Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

うるう年は4年に一度必ず来るものではない 

4年の一度のうるう年。
かつて2月29日にブログを更新したことがあったかなと見返したら、
2008年に小野不由美さんの「丕緒(ひしょ)の鳥」が発表されたことを興奮気味に綴ってました。(笑)
2004年はまだこのブログを始めておらず、2012年は未記録。
せっかくなので今年は書いておこうと思います。

で、うるう年って言ってますけど、この「閏」ってなに?とずっと思ってました。
「潤う」に似てるけど意味は違うんだろうなと思いつつ検索。

日本では「潤」を「うるう」「うるむ」と読むところから、
「閏」の漢字にも当てられた読み方で、本来は「じゅんねん」である。
漢字「閏」は王が門の中に居ることを表す字で、中国では暦からはみ出した閏日(閏月)には、
王が門の中にとじこもり、政務を執らないことに由来する。
(語源由来辞典)

通常の暦から外れた日には、王様が門の中にいて政務にあたらない。
それが由来になるところが漢字の面白さですね。
グーグル先生によれば、この「閏・うるう」は、
本来あるもののほかにあるもの。正統でないあまりもの。 
という意味だそうですが、ここでデジタル大辞林を見てみると、
2 正統でない天子の位。「閏統/正閏」
なんていうのが出てきます。
更に調べてみると、「南北朝正閏論」なんていうふうに使われているんですね。
例の、南朝と北朝とどちらが正統か、という論争。
ここは私にとってまったくもって疎い時代なので、この言葉は聞いたことがありませんでした。
正閏、ちゃんと変換候補に出てきますね。(苦笑)

太陽暦では1年365日ですが、地球の公転は365日5時間48分46秒とずれているため、
これを4年で1日分補っているのがいわゆる「うるう年」なんですが、
これ、4年に一度、必ず挿入されるわけじゃないんですね。
知らなかったよ!!!!
グレゴリオ暦には規則があって、

4で割り切れる年はうるう年
100で割り切れる年はうるう年ではない
400で割り切れる年はうるう年


なんですって。
つまり、後ろ二桁が0の年で、400で割り切れない年はうるう年じゃなくなるってことなんですよね。
調べてみたら、
1600年、2000年は閏年
1700年、1800年、1900年は通常年でした。
このあとは、2100年、2200年、2300年が通常年で、
2400年はうるう年になります。
私が「4年の一度の周期なのに、うるう年じゃない!」という経験をすることはできませんが、
8年間2月29日が来ないというのは、この日がお誕生日の人にはかなり悲しいお知らせな気がします。

ちなみに、うるう年ってなんで2月に閏日を挿入するんだろうと思ったら、
どうも古代ローマの暦に由来しているようでして。
結論としては、当時は1年の始まりは「春」、3月1日が新年だったようで、
2月というのは1年最後の月だったんだとか。
単純に年末で調整しよう=2月を増やそうになったっていうことですね。
そもそもなんで2月は28日しかないの?という話も結構面白かったんですが、
また日を改めて書こうと思います。
忘れていなければ。(苦笑)
[ 2016/02/29 23:45 ] 日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する