スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻色江戸ごよみ 宮部みゆき著

宮部みゆき作品との出会いは、「蒲生邸事件」でした。
時間旅行というSF的要素と時代歴史小説という展開が見事にマッチして、
寝る間も惜しんで読みふけった覚えがあります。
そのせいか、私の宮部さんに対するイメージは、
ミステリー要素を取り入れた、歴史小説の人なのです。
おそらく世間一般には、ミステリー作家だと認識されていると思いますけど。
そういう印象を植え付けられているので、いわゆる現代物のミステリーは、
残念ながらまだ1つも読んでおりません。

幻色江戸ごよみ
幻色江戸ごよみ
宮部 みゆき

というわけで、今回も時代小説を選んでしまいました。
タイトルに示されているとおり、睦月から師走までの12ヵ月に因んだ12の短編集。
宮部さんならではのいわゆる怪奇、奇異なことが起こりますが、
それらは話に添えられた薬味であり、隠し味であり、彩りにすぎないように感じます。
結局は全てが人の心に通じることであり、核となるのは「人情」なのではないだろうかと。
しかもその人情が、どれも市井の無名の人たちの間で取り交わされていくのです。
そのあたりに、時代小説でありながら時代を感じさせない力、
言い換えれば「共感」のようなものが生まれてくるのではないかと思います。

私のお気に入りは師走の物語、「紙吹雪」。
復讐のために全てに耐えて生きてきた少女が、哀れとは思えないほど確かな、
力強い足取りで人生を歩いていたことに、ふと自分の足跡を振り返りました。

- 6 Comments

かろひ  

宮部さんの現代物、もしよろしければ「とり残されて」(文春文庫)をお薦め申したく。こちらも短篇・中篇集で、なかでも「たった一人」に抹茶黒みつ500個賭(笑。…あ、わたしはマンゴー&ココナッツのが所望です^^…

2005/06/20 (Mon) 03:51 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■かろひさん
ご紹介ありがとうございます!
「とり残されて」って、表紙が怖かった記憶があります…。
マンゴー&ココナッツ500個…ならば読まねばなりませんね。

2005/06/20 (Mon) 20:56 | EDIT | REPLY |   

きょう子  

こんばんは♪
「蒲生邸事件」は私もとても面白く読みました。紹介されている作品は読んだことがないので、いつか読んでみたいと思います。
ところで、話は変わりますが、今「竜馬がゆく」を読んでいます。大体半分くらいのところを読んでいるのですが、ちょうど新撰組が出てきて、竜馬と関わっていくところです。新撰組が出てくると、カタリーナさんを思い出してしまって(笑)。
とても面白くて、読書が毎日の楽しみになっています。

2005/06/21 (Tue) 19:38 | REPLY |   

カタリーナ  

■きょう子さん
「龍馬がゆく」も人気の高い作品ですよね!
いずれ読んでみようと思っていました。
とはいえ、私は司馬遼太郎作品に今ひとつ馴染めなくて、
読んだものは少ないのです。
でも今、「新選組血風録」を読み始めたところ。
「新選組」で私を思い出していただくなんて、
私の重病ぶりはすっかり周知の事実なんですね。(苦笑
いえ、全っ然隠してないんですけど^_^;

2005/06/21 (Tue) 21:41 | EDIT | REPLY |   

藍色  

江戸時代に生きる市井の人々。息づく人情がよかったですよね。

トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

2009/07/09 (Thu) 01:10 | REPLY |   

カタリーナ  

■藍色さん

いつもありがとうございます。
ただいまネット環境にないため、
トラバすることができません。
復帰したら伺いますので、しばしお待ちください。

宮部さんの短編はどれも心に何か残してくれますね。

2009/07/10 (Fri) 15:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。