Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

「軍師官兵衛」#10 

光の膝を枕に「あのような大軍、見たこともない。怖かったのだ」とつぶやく官兵衛。

岡田くん、心を預けられる奥さんに来てもらえてよかったね~(ノД`)

光の侍女との情事を疑われるも、「軟膏を塗ってやったのだ」の一言で誤解をとく官兵衛。

さすが岡田くん、浮気なんかするわけないもんね~(ノД`)

……と思うととてもしっくりくるのですが、脳内では、

「アナタハダレデスカ?」

という声が鳴り響いておりました。


今回は毛利が5,000の軍勢で攻めてきて、いよいよ官兵衛の手腕発揮なるか?という回でした。
これまで毛利のことをほとんど描いてこなかっただけに、織田vs毛利という図がわかりにくく、
播磨がどれだけ緊迫した状況になっているのかがあまり感じられません。
そうした時代の緊張感みたいなものが感じられないだけでなく、
合戦シーンも演出やカメラワークでの見せ方が相変わらずいまひとつなので、
全体に非常にゆるいというか、合戦に迫力が足りないのは戦国モノにはイタイ気がします。
例えば撮影時の人員の少なさや、スタジオ撮影による距離感の不自然さは、
もう少し演出等でカバーして欲しかったですね。
戦力にならない老人たちに旗を持たせて援護の大軍が来たと思わせる手法はよく使われますが、
あまりにも敵との距離が近くて「近すぎ近すぎっ! バレるってば!(汗)」と、
変なふうに手に汗握ってしまいました。
は! これも作戦か?!Σ(゚Д゚)
小寺の殿と家臣がテンプレすぎるのはもう仕方ないのでしょうね。
劣勢になれば官兵衛を責め、勝利すれば手のひら返して持ち上げる。
小寺政職という人が、史実からはどのような人物に読み取れるのかわかりませんが、
いかにドラマだとしても、脚本としてこれはちょっと陳腐すぎます。
鶴太郎さんがこういう役作りをしてキャラ立ちさせてるのも、
さもありなんんという感じがします。

さて。
そんな英賀の戦いを経て、ドラマは謎のラブコメパートへ突入。
秀吉の浮気グセを信長がたしなめる手紙を出したのは史実ですが、
あれは信長が「この書状、あとで秀吉のやつにも見せてやれよ?!」と書いてるんですよね。
ということは、ねねが自ら所望したりしてないわけで。
しかもそれを濃姫も後押ししちゃってたりとか、
さすがにドラマでも「ちょっとちょっと(;・∀・)」と思わざるを得ません。
まあね、その他の政治パートがきっちり組み立てられていたなら、
登場人物のキャラがしっかりと立っていたなら、
こういう息抜きパートはちょっとくらいおかしなことになってても気にならないんですよね。
「あはは、まあやりそうだよな(笑)」とかって、お楽しみの部分になることもありますし。
ただそうじゃないから、どうしてもつつくことになっちゃう。(汗)
……というか、そもそもこのシーンはなんで必要だったんだ?
こういうシーンを入れてまで気分転換をしなければならないほど、
重く辛いシーンがあったわけでもないんですが。
こんなの書くくらいなら、もっと毛利の方に時間を割いて欲しかったよー!

さらにこれだけに終わらず、善助と光の侍女の間に恋愛フラグが立ったり、
なんと官兵衛まで浮気を疑われるという始末。
あはははは……。(乾)
目薬屋出身として薬に明るいかもしれないけれど、
殿自ら妻の侍女に軟膏を塗ってあげちゃったりします?
これ、別に時代劇じゃなくてもかなりの地雷じゃないですか?
それなのに「軟膏を塗ってやったのだ( ̄^ ̄) エヘン」だけで、妻が納得してしまうとは!
冒頭に書いたように、官兵衛だって膝枕しちゃうようなデレる部分があったかもしれません。
浮気を疑われても大まじめに「軟膏塗ってただけだもん」と答えたこともあったかもしれません。
ドラマだからこういうシーンがあったっていいです。
むしろそういうところに、共感ポイントを求めやすいわけですから。
ただそれって、結局人物がちゃんと描かれている上で成り立つもんだと思うんですよね。
しかも歴史物という縛りがある以上、ちゃんと環境も描かれていないとダメなわけで。

来週は陣内さんの宇喜多直家が登場ですね。
こちらのお芝居、なかなか楽しみです。
[ 2014/03/10 01:01 ] 大河ドラマ | TB(0) | CM(4)
ひどかったですね。。。
官兵衛初陣から、ずーーーーっと同じ所で戦っていますね。。
もうちょっと、違う場所に見える工夫をしても。

合戦がアレな戦国大河でも、政治謀略パートが面白ければ・・・
そこも、アレな「軍師官兵衛」(汗)

主婦友のグチに加わらされる信長サマ(爆)
あのエピって、ねねがグチったら、信長が慰めるという、イイ話なのに、
おね様の腹黒エピにすり替わるという。(誰得?)

しかも、下世話な膏薬エピ。

でも、シエから比べると、良心作だったりしますけど(^^;)
あちらは、下世話てんこ盛りでしたからな(;_;)

下世話と言えば、「蒙古襲来」っぽい、「毛利襲来」
ギャグが、すべて、スベッておりまするな(溜息)
[ 2014/03/10 14:44 ] [ 編集 ]
> 主婦友のグチに加わらされる信長サマ(爆)
そうそう!
まるで日曜日のパパのようでした。(爆)
休日だからと家事をしているところへ妻の友だちがやってきて、
いつの間にかその話に巻き込まれているという(;´∀`)

> でも、シエから比べると、良心作だったりしますけど(^^;)
えええええ!
シエってどんだけ酷かったのですか?!?!
本能寺で1ミリの未練もなく切ったワタシですが、
これもそこまで堕ちてしまう日が来るのかしら……orz
[ 2014/03/11 01:23 ] [ 編集 ]
リュー弾さんが私めの所に残したコメントを使いまわさせて貰えば・・・
あの回で、これだけのブログ記事が書けるカタリーナさんは凄い!
私は、罵ることしかできませんでした^^;;;

陣内さんの登場・・・・私的には、太平記の佐々木道誉以来・・・・なのですが
鶴ちゃんの小寺の殿が、太平記の北条高時そのまんまなので(笑)、陣内さんの直家も・・・・・そうなのかなあ~^^;;と、思っております
↑高笑いしているイメージしかないといいたいだけです(お

ええと、あまり戦国の殿御を「主婦の友」の会に入れて欲しくないというのが、本音です
[ 2014/03/14 10:03 ] [ 編集 ]
いやー、簡潔に書く能力がないので、
ただ単にダラダラした記事になっているだけです(;´∀`)
私「太平記」は見ていなかったので、そういったデジャヴがないのは幸いなのでしょうか?

> ええと、あまり戦国の殿御を「主婦の友」の会に入れて欲しくないというのが、本音です
それはもうその通り! 
禿同でございます。
極端なことを言えば、大河に女性はほとんどいらないとワタクシ思っております。
ただ事実として彼女たちがいたからこそという部分はありますし、
絵的にも華が必要なのも当然だと思いますから、
ポイント的に登場するのは大事だとは考えています。
しかしあの信長が妻の茶飲みの席にいるなど、逆の意味で時代錯誤といいますか、
「もうジャージに着替えちゃえよ!」という感じでございました。(苦笑)
[ 2014/03/14 23:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する