Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

清須会議 

やっと!
三谷幸喜監督の『清須会議』を見ました。
そして原作本はまだ読んでいません。(苦笑)



あまり良い評判を耳にしなかった本作ですが、
少なくとも前作『ステキな金縛り』よりは良かったと思いました。
『ステキな金縛り』は感想書こうと思ってたけど、気が失せちゃったもんな……。
三谷さんの映画はおそらく全部見ているはずですが、
個人的に一番良かったのは「12人の優しい日本人」、そして「ラヂオの時間」ですね。
前者は中原俊さんが監督、後者は三谷さん初監督の作品です。
まあさっさと結論から言いますと、「監督は他の人にした方がいい!」に尽きます。
三谷さんとしてはいろいろ苦い経験があって、
ご自身でメガホンを取られるようになったと理解していますが、
映像としては映画よりドラマのほうが良いことも考えると、
やはりご自身で演出をされるよりも、
他人の目で撮ってもらったほうが良いものができている気がするんです。

さて「清須会議」ですが、長かった!
途中で飽きるわけじゃないんだけど、「いらなくね?」っていうシーンがいくつかありました。
もちろんそういう蛇足っぽいシーンも伏線だったりはするんですけど、
そこで三谷さんの悪いクセが出ちゃうというか、受けを狙っちゃうところがね、
多分受け入れられない人も多いんじゃないかなあと思います。
その点、監督が他にいるとそういう傾向が薄れるので、ぐっと締まるんですよね。
実際、評定が始まってからは悪くなかったですし、
それこそ「12人の優しい日本人」のようにもっとコンパクトにまとめたほうが良かったのじゃないかな。
特にひねった解釈やどんでん返しとかがあるわけではなく、
とにかくキャラで見せていく作品だったので、なおさらそう感じたのかもしれません。
あと、清須会議に関して若干知識がないと置いてきぼりになったかもしれません。
ナレーションもテロップもないのは三谷さんのこだわりなのかもしれないけど、
これはちょっと不親切だったかな。
例えば、「権六」「勝三郎」って呼び合われても、途中で「柴田勝家」「池田恒興」呼びも出てくるから、
通称に慣れていない人は混乱しちゃうでしょ?
そうだ、「きゅうきゅう!」って呼ばれてる人がいて、これには私も「え? だれ?」と思いましたよ。
久太郎(堀秀政)だったけどね!(笑)

作品としてはいささかもったいない感じでしたが、さすがキャラ造形は素晴らしかったです。
そして、「なぜここで大泉洋さんを使ったのだ!」と思ってしまいました。
人たらしな秀吉があまりにもハマっていて、野心なんかないように見せかけて、
その実とんでもないことを考えているというあたりもサラッと見せてくれて。
大河「真田丸」の秀吉には若すぎるとはわかっていますが、
もうちょっと長いスパンで秀吉を見てみたかったなと思いました。

柴田勝家の役所広司さん!
もうね、「柴田勝家ってこんな人だったんじゃないか?」と思わせられるくらい、
感情移入してしまいました。
私、そもそも柴田勝家にはまったく思い入れがないんですけどね、
役所さんの目がウルウルするたびに、
こっちまで「権六っ(泣)」って一緒になってウルウルしてしまって。
実直で戦のことしか考えられなくて、駆け引きなんか計算出来ない。
そんな優しくて不器用な男が最後加賀へ帰っていく姿に、
その後を知る身としては寂しさを禁じえませんでした。

佐藤浩市さんには、三谷さんは優柔不断な男を演じさせるのが好きなのかなあ。(笑)
池田恒興は小説などを読んでも語られることが少ないので、私もその人となりを知らないのですが、
ここではどちらにもいい顔をして、最後は勝ち馬に乗る男でした。
凄みのある顔を見せながら、実はビクビクしてるみたいな役、意外と似合うんんですよね。
最終的に秀吉の家来になるんだってことを知っているとクスリとさせられる台詞もあったんですが、
これで池田恒興のイメージが固まっちゃうのはちょっとかわいそうかも。(苦笑)

そして小日向文世さんの丹羽長秀。
小日向さんはいつもニヤニヤしているとか言われてますけど、
こういう冷たい役も魅せてくれるのですよね。
丹羽長秀は己の立場をわきまえた上で、一番冷静に計算して行動した人でした。
元来こういう人は嫌なヤツに映っちゃうんでしょうけど、そうならないところが三谷テイストというか。

お市の鈴木京香さんは、傾城の美女でした。
息子を殺した秀吉に復讐するために、勝家に色仕掛けで迫るお市……。
こういうキャラ設定ってあまりない気がしますが、お歯黒が効いて怖かった。(苦笑)
おそらく「真田丸」出演は確定的と思われますが、何の役をされるのかな?

ほかの役者さんたちも、みなさん本当にしっかり役にハマっていて、
キャラクターを見る上ではとても楽しめます。
あて書きだからこその利点ですね。
原作小説はこの映画のプロットだと思っていますが、
どんなふうに映画へと料理したのか、その点も含めてこれから読もうと思います。

一応主なキャストあげておきますね。
柴田勝家:役所広司
羽柴秀吉:大泉洋
丹羽長秀:小日向文世
池田恒興:佐藤浩市
織田信雄:妻夫木聡
前田利家:浅野忠信
黒田官兵衛:寺島進
前田玄以:でんでん
堀秀政:松山ケンイチ
織田信包:伊勢谷友介
お市の方:鈴木京香
寧:中谷美紀
松姫:剛力彩芽
三法師:津島美羽
織田信孝:坂東巳之助
滝川一益:阿南健治
[ 2015/06/22 23:13 ] 映画 | TB(0) | CM(2)
正直、興味が無かったのですが、マツケンがQ太郎役(きゅうきゅうってwww)なのを見て、ちょっと見てみたいと思いましたwww
役所さんが権六なんですねえ・・・・・個人的になかなかいいキャスティングだと思いましたww
(あと、でんでんさんのの前田玄以も!)

三谷さんの作品をまともに見たのは、人形劇三銃士だけなんですがw、カタリーナさんのこのブログ記事を見ると、ちゃんとキャラ付けが出来ているようですので、来年の大河も楽しみになってきました
(ただし、三銃士は、最後がアレだったのが残念ですが・・・・・^^;)
[ 2015/06/23 16:44 ] [ 編集 ]
三谷さんはあて書きなので、
役者さんがいきいきと見えるのが魅力ですね。
これが柴田勝家か?と聞かれたら違うと言う人も多いんだろうと思いますが、
作品の中で柴田勝家がちゃんと生きている、親近感がわくというのは大切かなと。
あとモブ扱いっていうのがあまりないのもいいです。
例えモブ的存在であっても、ちゃんと見せ所があるので、
ストーリー云々は別としてツボはかなり用意されていると感じます。
最近の作品がいまひとつ(人形劇ホームズは良かったですが)なので、
来年の大河もストーリー的にはかなり心配ではあるのですが、
ご自身の映画や舞台と違って脚本作りに関わる人は多いと思うので、
「組!」のときのように1年間楽しめたらいいなと思っています。
あ、この映画は別に見なくていいと思いますw ←

ちなみに「きゅうきゅう」呼びは、
実際に秀吉が手紙に残しているとの記述をどこかのブログで読みました。
知りませんでした……。
[ 2015/06/28 02:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する