Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

クロアチアの朝ごはん 

地下鉄外苑前駅から徒歩数分の場所に、
「朝ごはんを通して世界を知る」というコンセプトで展開しているレストランがあります。

World Breakfast Allday

いつか覗いてみたいと思っていたところ、先日ようやく訪問が叶いました。
2ヶ月毎にメニューが変わりますが、9月10月はクロアチアの朝ごはんとのこと。

クロアチアの朝ごはん

朝ごはんにしては結構ボリューミー。
そしてコレに飲み物をつけると、お値段も結構ボリューミー。(笑)
でも「仲良くなるにはまず一緒に飯を食おう!」的なところがあるように、
料理を通すと未知の国にもグッと親しさを感じるのは面白いところで、
「朝ごはんを通して世界を知る」なんて、とても素敵なコンセプトのお店だと思います。

向かって右のパイは「ソパルニク」といって、
青菜(ほうれん草に似ている)をオリーブオイルとにんにくでソテーしたもの(チャードと言う)を、
パイ生地で包んでいます。
お祝いの朝によく食べるんだそうですが、
この味付けが私にはとってもトルコな感じがしました。
「ああ、これに羊のチーズがほしい!」と思うくらいに。
手前のお肉はラムと豚肉で作ったソーセージで、「チェバプチチ」と言うそう。
赤パプリカとナスで作る「アイヴァル」というソースで頂くのが一般的だそうで、
こちらはまさにスラブ料理という感じです。
ヨーグルトソースも添えてあって、「ふむふむ」と思いますね。
そのとなりはポーチドエッグ、真ん中のお野菜は秋野菜をオリーブオイルで和えたもので、
土台はとうもろこし粉を練りあげた「ズガンチ」というもの。
メニューにはポレンタとも書いてありましたが、ポレンタってイタリア料理ですよね。
冷まして固めてあるので、ちょっとポロポロするタルトといったところでしょうか。

クロアチアはアドリア海に面していてイタリアのお向かい。
こうしてみると、料理もラテン的であり、またスラブ的であり、でもちょっとアラブの影響もあるような。
地理的歴史的なものが、この一皿によく表現されてるなあと思います。
実はクロアチアというと、どうしてもユーゴ紛争を思い出してしまい、
私はずっと暗いイメージを持っていました。
ニュースでいつも耳にしていた首都「ザグレブ」の名にも、紛争の響きを感じてしまいます。
でもその中で、飛び地である「ドゥブロヴニク」がとても美しい都市であることを、
クロアチアに留学した友人から聞きました。
世界遺産に登録されていて、「アドリア海の真珠」と呼ばれる都市。

dubrovnik.jpg
(Photo:Agropyron)

料理をきっかけに、クロアチアの歴史なんかを読みふけってしまったりして、
このお店のコンセプトにしっかりハマってしまいました。(苦笑)
店内は広くないですが、長いテーブルにみんなで一緒に座るのは、
ちょっとお呼ばれっぽくて楽しいかも。
来月以降の国はまだわかりませんが、みなさんも通りがかったらぜひ♪
[ 2014/10/18 23:20 ] 食・グルメ | TB(0) | CM(2)
クロアチアに訪れたことがないので、
クロアチアの朝食(というかお料理)も当然ながら初めてでした。
お料理を通して世界を知るというコンセプトは素敵ですよね!
そのお国の文化を少し垣間見られる気がしますvv

とはいえ、お値段は確かに優しくないですよね…(苦笑)。
ドリンクを入れると更に、という感じでしたし。。。

でも、ようやく念願のお店に行けて
ワタシも嬉しかったですvv
願わくばお天気だったらもっと良かったのになぁ、なんて。
[ 2014/11/02 01:00 ] [ 編集 ]
亀コメで申し訳ありませんm(__)m
その節はお付き合いありがとうございました!
このお店、コンセプトは良いのですが、
やはりお値段がネックですよね……。
あともうちょっと料理の組み合わせを考えてもいいのかなあと感じました。
多分ご当地では、これ全部を一回に食べるわけじゃないと思うので、
中からチョイスできるとかでもよかったような。
あ、でもそれだとやっていけないのかなー……(^_^;)
[ 2014/11/12 02:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。