見てます真田丸

先日会った友人に「今年は大河見てないの?」と訊かれたんですが、

見てますとも見てますとも!

ただここのところちょーーっと時間がなくて、かれこれ1ヶ月分以上溜めておりますが……。

真田丸展

江戸博の「真田丸展」も行きましたよ。
今回は放送後に時代考証の先生の解説が読めるという恵まれた大河ということもあってか、
展示物を通してドラマを振り返ったり、ドラマを通して展示物を見直したりすることができ、
私としてはこれまでになく非常に充実した大河展だったと思います。
個人的には「この時代、主君を頻繁に変えていたのは真田だけじゃありません!」的なことを、
すごくアピールした展示があったのがツボでした。
確か書状かなんかだったと思うんですが、半年くらい前のことなのにすでにうろ覚えです。(苦笑)

で、溜めているドラマの方なんですけれども。
「新選組!」のときもそうだったんですが、三谷さんの大河は「ながら見」ってものができないんですよ。
どうしても「よし、見ます!」って意気込んでテレビ前に座らないといけない。
「三谷さん=小ネタを仕込んでそう」という意識があるからなんですが、
なんかこうね、1分でも画面から目と耳をそらしたら損しそうな気がするんですよ。
例えばずんだの回。
いよいよ北条家が滅ぶ「滅亡(第24回)」という話に気持ちが重く沈みこんだはずが、
まさかの政宗主催「ずんだパーリィ」で大騒ぎになったあの回。
上方の人にとっては珍妙な「ずんだ餅」なるものを振る舞われて、
秀次は「これは案外といける。旨いな」と思いながら食べているのですが、
その画面の奥で治部と刑部が「これ食えるのか?」というやり取りをしているなんて、
見逃せなくないですか???????
これは別に三谷さんのト書きにあったわけじゃないと思いますし本筋と全く関係ないんですけど、
そういうところを探したくなるのが三谷作品なんですよね。
(ちなみにこの例は、Twitterで教えてもらいました)
そういうわけで、とにかくじっくり腰を落ち着けて見たいなあと思うわけです。
Twitter上の考察がすぐに拾えないのは残念ですが、まあTogetterもありますしね。

全部で4箱という収納にめちゃくちゃ困る青円盤を購入したので、
ゆるっと振り返りレビューなんかできたらいいなあと思います。
もう大坂の陣始まってますが、最終回はリアタイしたいな。

真田丸展

オープニングのこのゾクゾクするシーン、江戸博でもメインパネルでした。

0 Comments

Leave a comment