Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『名刀伝』 牧秀彦 著 

巷で大人気となっているブラウザゲーム「刀剣乱舞」。
昨日で開始から1ヶ月になりましたが、ユーザーが50万人以上とか。
話題続行中の「艦隊これくしょん」以上の盛り上がりとも聞いております。
この異様なブームに光の速さで食いついたのが刀関連業界。
美術館、博物館、出版社に刀鍛冶まで、これを好機とばかりに打って出てきています。
博物館では普段は飾られていない宝刀が早速特別展示され、
出版社は刀剣関連の書籍の売り込みに全力を注いでいるように見受けられます。
ホント、「今やらなくていつやるの?」って話ですよね。(笑)

そんな中で、おそらく真っ先に情報を流したのが「新紀元社」さんではなかろうかと。
「ゲームに登場する名刀とそのエピソードを知りたい方にぴったりの本」を紹介したところ、
あっという間にその本の在庫が一掃されてさらに重版がかかったようです。
恐ろしや、予期せぬブーム…………((((;゚Д゚))))


剣技・剣術〈3〉名刀伝剣技・剣術〈3〉名刀伝
(2002/08/01)
牧 秀彦

商品詳細を見る


ってことで、「名刀伝」借りました、図書館で。(笑)
この書籍は良書です!
天下五剣、天下三名槍を始めとして、平安から幕末までの名刀を、
その造りから時代とエピソードまで、非常に読みやすい形で紹介しています。
専門書というよりも入門書として執筆された経緯からも、
刀にはそこそこ興味があるけれど詳しくはない……といった向きにはぴったりだと思います。
といっても、ムック本のようにパラパラっとめくって終わりという軽いものではなく、
とてもしっかり書かれているのに気軽に読める文なので、非常に満足度が高いです。
刀によってページ数に差があるのは逸話ゆえだけではなく、
著者の思い入れも反映されているような気がしましたが、そこはご愛嬌でしょうか。
個人的には山田浅右衛門に言及していたところが良かったなと思います。
私自身、歴史スキーとして刀剣には興味がありますが、
思えば個々の刀剣のエピソードってあまり知りませんでした。
記憶にあるものといえば、織田信長のへし切長谷部、本多忠勝の蜻蛉切と義経の今剣、
幕末だととりあえず村正、沖田総司の菊一文字、土方歳三の和泉守兼定、そのくらいでしょうか。
上杉フリークとしては長光と一文字の刀は外せませんが、
上杉家の刀ってキャッチーな逸話がないんですよねえ。
一応本書では、小豆長光が取り上げられておりました。
刀剣乱舞に登場する刀剣はあまり載っていませんが、全部で約100振りくらいが掲載されています。
巻末の資料編では、刀の造り、刀匠、国宝等を分類して解説しています。
全体的に、通して読むというタイプの書籍ではない印象です。
資料編は辞書のようにポイントポイントで活用するのにふさわしく、
刀剣紹介編は一日一振りといった感じで、寝る前などに1つ読むのがオツかもしれません。
刀の姿を想像し、時代に思いを馳せ、刀の主を思い、刀の運命とともに歴史をたどる……。
なかなかロマンある視点じゃありませんか?
そうそう、本書には該当刀剣の写真が掲載されていないので(一部絵図があるものもある)、
その姿はひたすら想像するか、ネットで画像検索するしかありません。
もっとも、現存しないものについてはどうすることもできないジレンマに苛まれますが。(苦笑)
手元に一冊あってもいいかなと思いましたが、
この刀剣ブームを機にまたいろいろ出てきそうな気もしたので、ちょっと保留。(笑)
このブラウザゲー、原作+キャラデザがあのニトロプラスですから、
人気はさもありなんという気がします。
システムは「艦これ」とほぼ同じらしいので、完成度も高いのでしょう。

それはともかく。
ご紹介のこの本、気になります!
確かに刀剣のムック本はよく見ますが、
大抵のものは「写真は綺麗だけど情報があまり…」なんですよね。
著者の牧さんの文体は読みやすいですし、
何よりカタリーナさんの太鼓判つきということですので、
自分も図書館チェックしてみようと思います。
[ 2015/02/26 23:06 ] [ 編集 ]
刀剣乱舞、ニトロプラスなので私も楽しみにしてるんですけど、
今のところ何のイベントもないので、ただのレベリング作業と化しております。
といっても、レア刀の三日月宗近が手に入った段階で結構満足してしまって、
ログインが3日に1度みたいになってますが。(苦笑)

ブームに乗じて新しい本も出るかなーと思ったんですけど、
ブーム本はおそらくコレを下敷きに構成してくるだろうから、
やはりこちらの書籍を手に入れたほうがいいのではないか?という意見を目にし、
なるほどなあと思った次第です。
しばらくは重版もかかって手に入らないということはないと思いますし、
ぜひどこかで手にとってみてくださいな。
なかなかの良書と思います♪
[ 2015/03/17 01:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。