなところで負けられない」「死んでなるものか」と、
おそらく自分に毎日毎時間言い聞かせてきたんだろうと思います。
それは負けたら死ぬとか、死んだら負けるとかいうことではなく、
生きるために諦めないということです。
その結果、清太と節子を追い出すことになってしまった。
しかし久子が一方的に追い出したというだけではなく、
清太と節子も意地を張って出て行った面があります。
そのことを、久子は悔やまずとも、気にはしていたのでしょう。
だからこそ戦争が終わって「我に返った」とき、
子どもたちを捜しに行ったのではないでしょうか。
ところが清太と節子は死んでしまっていた。
「どうして死んでしまったの? なぜ生き延びなかったの?」
生きて欲しかったからこそ、意地で出て行った子どもたちに怒りを感じ、
そんな彼らを追い出してしまった自分に対しても怒りを感じ、
おまけにそうしてまで自分が必死に守った娘が「生きていたくない」などと言ったことで、
すべての怒りと悔しさが爆発したのでしょう。
それがあの「死んだら負けなのよ」という叫びになったのだと思うのです。
決して、戦争で死ぬことを「負けだ」と言っているわけではない。
生きて欲しいからこそ、生き抜かねばならないからこその叱咤と思えます。
でも、戦争で死ぬこと=負けという受け取り方をした人がたくさんいたという時点で、
このセリフは、言葉あるいは場所が適当ではなかったということなんでしょうね。
もしかしたら私の捉え方も間違っているのかもしれないし、
脚本の井上由美子さんに質問してみたい気分です。

最後に蛇足。
最近の戦争作品は、祖母が孫に語るという形式がほとんどですね。
それも今回ばかりは、現代とリンクさせる必要はなかったように思います。
そんなことをしなくても、充分入り込むことができる作品だし、
リンクさせることで何らかの効果があったとは感じられませんでした。
それどころか、節子の遺骨を川に流したことで、
「なぜ?」と、かえって興ざめした部分が無きにしも非ず…。
「死んだら負け」というセリフよりも、散骨の方が私には不可解でした。

3 Comments

レッド  

私も本日、録画していたのを漸く見ました。

「生きていたくない」
「死んだら負けなのよ」
という台詞は、どちらも「生きている者」だからこそ口に出来るものですね。
この台詞に関してカタリーナさんが書かれている事と私が感じた事はほぼ同じなんですが、銃後を守る妻・母としての久子の意地、海軍大佐の息子としての兄の意地、その狭間で虫のように死んでいった4歳の節子の事を思えば(頑是無い節子には、久子の家を出るに当たって主張するべき一片の「意地」も無かった筈です)、そうした生者の奢りとも受け取られかねない台詞を「許せない」と感じる方がいる気持ちもまた、解ります。

あと、松嶋菜々子という女優の資質もあるかも知れません。肝っ玉母さんというよりも、つんと澄ましたお嬢さんという雰囲気が濃厚だったし(笑)、あの冷たさに反感を持たれる方も多いのでは。

個人的に一番辛かったのは、たった14歳で4歳の命を背負わされてしまった少年の在りようです。切なかった。石田法嗣君があまりにも素晴らしいものだから、涙止まりませんでした。
佐々木麻緒ちゃんにも脱帽でした。
彼ら二人がいなければ成立しないドラマだったと思います。

2005/11/06 (Sun) 22:00 | EDIT | REPLY |   

ななお  

本当に額面どおりに『死んだら負けって受け』取ったわたしがいます^^;

意地をはって出ていって死んじゃったら負けじゃんよと。
意地はって出ていってたんなら生きてなさいよみたいな・・・ね。
戦争全体に対してじゃなくてすごく個人的に吐き捨てた言葉なんかねぇ、なんて思ってました。


ドラマ自体には不満は無いのですが、
どうしてもあの合成っぽさが・・・(笑)
廃墟のセットってのは作るのが難しいんでしょうけど、
ああまで合成っぽさがあからさまだと、
ウルトラマンの背中のチャックが見えたみたいな感じがして、
現実に引き戻されました(笑)

2005/11/07 (Mon) 00:17 | REPLY |   

カタリーナ  

■レッドさん
>生者の奢りとも受け取られかねない台詞
そうか、そうですね。
生き残ったからこそ言えるセリフですものね。
松嶋さんというキャスティングも確かに影響したかもしれませんね。
おまけに食うに困る状態であるという切迫感がまるで感じられず、
そこはドラマだと思って目を瞑ってたんですが、
つんと澄ましたお嬢さんでは(苦笑)、
それも災いしてしまったのかもしれませんね。

■ななおさん
吐き捨てた言葉っていうのも、アリな解釈ですね。
私もあの合成は、正視していいのやら悩みました。
ブルーシートの前で演技してるのかな…とか考えちゃいました。(苦笑
もうちょっと普通に見えるように、技術の向上を~!

2005/11/07 (Mon) 02:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment