祈り†

年の始めに、同級生の訃報が届きました。
彼女とは一度同じクラスになったことがあり、
特に親しかったというわけではありませんが、
ピアノをとても頑張っていて、発表会に行ったことがあります。
憧れの先輩がいて、その人に対してとても一所懸命だったことも覚えています。
まつげがふさふさで、ちょっと伏し目がちで、人形のような丸い目をした可愛い人でした。
これまでにも、すでに何人かの同級生を天の上へと見送りました。
平均寿命が80歳を超えている今、この年で人生を終えてしまうことに、
なんという言葉も見つからない苦しさを感じます。
そして、今自分がこうして生きていることが奇跡なのだと思います。
自分にもいつかこの世を去る時が来る。
それがどういうことなのか、正直よくわかりません。
スイッチが切れたように「無」になるのか、何か意識が残るのか。
あるいは本当に「あの世」なるものが存在するのか。
ただわかるのは、「この世」のものには何一つ触れられなくなるということ。
その時が訪れたとき、「ありがとう」が言える人生を送りたいと思います。
たとえそれがどんな状況でも、微笑むことができたら……。

ふと、KOKIAの「祈り†」を思い出しました。
「ガンダム00」への提供曲で、声優の高垣彩陽さんが歌っています。




こちらはKOKIA本人がセルフカバーしたもの。



どちらの歌も暖かい何かに包まれるようです。


0 Comments

Leave a comment