Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

そういえば徳島 

お世話になっているびびんばさんのブログで、「よく話題になるライバルの話」として、
都道府県の対抗意識調査についてのニュースが取り上げられてました。
元記事の方に具体的な図表が載ってるんですが、
ちょっと古い記事とはいえ巷で囁かれているウワサは本当なんだなーと思わされる結果です。

関東圏の栃木・茨城・千葉・埼玉・群馬あたりは、
ライバルは東京じゃなくて、関東圏2位争いみたいな様相。
この地域のライバル争いはすでにネタ化してますが、それがそのまま結果に出てますね。
ざっと見た感じ、どこもほぼ隣県をライバル視してるわけですが、福岡はなぜ愛知なの?!
理由に「福岡より少し都会だと思うから」っていうのがあるんですが、でもなぜ愛知なの?!
びびんばさんも突っ込んでおられた四国は、他3県が香川県をライバル視!
さすがはうどん県ですな。
……で、ふと思い出したんです。
そういえば私、一生足を踏み入れる機会なんかないんじゃないかっていう「四国」に、
それも「徳島」に旅行したんだったわ……!!!ということを(しかもかなり前)。

徳島城址

とりあえずお約束のお城、徳島城。
枡形を見ると「わあ、お城だあああ!」とテンション上がりますね。(笑)
徳島城は、あの蜂須賀小六の嫡男、家政が天正13年(1585年)に築城したお城です。
思い返してみると、幕末期に徳島藩の名を耳にした記憶がないんですが、
蜂須賀家は名字も「松平」をもらっていたそうですし、高松松平家から養子をもらったり、
藩主の父が11代将軍徳川家斉だったことがあったりと、
いわゆる徳川家の血筋として公武合体を目指してはいたようですね。
でも戊辰戦争も終盤にどうやら新政府軍として東北へ派兵しているようで、
それによって処分は免れたということのよう。
ザックリしか調べておりませんが、
この時期、他の藩同様に混乱があったんだろうなと察しますが、
幕末という時代の表舞台に立つような役割までは演じていなかったのでしょうか。


さて徳島といえば、渦潮。
鳴門海峡の渦潮ですよね。

渦潮

クルーズ船に乗って渦潮を見に行き、
「わー、初めて見る渦潮すごーい! 本当に渦巻いてる~」とか小学生並みにはしゃいでたんですが、
帰宅してその話をしたら、「修学旅行で見たじゃない」と高校時代の友人が一言。
あれ? 渦潮見たっけ……。


ところでなぜ新幹線と飛行機を乗り継いで徳島までやってきたかといいますと、これ。

十二単

十二単を着ることのできる旅館があると聞いて、「これは体験するでしょう!」ということだったんです。
十二単は太秦とか日光江戸村とかでも変身コーナーで体験できた気がしますが、
寝殿造りのお宿で平安貴族の遊びを楽しんだり美味しいもの食べたり温泉入ったり、
至れり尽くせりの姫生活ができるとなれば、やはりこちらへ来たくなるというもの。

十二単

袴を履いて、ちゃんと裳裾もつけて、扇子も持たせてもらって、本当にリアル十二単。
着付けに興味津々、めったに出来ない体験に興奮しつつも、これ、

重い!

本当に重くてすべてが「腰」に来ます!!!
しかも袴も引きずるタイプなので蹴らないと歩けないという、優雅とは程遠い状態に。(苦笑)
これで過ごすということは、よっぽど時間がないと難しいなあと思いました。
着替えるのも移動するのも一人じゃ無理だし時間かかるもの。
そういったあたりに、「時代」を感じましたね。
私は結構変身願望が強いので、こういうコスプレちっくなイベントは大好きです。


最後はやはり食べ物で〆ますかね。
地元の方にお伺いしたら、徳島のソウルフードは「フィッシュカツ」だと。
子どもの頃からおやつに買食いするほど、慣れ親しんでいるのが「フィッシュカツ」だと。
とにかく「フィッシュカツ」を推されましたので、食べてみました。

フィッシュカツサンド

サンドイッチになっている「フィッシュカツサンド」です。
フィッシュカツって、香辛料の効いた練り製品を平たく伸ばして、
衣をまぶしてフライにしたものなんですね。
そのまま食べたり、カツカレーみたいにカレーに乗せたり、パンに挟んだりするんだそうです。
練り製品とパン……?と思いましたが、香辛料の効果もあってか、意外と合います。

南の方へ来るといつも思いますが、やはり空が広いですねえ。
周囲の樹木も南国のものになって、体を纏う空気もどこか生暖かくて。
同じ日本でもその気候風土は随分違うと実感しますね。
また新しい体験を求めて、旅に出たくなってきました。
[ 2017/04/01 01:35 ] | TB(0) | CM(4)
久し振りにお邪魔したら、なにやら記憶のある話で驚きましたw
取り上げて下さり、ありがとうございます^^

さて、十二単を着るため(だけじゃないと思いますがw)に徳島まで行かれましたか!
すごいですね~
京都にいる時に、香川と高知には行きましたが、今となっては四国に行くのは、なかなか至難です^^;;

徳島藩10代藩主が佐竹出身なので(その後、藩主罷免されましたがw)、彼の墓参りに行きたいなあ・・・とは思っていますが・・・・

新潟は秋田に比べて、徳島にちょっとは近いとはいえ(w)、徳島に行かれた行動力が羨ましいです^^

十二単は、腰に来る重さなんですね・・・^^;;
[ 2017/04/02 14:04 ] [ 編集 ]
徳島…懐かしい!!!
その節は大変お世話になりました。
ワタシにとっても初・四国で、4県中他の名だたる県を差し置いて?徳島を
チョイスしたこと、いまだに誇りです(笑)。

フィッシュカツも懐かしい~っ。
予想以上に美味しかったですよねー!
十二単は重さもさることながら、お手洗い難民になったことが
強烈な印象に残っています…。
あの着物を着たまま、緑茶など利尿作用が高い飲み物を
飲むべきではない!ということを学びました(苦笑)。
[ 2017/04/03 16:14 ] [ 編集 ]
びびんばさんのブログにコメントしようと思いながら、
自分のところのブログを書いたきり放置ですみません……。

> さて、十二単を着るため(だけじゃないと思いますがw)
あ、そうですね、まさにその「ためだけに」行ったようなものですw
もちろんいろいろ平安貴族のお遊びが体験できるというのも決め手でしたが、
こういうことでもないと四国へ行くことは一生ないんじゃなかろうかと思いまして。
お墓参りというのも動機にはなりますが、
そこにもうひとつ何か見どころがほしいですよねえ。
おっしゃるとおり、北国から西に出るのは至難の業です。
十二単、一度着たら動きたくなくなる重さですよ(;´∀`)
[ 2017/04/13 23:40 ] [ 編集 ]
その節はお世話になりましたm(_ _)m
Akiさんの決断力がなかったら、多分いまだに行ってないと思います(爆)。

着物のときって、やはりトイレのことを考えますよねー。
ましてや十二単となると簡単にいかないですし、
あのときはホント焦ったと思いますが、なんとかなってよかった!
楽しい旅をありがとうございました!
[ 2017/04/13 23:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する