Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

昆虫レストラン 

昆虫を食べるという話を、テレビでやっていたので調べてみたのですが。
オーストラリアや南アフリカだけでなく、日本でも昆虫を食べる習慣がありますね。
その中で一番ポピュラーなのはイナゴでしょう。
北は青森から、南は鹿児島あたりまで、広範囲で食されているようです。
昔父から、イナゴを美味しく食べるためには、
きちんと下処理をしなければならないと言われたのですが、
なにぶん、実際にやってみる機会がなかったので全く覚えていません。
それ以前に、飛ぶ虫はだめなんですけど。(蝶類は特にダメー><)
蜂の子やカイコなんかも食用として提供されてますが、
ザザムシなんかは一缶100gで4,000円位するらしいですね。
ただ、そうした昆虫を食す習慣は徐々に減ってきているのですが、
最近逆に、昆虫自体が見直され始めてもいるらしいのです。
昆虫を食べるだけでなく、昆虫細胞の培養でタンパク源を造る研究や、
昆虫の細胞を薬に利用する研究なども世界で行われているようです。
中国や東南アジアなどでは昆虫食をメニューに載せているレストランがよくあるそうですが、
日本ではそういったお食事処にはまだお目にかかってません。
(あ、長野で「ザザムシあります」っていう店を見たような?)
それで思い出したのだが、ドイツの首都ベルリンにある「昆虫レストラン」です。
ここSODAは、日本でも以前テレビで紹介されてたと思うんですが、
これがまた、テラスのある綺麗なカフェ・レストランなんですよね。
ビアガーデンにバーやクラブのスペースもあって、
毎晩タンゴサロンやらサルサパーティーも開かれてるんです。
でも、出される食事は昆虫!!! 
確かいわゆる生け簀があって、そこから新鮮な虫を取り出し調理してたかと…。
で、ちょっとメニューを覗いてみました。

★タイ風ピリ辛サラダ コオロギ、バッタ、コナムシ添え …8.90€
★インド風野菜カレー 焼きバッタ添え …8.20€
★パンナコッタ フルーツとキャラメル仕立てのコナムシ添え …4.80€


自信がない初心者の人には、バッタのチョコがけがお勧めだそうです。
ヘーゼルナッツのチョコがけのようなお味とか。因みに5.90€。(本日1€=約131円)

もちろん行ったことはないですが、覗いてみたい気はします。
イナゴを食べられる人には、バッタのチョコがけはOKかと思いますが、
飛ぶ虫が苦手な私には、やはり見てるだけで終わりそうな予感…。
でも、昆虫研究が進んだら、昆虫食も一般化するときが来るのでしょうか?
[ 2005/02/22 22:43 ] 食・グルメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する