あれから20年

今でも大好きな白城あやかさんのブログをいつもチェックしているのですが、
3月14日付の記事で、ご子息が高校を卒業されたことを報告されていました。
中山秀征さんと親子3人のスリーショットが微笑ましい。
それにしてもご長男、本当にご両親を足して2で割ったくらい、どちらにもよく似ていらっしゃる。

そうか、あやちゃんの一番上の男の子ももう18歳なんだ

なんだかものすごく感慨深い思いに襲われてしまいました。
宝塚の場合、ファンはジェンヌさんが20歳前後のお嬢さんの頃から、
10年も15年もその姿を見守っていくわけですよね。
座談会やインタビューなんかの話しぶりや受け答えを見たり読んだりする中で、
そのジェンヌさんの舞台人としてだけでなく、人としての成長もつぶさに見ることになる。
また退団されてからもずっと応援していくこともよくあることで、
そうすると自分の人生と並行してその方の人生も追っていくことになる。
だからなのか、知り合いでもないのに、遠い遠い遠い遠い親戚くらいな気持ちがどこかにあったりします。
あの綺麗で美人だけどまだ垢抜けなかった花組時代のあやちゃんが、
星組に移って少しずつ大人の魅力を発揮するようになって、気づいたら名を残す名娘役になっていて、
私の傷心をよそに(笑)寿退団して、まさかの男の子4人を育て、あっという間にご長男は大学生。
やはり言葉にならない、なんとも言えない思いが去来します。
こんなふうに思うのは、あやちゃんが現役で活躍していた時代と、
私が一番大変で苦しかったときが一致しているからかもしれません。
あやちゃんの存在に、すごく支えられてたんですよね。

あやちゃんが宝塚を退団したのが1997年。
あれから20年。
私の20年はさほどドラスティックな変化をしていないし、
むしろその変化の無さにもがいている部分もあったりして、
なおさらその年月を思うと、ため息が出たりもします。
実は去年宙組さんの「エリザベート」を見て以来、ちょっと宝塚熱が再発してました。
昔の映像が無性に見たくなってしまったという。
ビデオを探して「なんであれ捨てちゃんたんだろう~」って頭を抱えてる作品もチラホラ。
当時は毎回購入していたプログラムをめくったり、
最初の5作品くらいだけ(←)つづっていた観劇記録を読み返してみたりして、
私自身も相当青くて幼かった頃の思い出にひたる日々……。
年を取ったんだなあと思う一方、そんなふうに蘇らせることのできる思い出があるということは、
それはそれでとても幸せなことだなとも思います。

0 Comments

Leave a comment