Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

朗読能シアター 『咸陽宮』 其弐 

ということで、『咸陽宮』ですけれども。
全然公演の余韻から抜け出せなくて、購入した台本を読み返してはため息をついています。
DVDに残らないとわかっていたので全神経を使って出来る限り記憶しましたが、
それを忘れたくなくて、何度も何度も反芻してしまいます。
こんなの初めてですよ……。
台本を販売してくださって、本当にありがとうございます。

兎にも角にも、なんとか冷静に感想を残しておきたいと思います。(多分ものすごく長文)
今回は公演に臨む前に「あらすじ」だけ読んでおこうとネットで調べたのですが、
拾った「あらすじ」が文字通り「あらすじ」でしかなかったので、
その典拠となっている平家物語の第5巻を読みました。

……なんか、ぬるい?

すみません、まずそう思ってしまいました。(汗)
平家物語なので物語にあれこれ飾りが付いている感じがするのは仕方ないとして、
殺されそうになった始皇帝が后の機転で難を逃れるという展開、
それも刺客が、后の奏する琴に聴き惚れてしまったために仕留め損なうというのは、
初めてこの話を読んだ私でも「えっ……そうくる?」と一瞬考えこんでしまいました。
物語の 「お や く そ く」 として突っ込んではならないのかな……(´・ω・`)みたいな。

実は事前に演者5人の配役は発表されていなかったので、
誰が何をやるか以前に、どの人物が登場するかもわかっていなかったのですね。
ただこれを読んで、
「えー、この展開ならちょっとあれだけど、遊佐さんは刺客の荊軻がいいなあ」とか思っていました。
しかしそこへ「史記を読んでおくといいですよ」というアドヴァイスが流れてきたので、
上京目前ではありましたが、速攻図書館でコピーゲット。

うわああ、こっちのほうが断然面白いじゃないか!

平家物語を読んでモヤッとした部分が、納得行くものとして描かれていました。
もしこれが底本だったら「遊佐さんには始皇帝をやって欲しい」と思いました。
冷酷で慈悲もなく、それなのに襲われたら逃げ惑うしかなく、
家臣の協力で命は助かったものの、怒りまくって刺客を放った燕を攻める。
わああああ、そんな遊佐さんおいしそう(・∀・) ←

前置きが長くなってしまいましたが、要するに脚本に一抹の不安があったんです。
でもそんなのは杞憂、余計なお世話にでした。
史記をベースにしつつ、上手く平家物語につなげて、最後は見事に落としてくれました。
后の琴に聴き入って仕留めそこねる展開はそのままでしたが、
でもそれがかえって物語を悲哀に満ちたものにしていたと思います。

個々の感想と総括はたたむこととして、河合龍之介さんのツイッターから千秋楽後のお写真を拝借。
そのほか、脚本家の高橋郁子さん、甲斐田裕子さん、平田広明さん、渡辺大輔さん、
そして雅楽で舞台を盛り上げてくださった中田太三さんの千秋楽後のブログもリンクしておきます。

みなさん、この素晴らしい舞台を作り上げてくださって本当にありがとうございました。



[ 2015/05/29 10:28 ] 舞台 | TB(0) | CM(4)
わー、なんて面白そう!!
個人的に始皇帝暗殺ネタは大好物なのですが、
こちらの舞台の脚本はなかなか独創的で凝ったつくりのようですね。
確かに、あらすじだけ読むとちょっと戸惑うというか心配になる内容で…(汗)。
しかし、カタリーナさんがこれほど絶賛する舞台、
つまらないわけがありませんぞ。

えぇ、自分も「荊軻が遊佐さんだったら…」と思います。
が。
そうですか、始皇帝役で間違いなかったですか。

さらに、出演者さん一人ひとりの感想まで細かに書いてくださりありがとうございます!
なんかほんのりとイメージが湧いてきました。
観たかったけどもう観れない!!(じたばた)
DVD化されないというのは非常に残念です…(´・ω・`)
[ 2015/06/16 20:50 ] [ 編集 ]
遊佐さんは、厳しくて、悲しい皇帝でした。
トップは孤独といいますが、それに輪をかけて孤独でした。
自分で自分を追い込み、後戻りできなくなってしまった人。
これまでに演じていそうで演じていない役柄だったかと。

それにしても、ほんっと、映像化されないのが非常に悔やまれる舞台でした。
物語は平家物語と史記を組み合わせて、聴き応えあるストーリーに組み直されていましたよ!
この形式の朗読は私も初めてで、おそらく脚本家さんのオリジナルと思いますが、
観客の耳を研ぎ澄まさせ、全神経を朗読に集中させるので、
その緊張感たるやすごかったですね。
役者さんたちにもそれに応えるだけの力量が求められるので、
結果的にクォリティの高い作品になったんだろうなと思います。
題材も題材でしたから、余計に緊迫感も生まれますしね。
来年は何をどなたが演じられるのか、結構楽しみです。
いつも同じ時期に上演しているようなので、機会がありましたらゼヒ!
[ 2015/06/17 00:58 ] [ 編集 ]
何よりも袴というだけで、もう吐血が…!(オイ)
同時間帯にひらりんがカブらなければ、
是非ともご一緒させて頂きたかったです。。。

出演陣は安定の陣営だったので、残るは肝心の脚本のみ…というのは
事前にお伺いしていましたが、予想以上に良かったとのこと。
そういう良い意味での裏切りっていいですよね。
耳出し遊佐さんが新鮮すぎました(笑)。
[ 2015/07/06 00:29 ] [ 編集 ]
いやーもう、何もかも吐血モノの舞台でしたよ。
まさかの客席登場!
紋付袴!
耳出し!
そして芝居!
作品もどなたにもオススメできるほど素晴らしく、
これを見ることができたのは幸せなことだったなと思います。
来年もきっと同じ企画があると思うので、
よろしければぜひ出かけてみてくださいね。
(今度のゲストはどなたかなー?)
新しい世界が広がると思います!
[ 2015/07/17 02:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する