Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

学生時代の教科書は残す派?捨てる派? 

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当平田です。今日のテーマは「学生時代の教科書は残す派?捨てる派?」です。先週末実家に帰って部屋の掃除をしていると、中学時代の国語の便覧がでてきました!昔の文豪達の写真や関係性が載っていて、今見ても結構おもしろかったです。...
FC2 トラックバックテーマ:「学生時代の教科書は残す派?捨てる派?」



「えーっと、どうしたかなあ」と考えてみたところ、
中学の教科書は、当時大学生だったいとこにあげたことを思い出しました。
ちょうどいとこが中学生相手の家庭教師をしていたので、
「欲しい」と言われてドリルからワークから何から何までほぼ全部あげたんでした。
高校の教科書は、文学史のテキストと百人一首の解説本、そして世界史の教科書とノートだけ残しました。
歴史系以外はあっさりバッサリ捨て去ったあたり、我ながら趣味が出てるなと今思いました。(笑)
そうそう、世界史と日本史の図説だけは、卒業してから新たに買いましたね。
結構役に立つので、今でもたまに開きます。

話はそれますが、百科事典系で一番使い勝手がいいのが平凡社の「世界史百科」です。
ハンディサイズなので本棚にも収まりますし、厚いけど持ち運びもできます。

カラー世界史百科カラー世界史百科
(1985/02)
ヘルマン・キンダー、ヴェルナー・ヒルゲマン 他

商品詳細を見る


もともとドイツ語の翻訳本なので、内容はヨーロッパ関連が多いです。
そして古いので、現代史はさすがにカバーしきれていません。
それでも第二次世界大戦以前くらいまではかなりコンパクトかつ的確にまとめてあると思うので、
私は愛用してますし、お世話にもなりました。
日本史にもこういうコンパクトにまとまった百科事典があるといいなあと思うのですが、
今のところコレというものにお目にかかっていません……。
[ 2014/04/30 01:00 ] 歴史雑記 | TB(0) | CM(6)
昔の教科書って、取っておきたい所ですが、置き場所がないと、なかなか・・・・・^^;;
私め、高校生まで小学校からの教科書を取っておりましたが、今の家に引っ越ししたのをきっかけに、全て捨ててしまいました!
日本史の教科書ですら(←使いすぎて既にボロボロになっていました^^;;)
で、教育実習に行く事が決まってから、改めて日本史と世界史の教科書と図録を買いましたw

ちなみに、大学から使った教科書やノートは、残っていたり残っていなかったりしております^^;;

世界史百科って、ドイツ語の翻訳本が元になっているんですか!
知らなかったです^^;;
日本史の百科事典・・・・編集するまでに、いろいろと大変なのかもしれません(例えば、派閥とか・・・・←適当に発言しました^^;;)
[ 2014/04/30 23:27 ] [ 編集 ]
高校三年に一年間使用した、バッハの楽譜抄本。
押入れの奥のどこかにあります。
いや、卒業式で歌った他は、歌う機会があるはずもありませんが、
何故、バッハを卒業式で歌ったのかも謎でしたけど。
今でも、持っております。
他の教科書は、時代が変わって、内容が古くなっても、
楽譜は、「古く」ならないからかな?

あとは、今もあるか不明ですが、
同じくかなり取っておいたのが、
歴史の授業の副読本に使用されていた、世界史年表横見表。
世界史と日本史の年表を並べたものです。
魏の三国時代と魏志倭人伝の卑弥呼の時代が一緒だと知った中学生の折りの衝撃(笑)
「魏」がつていても気がつかなかったな~(///∇//)
[ 2014/05/01 06:52 ] [ 編集 ]
どこにしまったか…(苦笑)。

中学までの教科書は引っ越しを機に処分しましたが、
前職の関係で高校までの教科書やノート類はかなり活用しておりました。
そして私もカタリーナさん同様、歴史系の教科書以外はバッサリです。

カタリーナさんおすすめの「世界史百科」、今度探してみたいと思います。
書店や図書館でも、時間があるときにブ厚い事典類の棚にいくとつい手に取ってパラパラ眺めてしまいます。
大抵は「手元に置いておきたい」とまで思うものがないのですが…。
勉強としてではなく、教養(趣味?)として本をチョイスする感覚って楽しいですよね!
[ 2014/05/02 01:02 ] [ 編集 ]
びびんばさんは捨てた派でしたか。
おっしゃるとおり、保管場所に困りますよね~。
教科数が教科数なだけに、資料集やら図説やらを合わせるとすごい冊数になりますし。
大学時代のものは、自分で買ったり買わされたりした書籍類はとってありますね。
見返すかといったら見返さないんですけどね。(苦笑)

> 日本史の百科事典・・・・編集するまでに、いろいろと大変なのかもしれません(例えば、派閥とか・・・・←適当に発言しました^^;;)
やや、それは大いに有り得るかと思います!
一応講談社のジャパン・クロニックというものを持っているのですが、
これが大判で厚くて箱入りなので、出してきて開くのも面倒臭いという。(苦笑)
簡単に開けるコンパクトなものが欲しいところです。
[ 2014/05/04 00:31 ] [ 編集 ]
> 高校三年に一年間使用した、バッハの楽譜抄本。
確かご自分で写譜されたんでしたよね。
それはとっておきますよ!
そんないらぬ苦労(?)をさせられたら、私もとっておきます。(笑)

> 歴史の授業の副読本に使用されていた、世界史年表横見表。
これは図説の巻末についていましたが、かなり便利ですよね。
同じく世界史の図説巻末に各王朝の系図が載っていますが、これも便利ですよね。
高校時代は、授業中によく眺めてました。
[ 2014/05/04 00:35 ] [ 編集 ]
まるひげさんは捨てずにどこかへ保管されてますか!
仕事で活用するかと思うと、それは捨てられませんよね。

> 書店や図書館でも、時間があるときにブ厚い事典類の棚にいくとつい手に取ってパラパラ眺めてしまいます。
わかります!
私も江戸三百藩ナントカ事典みたいなものとか、つい読みふけってしまいます。
別なものを探しに来たはずなのに。
でも図書館にあるものは、手元に置くサイズではないのですよね。
世界史百科は、今見たら絶版みたいですね。(泣)
ドイツ語版はまた改訂版が出たみたいなんですが、日本語版はもう出ないのかな。
うう、残念です。
[ 2014/05/04 00:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する