富士山頂で面接!

世の中、ホントにいろんなことを考える人がいるもんです。
インターネット衣料品通販のサイトを運営しているイマージュ・ネット株式会社が、
2006年度の新卒採用面接試験を富士山頂で行うとか。
その目的は、

登山には神田大治社長も自ら同行し、山での共同生活を通して、
入社志望者の協調性や熱意を見極めたいという。
                             asahi.comより引用


ということなのです。

最終面接に残った学生50人が参加する予定で、
23日昼、富士山5合目に集合。

7合目まで登山。夕方、山荘で説明会。

24日午前0時、山頂に向けて登山再開。

24日午前5時すぎ、山頂で"朝日を見ながら"面接。

酸素ボンベ担いで標高3,776メートルに立ち、朝日を見ながら面接ですよ…。
熱意はあっても体力がなかったら無理ですよね…。
因みに23,24日のお天気は降水確率60%の模様。

採用人数は3~4人を予定しているとか。
参加学生の皆さんの健闘をお祈り申し上げます。

4 Comments

dayu  

熱意がなくても体力だけある人が採用されることのないよう祈るばかりですね。^^

2005/08/22 (Mon) 16:56 | REPLY |   

レッド  

私が新卒で入った会社は、新入社員研修=強制富士登山でした。
社長が裸一貫叩き上げの人で上昇志向が強く、
「一生に一度は日本一の山に登ってみろ!」
という理由で、みんな泣きながら登ってました。超苦しかった(笑)。でも山頂で拝んだご来光の美しさはいまだに忘れられません。
しかし私たちが登った2週間後に、下山道で死者も出した落石事故が起き、翌年から富士登山は中止になっちゃいました。

その会社の皆さんも、今頃面接ですかね。
事故の無いようお祈りするばかりです。

2005/08/23 (Tue) 11:38 | EDIT | REPLY |   

Aki_1031  

志願者の熱意…って、
別の熱意で採用されそうな気もしますねぇ(苦笑)。
どんな残業にもへこたれないとか、
寝ないでも戦える企業戦士とか(笑)。

私も富士山登ったことありますが(もちろん面接じゃないですよ~笑)、
かなり、かなーりキツかった思い出があります。
出発前に購入していた酸素ボンベを
頂上で使い果たした記憶も…(笑)。

2005/08/23 (Tue) 14:14 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■dayuさん
富士山登山面接という条件の段階で、
ある意味ふるいにかけられちゃってますからね。
でもせっかく富士山に登っても、結局は面接如何に寄るんでしょうし、
登山の過程でその人の素が見たいってことなんでしょうけど、
試験で登山はちょっと気の毒かなーなんて思いました。
でもいい思い出にはなるのかな。

■レッドさん
うわー、新人研修で富士山ですか!
社長さんの理念もわかりますけど、
いきなり富士山に登っても大丈夫なものなのですか?
登山に関してはまったく無知なのですが、酸素ボンベがいるのですから、
それなりの体力作りと訓練が必要ではないかと思いまして。
落石事故も恐ろしいですが、その前に体調を崩すほうが心配です。
でも、ご来光の素晴らしさは、頂上を極めた人にしか味わえないもの。
やはり一生の思い出になりますよね。

■Aki_1031さん
結構富士山て、登ってる方いらっしゃるのですねえ。
みんなすごいなー。
登山は精神も鍛えるって言いますし、この面接が話題性だけに終わらず、
エントリーした学生さんたち全てにとって、
プラスになればいいなあと思います。

2005/08/24 (Wed) 00:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment