谷原先生ご登場@情報ツウ

前回がヘビーな話だったので、今日は軽~い話を。
いや、軽すぎて仕方ない「み~は~道」を行かせて頂きます。

本日朝のワイドショーに谷原先生ご登場!
生トークですよ、朝から。
しかし、素の先生がテレビに出られるときは、何と言っても髪型が心配。
「カミングダウト」などを見ておりますと、
「なぜにそのヘアー?」「スタイリストは誰だー!?」と思うことが、
本当のしょっちゅうあるので、登場前はドキドキです。
さて、本日は…ノーマルでした。
さすがに朝のトークコーナーだからか、実にフツーなヘアーでした。
ちょっと左前髪がはねてたけど、こんなの可愛いほうです。
よかったよかった♪と安心したところへ、早速突っ込みが!
「その前髪のはね具合が…(苦笑)」
ホスト役の麻木さんにはしっかり見られてました(涙
思わずはねた髪をなでちゃう先生。
もうちょっと髪型研究してください。(懇願
しかし、(多分)黒のスーツに白シャツ、ノータイ姿は相変わらず美しく、
その柔らかく美しいヴォイスも健在。
さてトークの内容はと言うと、まずモデル出身という話。
身長183センチに対して、普通は股下が90センチくらいだそうですが、
「実は83センチと短いんですよー」と、爽やかな笑顔で、
屈託なくご自分の弱点をバラしてしまう谷原先生。
……あなたのそんなところが好きです><
ご自分で撮影されたビデオには、舞台のお稽古風景と愛犬デラさんとのお散歩が。
今月末から始まる舞台「コーカサスの白墨の輪」のお稽古場から、
相手役の松たか子さんにインタビュー。
(因みに、この芝居のタイトルを「コーカサスの白熊の輪」と思ってる人多数)
松さん「いつもスーツを着て、足を組んで座っている印象でした」
このあとスタジオにいる谷原先生に絵が戻ったのですが、
それまで普通に座っていたのに、いつのまにか足組んでるよ!
それって、それって、もしかしてウケ狙いですか????
だけど、松さんを映している間、「かわいいですねー」を連発。
おまけにちゃんとしたラブシーンがなく、微妙に接近程度ということで、
「かわいくて離れたくない」と、笑顔でコメントしておられました。(軽く嫉妬
続いて愛犬デラさんとのお散歩ですが、ニット帽がお似合い。
デラさんのお話をされているときは、顔がずっと緩みっぱなしで、
まるで自分の子供の話しをしているかのように嬉しそうです。
娘ができたりしたら、すごくデレデレしそうですね。
そのほか、炊事や洗濯、掃除もきちんとこなされるとか、
青が好きだなんてお話もあったのですが、
やはり衝撃的だったのはあの写真でしょう。
高校時代の谷原先生!!!
ロン毛のヘビメタ少年&帰宅部&ゲーセン通い
ロン毛の中は実は五分がりになってて、要するに長い部分が結えると。
いやー、驚きました。ロン毛。朝から「うっひゃー」とのけぞりました。
あの微動だにしない話しぶりや、知的で天然なお人柄からは、
とてもヘビメタが好きな少年は窺えません^^;
私たちはもしかして、あの麗しい姿と声に騙されている!?
他に、東京コレクションに一度だけ出たことがあるっていうのと、
頭がすごい絶壁だって話と、他に何かあったかなー。
どなたか補足してください^^;

そして最後にとどめが来ましたわ。書初め。
デビュー10年てことで「初心」って書かれてたんですけど、
ぱっと見、なんか変。字はきれいなのに、どこか変。
……うわーーーーーーー。字が違うよ、先生(涙
初心の<初>が、<ネ刀>になってる????
先生、それはまずい…。
美しいお姿にウットリしたはずなのに、今はあの書初めの字しか思い出せないよー(-.-)

えー、気を取り直して。
明日は、いよいよ「華岡青洲はクマ」ではなく、「華岡青洲の妻」がスタート。
おのおのがた、ぬかりなく!!

0 Comments

Leave a comment

1 Trackbacks

この記事へのトラックバック
  •  今日の谷原先生
  • 元、いとー先生。現在「ごくせん」の九條拓真。それのスタイリッシュと称してお召し物が掲載されていました。確かにカジュアル(手が届く値段^^)だけど上品。(掲載誌は読売新聞)
  • 2005.01.27 (Thu) 14:10 | 一期一会