Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

憂いに満ちた人生? ~軍師官兵衛 OP~ 

毎年大河のOPについて戯言を綴っておりますが、
もう5月も半ばで今更感も半端なく、「別にいいかなー」と思ったのですが……。
やっぱり毎年恒例になっていることですし、一応今年も記事にしてみます。

今年の音楽は菅野祐悟さんが担当されています。
菅野さんの劇伴は、「SP」や「外交官 黒田康作」などのドラマで耳にしてきましたが、
特にメインテーマに関して言えば、非常にメロディアスな音楽を書かれる方だと思います。
上記ドラマのメインテーマはそれぞれ雰囲気が異なりますが、
どちらもシリアスドラマで影のある主人公ということもあり、
憂いを含んだ旋律がとても良く合っていました。
今回「軍師官兵衛」のメインテーマに関しては、
「SP」と「黒田康作」をミックスした感じになるのではと思っていたのですが、
正直言って、ここまで切ない音楽になるとは思ってもいませんでした。
予想通り、始まった頃は「戦国らしくない」とか「ワクワクしない」とか、
ネガティヴな感想ばかり目にしていたので最初に言っておきたいんですが、
私は今回のメインテーマは過去の音楽をリスペクトしつつ、
菅野さんらしい非常に美しい作品になっていると思っています!

大河ドラマ 軍師官兵衛 オリジナル・サウンドトラック Vol.1大河ドラマ 軍師官兵衛 オリジナル・サウンドトラック Vol.1
(2014/01/29)
TVサントラ

商品詳細を見る


構成は非常にオーソドックスで、ファンファーレに始まってメイン旋律、
Bパート、リフレイン、締めという流れで、大河の伝統を引き継いだ形です。
毎回書いていますが、大河のメインテーマは「主人公の人生を表している」と私は思っています。
そういう意味では、今回の音楽からは実は官兵衛の人生は全く浮かび上がってきません。
「くろべえってこんなに憂いに満ちた人生送ってたっけ?」と、初回視聴時に思ったくらいです。
しかし私はこのメインテーマを聞いた時点で、
今回描こうとしている官兵衛像というものを垣間見た気がしました。
官兵衛といえば幽閉事件はクライマックスの1つでもありますが、
ドラマとしてもここを支柱として官兵衛という人間を造形しようとしているのではないでしょうか。
つまり作品としては、ここが出発点ともいえるのかもしれません。
加えて側室は持たず、戦のない世の中を作るために奔走し……。
番組のコンセプトを思い返すと、このメインテーマがきちんとそれらを表現していることが聞き取れます。
にもかかわらずあまり印象に残らないとすれば、
それは制作側の官兵衛像と視聴者の持つ官兵衛像のギャップのせいだと思うんです。
メインテーマをイマイチと感じてらっしゃる皆さん、ぜひ一度目を閉じて聞いてみてください。
音楽としては壮大で、非常に大河らしいんですよ。
で、あるとき思ったんです。
「主人公が明智光秀とか石田三成とかだったらしっくりくるんじゃないかなあ」
もう一つ、これは否定する方が多いかもしれませんが「真田幸村」もアリじゃないかと思いました。
そう感じたとき、ふっと「岡田くんも幸村のほうがハマったのでは……」とも思ったんですよね。
そのときは当然ですが、再来年「真田丸」が来ることは知りませんでしたし、
発表になったときには「あああ、なんか惜しい!」と思ってしまいました。
曲のラスト、滝から水が落ちるように音が低音に向かって滑り降りてゆきます。
そしてそれは明るい音色とともに昇華されていきます。
これは果たして官兵衛の最期を暗示しているのか否か。
最終回に注目したいと思います。
[ 2014/05/19 02:13 ] 大河ドラマ | TB(0) | CM(2)
「大河ドラマ」のメインテーマは主人公の人生を表している。
まことに、おっしゃるとおりだと思います。
そして、製作側の官兵衛像と視聴者の官兵衛像にギャップがあることも。

曲の解説、これがないと、一年が始まらない(え)

ところで、改めて、OPを見てみました。
で、今まで気づかなかったのですが、岡田クンの顔。
官兵衛@ブルーウォーターの後、河の辺で、座り込んで
流れに手を浸している岡田クンにだけ、顔に痣があります。

馬ヒヒーン(不評)の、岡田官兵衛の猛々しい人生の部分は、
既に通り過ぎたのですね。
19回と20回を見ると、岡田クン、せめて真田十勇士役で、
アクション全開で活躍して欲しかったな・・・(惜)
[ 2014/05/22 07:30 ] [ 編集 ]
間もなく半年もなろうというのに、
加えて今年は雑な記事ですみません(;´∀`)

> 官兵衛@ブルーウォーターの後、河の辺で、座り込んで
> 流れに手を浸している岡田クンにだけ、顔に痣があります。

全っ然気づきませんでした。
もう全部録画を消してしまったので、来週の官兵衛で注視したいと思います。
忘れていなければーーー。(汗)

> 19回と20回を見ると、岡田クン、せめて真田十勇士役で、
> アクション全開で活躍して欲しかったな・・・(惜)
もったいなかったですよね。
アクション出来るのになぜ官兵衛?みたいなことは決まった当初から言われてましたけど、
私もその回を見て、本当に惜しいなあ(;_;)と思いました。
岡田くんには大河が終わったら、BS時代劇で良脚本でアクション時代劇を見せて欲しいです。
[ 2014/05/27 02:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。