Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

障害者用駐車スペース 

あなたは今、スーパーの駐車場に車を停めたところです。
あなたの前には障害者用駐車スペースがあり、車はまだ停まっていません。
あなたが車から降りようとしたとき、一台の軽自動車がやってきました。
運転しているのはヤンママ。助手席には5歳くらいの男の子が座っています。
窓ガラスにはいくつものぬいぐるみが飾られ、
フロントなどは大きなクマのプーさんで遮られています。
その紺色の軽自動車は、ためらうことなく障害者用駐車スペースに入りました。
この状況をあなたはどう判断し、どうしますか?



これは友人の体験談です。
彼女は、この軽自動車が不当に障害者用スペースに駐車したと思いました。
彼女には障害を持つ友達がおり、このような不当な駐車のおかげで、
迷惑をこうむった経験が何度もあるといいます。
そこで彼女は直接注意する前に、目で合図を送りました。
おそらく、相当きつい目つきで睨んでいたのでしょう。
相手もその視線に気づき、いきなり窓ガラスを開けると、
「なんか文句あるわけ!?」といきなり怒鳴ってきました。
友人もこれにブチギレてしまい、つかつかとヤンママに歩み寄ると、
やんわりと、しかし怒りモードを爆発させて言いました。
「ここはどういう人が車を停めるところかわかってますか?
あなたみたいな人のおかげで、障害のある人が困るんですよ」
「私は障害者です!!!(怒」
ヤンママは、噛み付くように答えました。
これには友人も驚き、体を100度くらいまで折って謝りました。
自分の偏見から相手を何倍も傷つけることになってしまい、
ショックと後悔とで涙まで出てきてしまったそうです。
…しかしです。
友人はスーパーに入ってからもその親子のことが気になってしまい、
やはりもう一度お詫びを言おうと思って、彼女たちを待っていました。
それなのに、いくら待っても彼女たちは店内に入ってこないというのです。
友人が諦めて帰ろうとしたそのとき、ようやく例の親子がやってきました。
ヤンママは、ほんの少し足を引きずるようにして歩いていた"気がする"といいます。

さて、ここまで読んで、あなたはこの状況をどう判断しますか?
ヤンママは本当に足が不自由だったのでしょうか?
それとも友人が思い込んだように、不当な駐車をしていたのでしょうか?
足を引きずっていたのは、カモフラージュだったのでしょうか?
問題はこのヤンママがどうということではなく、障害者用スペースに、
該当しない車がしょっちゅう、しかも堂々と停められていることにあります。
そして障害を持つドライバーさんには、誤解を避けるためにも、
危険を避けるためにも、車にきちんと障害者マークを貼って欲しいなと思うのです。
このマークは初心者マークと違って義務付けられていないので、
特に表示していない方も多いかと思います。
きっと、この青地に白抜きの四葉が描かれたマークを、ご存じない方もいるでしょう。
障害者マーク

本当は、こんな誤解が生まれない社会であればいいのですけどね…。
[ 2005/03/17 22:26 ] 日常 | TB(0) | CM(2)
Katharinaさん、こんばんはv
今日の朝刊(毎日新聞)に、『外見からは分からない「内部障害者」』という見出しの記事が載っていました。
身体障害者の4人に1人は、外見からは障害が分からない「内部障害者」(内臓疾患や免疫機能障害など)であり、見た目は健常者と変わらないため誤解や差別を受けやすい──とのこと。
「優先座席に座って白い目で見られた」とか「車椅子用の駐車スペースに止めて注意された」とか載っていました。
これって、難しい問題ですよね~。絶対に無関係の健常者が(そういう特別スペースを)使っている方が多いだろうとは思いますが、でも今目の前で使っている人がそうとは限らないですし……(;^_^A
新聞にも書いてありましたが、やはり障害者への理解を深める(&広める)ことが大切だな~と思いました。

しかし、このヤンママは……う~む、どうなんでしょうね?(^^;)
[ 2005/03/23 22:37 ] [ 編集 ]
■きりはさん
「内部障害者」というのですね。
これは本当に微妙で難しい問題ですよね。
白い四葉マークにしても、四肢に障害がある人向けで、
いわゆる内部障害という方には当てはまらないマークなんですよ。
だから、表示もなく足も悪くないからといって、
障害者ではないと判断することはできないんですよね。
結局は、障害のない人が不当に停めなければ、
こんな誤解も起こらなくてすむという話なんですよね…。
[ 2005/03/24 23:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する