Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

信長協奏曲(アニメ版) 

「超高速!軍師官兵衛」ですが……。
脱落しました(-_-;)
岡田くんの芝居は結構いいし、ちょっと悪い顔とかゾクゾクするんですけど、
それでもやっぱり耐えきれませんでした。
大事な歴史は浅~く描いて、それよりどうでもよい家庭の話に重点を置く展開に、
「年表ダイジェストよりヒドいですーーーーーーー」と思ってしまいました。
これはもう溜まってる他の番組を消化した方がいいと思い、自動録画を切りました。
ああ、岡田くんはもうちょっとマシな脚本で見たかったよ……。

一方、フジが開局55周年プロジェクトのひとつとして放送している「信長協奏曲」。
7月からアニメ版が放送されていますが、これめちゃめちゃ面白いです。
面白いっていうか、楽しい♪
もともと漫画原作で、面白いという感想をいくつか目にしていたんですが、
「信長のシェフ」もやってるし、春は他にも信長アニメをいっぱいやっていましたし、
正直「また信長?」「またタイムスリップもの?」と思ってました。
確かに「また信長」で「またタイムスリップもの」なんですけど、
なんたって、タイムスリップした高校生がおバカなのがいいです。
歴史なんか全然わかっていないので、戦国時代で暮らしながら、
山川の日本史の教科書で予習復習してるくらいですから。(笑)
彼、顔が似ているっていうだけで本物の信長と入れ替わるんですが、
平成の高校生が戦国に行ったら「うつけもの」と呼ばれてもおかしくないという、
その目の付け所が素晴らしい!
「歴史」と「平成の高校生ゆえの行動」がどう結びつくのか、
そのあたりのつじつま合わせが見どころの一つ
ですね。
ストーリーはある程度年表展開ですし、それにしては流れが前後しているところもありますが、
登場人物がものすごく生き生きしているのが気持ちいいです。
これは「信長のシェフ」にも共通する点です。
画はアニメですが、ロトスコープという、
「モデルの動きをカメラで撮影し、それをトレースしてアニメーションにする手法」(Wiki先生)を使い、
絵なのに動きが生身の人間っぽいところが新しい感じがします。
キャストもものすごくハマっています。
信長と入れ替わる高校生を宮野真守さんが演じていますが、
もう聞いた瞬間から「これ、そのまま宮野さんでは?(笑)」と思いました。
そしてその彼から「ツネちゃん」と呼ばれる腹心池田恒興に興津和幸さん。
苦労性なところが「ツネちゃん」にふさわしく、
しかし池田恒興がここまでフィーチャーされたことがかつてあったでしょうか!?
一方木下藤吉郎は今回敵役です。
中村悠一さんはヒーローを演じられることが多いですが、
含み笑いの不気味な藤吉郎が今後どう絡んでくるのか楽しみ。
音楽も、タイトルバックに流れているものが大河のようにカッコよくてしびれます。
これ、10月から始まるドラマ版、どうなってくるのかなあ。
キャストは高校生に小栗旬くんというのが発表されているだけですが。
ちなみにアニメ版のナレーションを小栗くんが担当していますが、意外といい声なんですね。
アニメ版は全10話とかなり短いようですが、今季最も楽しみな番組になりました!

信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
(2009/11/12)
石井 あゆみ

商品詳細を見る
[ 2014/08/20 01:38 ] アニメ | TB(0) | CM(2)
プロジャクト概要を見て、ドラマ版の方に目が行っておりました。
どうみても、「〇信長」の・・・(以下省略)
これは、あかんべえ・・・

そのままアニメ版は失念しておりましたが、
カタリーナさんの感想を見ると、「しまった、アニメ版はチェックするべきだった」と、臍を噛んでおります。
フツー(バカ系)の高校生が、戦国へタイムスリップしたら、「うつけ者」
ああ、このシンプルな設定だけで、面白そう(笑)

ところで、アッチ。私も個別記事で感想を書くのは、やめようかなと。
まぁ、同じ出身地の竹中さん(半兵衛でなくて 笑)が出ておられるし、
一応、視聴は継続しますが。
[ 2014/08/20 06:53 ] [ 編集 ]
アニメ版の方は尺が20分程度で10話なので、
かなり都合よく端折られていると思います。
原作を読んでいない私でもそう思うので、既読の方だともしかしたら、
「えーーー?」みたいなところがあるのかもしれません。
でもよく考えてつないであるほうだと思いますし、何しろ演技が楽しいので、
パロディ漫画と思えばそこそこ楽しめると思います。
あと私はロトスコープという手法がとても気に入りました。
新しい技術ではないようですが、これを見ると、
やはりアニメの動きはアニメの動きなんだなあと思います。
ロトスコープだと絵だけど動きは人間っぽいというのが、
ウソをホントに見せている気がして親近感がわきます。
お約束通り、飛脚を遣わしますね。
[ 2014/09/03 02:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。