小悪魔バトン

ぷ~さんの「お調子天国」から、「小悪魔バトン」がまわってきました。

1.(外見の)チャームポイント
2.人に自信をもっていえる、自分の長所
3.直せば、もっと人生楽しくなると思う、自分の短所
4.憧れの人
5.恋愛に対して、昔と変わった部分と、昔から変わらない部分
6.今一番、好きな言葉
7.幸せを感じるとき

小悪魔とはあんまり関係ない設問な気がしないでもないですが、
まあチャレンジしてみましょう~。

あ、特にどなたにもバトンはお渡ししないので、見かけて気に入った方は、
どなたでもご自由にお持ち帰りください。
1.(外見の)チャームポイント
うーん。足首が細いことかなあ。 よく言われるので。
でも、「足首細いのに………ねー」という台詞がほとんど。
その「………」の部分は何ですか。
ええ、足首だけが細いんだってことは自覚してますとも。

2.人に自信をもっていえる、自分の長所
誰とでも気軽に話せちゃうところ。
きっかけつかむまではちょっと時間が要るんですけど、話し出せばいくらでも。
それと、割とポジティヴなところ。
嫌なこと、落ち込むことがあると、内心ものすごく悩んでいるんですが、
とりあえず全部ポジティヴに考えるようになってます。

3.直せば、もっと人生楽しくなると思う、自分の短所
まじめすぎるところ。もう少し気楽になれたらなあ。
それからお尻が重いこと。
やりたいことがあっても、なかなか行動に移しません。
それで損してること結構あると思う…。
あと甘え下手。
「どうして悩みを相談しないんだ?」って言われたことがあります。
頼りたいんだけど、できるところまでは自分で解決したいという強がりがあるんですよね…。

4.憧れの人
具体的にこの人というのはないですね。
年齢を問わず、何か目標を持って一生懸命頑張ってる人。
70代、80代になってもどんどんチャレンジしている人を見ると、
自分もその歳になったときそうありたいと思います。

5.恋愛に対して、昔と変わった部分と、昔から変わらない部分
パッと思いつく変わった部分といえば、好みでしょうか。
昔は母性本能をくすぐられるようなタイプに惹かれがちでした。
ちょっとだらしないとか、頼りないとか。
今は、いろんな面で自分を引っ張りあげてくれそうな人に惹かれます。
あとは現実的になりすぎてしまってるかも。ちょっと寂しいですね。
対して変わらない部分は、熱しやすく冷めやすいこと。
この人いいなと思ったら1人で勝手に盛り上がって、毎日ドキドキバクバクで過ごし、
だけど強烈な片思いのままピークを迎え、そのあと一気に冷めます。
別に冷めるきっかけとかはないんですが、大抵2~3週間くらいで平常心に戻ります。
でもそのときには、すでに盛り上がりすぎて、かなりグッタリしてますけど。
……おかげで「恋」ばかりで、なかなか「愛」にたどり着けない。(苦笑

6.今一番、好きな言葉
「責難は成事にあらず」(責めたり非難したりすることは、事を成すことではない)
好きな言葉というよりも、常に心がけている言葉です。
おそらく作家小野不由美さんが造られた言葉だと思いますが、
(故事成語に見当たりません。出典ご存知の方、教えてください!)
この言葉に出会ってから、自分自身を戒めるためにいつも頭の片隅においています。
責めたり非難したりすることはすごく容易だけれど、それだけじゃ物事発展しません。
わかっていても、つい責めたくなってしまうのが人間の弱さだと思うのですが、
不必要に責めたりすることだけは、できるだけ避けたいと思っています。
そこから一歩進めたらいいなあと。

7.幸せを感じるとき
ふかふかの布団にもぐりこんで、身体が最適のポジションにおさまった瞬間。
午後、お茶を飲みながら本を読んだり、ボーッとしたりしてるとき。(そんなのめったにない…)
なんか平和すぎるな…。

やっと終わった! 意外と難しかったです。
ふっと、「そういえば○○くんはどうしてるんだろう…」なんて思い出したりして、
全然回答が進みませんでした。
ついでに恋愛頭脳というサイトを見つけました。
訪問者の恋愛観を吸収し蓄積されたデータの中で、
自分の恋愛観が判断されるというもの。
私はかなり頷ける結果で、今ちょっとドキドキしてます。(苦笑

0 Comments

Leave a comment