Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

龍馬の手紙 

坂本龍馬の手紙が発見されたというニュースが流れて数日。
昨日その経緯を「突撃!アッとホーム」で見ました。
ニュース自体をあまりちゃんと見ていなかったので、
よくある書簡程度なんだろうと思ってたんですが、
それがどうしてどうして、「最後の手紙」かもしれないというじゃないですか!
これには龍馬ファンではなくとも、歴史スキーの血が騒ぎます!

番組によると、今年2月11日谷中で家族のお宝を探している最中に、
「ナウマン象の牙と奥歯」を持っているという女性に遭遇。
思いがけないお宝に爆笑しつつも、「もう一個くらいないんですか?」と突っ込むと、
「坂本龍馬の手紙?」とその女性。
「ウソだろ~(笑)」
「ナイナイナイナイ(笑)」
という空気に辺りは包まれますが、女性はさらに「その辺に放られてるよ」と一言。(苦笑)
女性のお父さんが、20~30年前に道後温泉の骨董屋から1,000円で購入したといい、
お父さんは「龍馬の絶筆だ」と言っていたそうですが、家族は「ニセモノ」と思っていたとのこと。
結局「ニセモノでもいいから!」と、この龍馬の手紙を見るために女性のお宅に行くのですが、
本当に机の下に無造作にツッコんでありました!
それこそこう、置き場に困ってとりあえず突っ込んどこうみたいな。(泣笑)
でもね、きれいに包まれてましたし、箱書がすごく綺麗に残ってるんですよ。
その時チラリと映った「松菊公 遺」の文字がとても気になって、
「松菊」って誰の雅号だったかなーとか思っているうちに番組は進行。
そして「本物の手紙」だったことが判明します。
鑑定した高知の龍馬記念館の学芸員さんなど、初めは、
「うちの館でも毎年何本も龍馬の手紙だというものが持ち込まれますけど、
普通はニセモノですね」と、かなり期待薄な雰囲気だったのに、
手紙を広げた途端「うわぁ……」って感じで見入ってました。
その姿が、この手紙のスゴさを物語ってるなあと思いましたよ。
さて、学芸員さんが「トップクラスの重要性」と言うこの手紙から、

1)後藤象二郎宛の手紙である
2)慶応3年11月5~15日(龍馬は15日に暗殺された)に書かれた
3)2)により、龍馬生前最後の手紙の可能性アリ
4)越前の松平春嶽に会いに行くも会えず、三岡八郎と面会
5)新政府の財政担当を急ぎ決める必要があり、その任に三岡を推している
6)清書ではなく草稿である
7)桂小五郎(松菊公)が龍馬の形見として所持していた
8)鑑定価格は1,500万円


ということがわかりました。
そうだ、松菊って桂小五郎の雅号でしたね!
こうやって新たな事実が解き明かされていく過程って、本当にワクワクします!
そしてこんなふうにどこかに無造作に転がっている貴重な史料というものも、
決して少なくないんだろうなあとも思います。
下世話な話ですが、骨董屋で1,000円で購入したということは、
その骨董屋の仕入れ値って多分100円とかですよね?
もしかしたらいろんなものと一緒に十把一絡げで幾らって感じで買い付けたのかもしれません。
今頃悔やんでおられるでしょうねえ。
桂小五郎の所蔵品がどうやって道後温泉の骨董屋へ流れていったのか、
そこにもまた新たなロマンがありそうです。

今週木曜日には再放送もあります。
手紙の原文と現代語訳は番組HPに掲載されていますよ。
[ 2014/04/13 01:16 ] 歴史雑記 | TB(0) | CM(4)
「龍馬伝」の放送中にも、龍馬の手紙が発見されたような・・・
しかも、暗殺の年に書かれた物が・・・と思ってググってみると、
慶応3年の10月13日付の手紙発見のニュースがありました。

同じく、後藤様(どういて、後藤象二郎には、「様」をつけるくせがとれんですろ)宛で、
大政奉還直前に慌てて、書いたものらしく、「後藤先生」を「生生」と書き間違い(^^;)
でも、今回発見された手紙の方が、後に書かれた物ですね。

やはり、歴史的発見は、興奮しますね~
[ 2014/04/14 15:43 ] [ 編集 ]
> 「龍馬伝」の放送中にも、龍馬の手紙が発見されたような・・・
そうそう、確かニュースでも4年ぶりに直筆の手紙が見つかったとありましたね。
こうやって知られず眠っている手紙は意外とたくさんあるんだろうなあと思います。
知人がやはり20-30年前に著名人の書簡を大量に、
それも束でいくらみたいな感じで骨董屋に売ってしまったそうですが、
このニュースに「もしかしたらいい手紙もあったのかも……」と悔やんでました。

> どういて、後藤象二郎には、「様」をつけるくせがとれんですろ
なんでですかねー、実は私もそうなんですよね。
後藤様にはなんの思い入れもないのですが、
しかも同時に草々兄さんの顔まで浮かんでしまいます。(苦笑)
[ 2014/04/17 22:02 ] [ 編集 ]
リョーマには正直あまり興味がないのですが(オイ)、
松菊に激しく反応してしまった長州スキーです(泣笑)。

リョーマがヅラについて何か書き残したのか?!と
にわかに浮足立ちましたが…別件(硯箱)でしたね。
や、それはそれでとても興味深いですけど。
これで狂生(←高杉のこと)の漢字が登場した日には
狂喜乱舞してしまうところですけど、
さすがにソレはないですよね…(期待しすぎ・苦笑)。
[ 2014/04/21 01:07 ] [ 編集 ]
こんな風に知られずに放られている物はたくさんあると思います。
つい先日とある大名家の家中の末裔の方のお話を伺いましたが、
山のようにあるであろう骨董や史料はまったくの手付かずだそうですから、
おそらく何らかの貴重史料が眠っているんじゃないかと思っています。
そういうお宅は少なくない気がしますから、
高杉の何かもそんな風にどこかにそっとしまわれていることもあるかもしれませんよ?
それがどういう形で世に出てくるか……そこが問題ですけどね。(苦笑)
[ 2014/04/22 22:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する