(゚д゚)!

さっき飛び込んできたニュース。

銀河英雄伝説が、再アニメ化!

ままままま、まじですかーーーーー?



ということで、デマではない。ガチです、ガチ。
安達さんは作者田中芳樹さんの秘書でいらっしゃるので、ソースとして信頼できます。
しかもリメイクではなく、完全新作アニメとして制作するようですね。
銀英伝は、すでにあるOVA版が完成されたアニメですし、
「なぜ今、再アニメ化?」という疑問はあります。
このOVA版と同系の劇場版に思い入れのある方は非常に多いですから、
「再アニメ化反対!」という声もおそらく少なくないと思われます。

私はOVA版も好きな話は何度もリピートするほど気に入っていますが、
新しくリアルタイムに毎話追っていける新作も、非常に楽しみだと思っています。
去年の「ヤマト」を見る限り、果たしてどう料理されてくるのか正直不安の方が大きいですが、
同時に今の声優陣でどのような芝居が生み出されるのかというのには大きな興味があります。
何しろOVA版は「銀河声優伝説」とまで言われた、豪華かつ納得のキャスティングでしたからね。
これからしばらく妄想の楽しみが( ´艸`)

あとは小説原作ですから、キャラデザも当然ガラリと変わるでしょうし、
メカニックデザインもどう描いてくるでしょうか。
監督や構成がどなたになるのかも気になるところ。
ささやかな希望としては、音楽はクラシックのままでお願いしたいな……。
以前は音源がいくらでも使えたという事情があるのは知っていますが。
音といえば、音響もどなたになるのかなー。



OVA版でエミールを演じた置鮎龍太郎さんのつぶやきを拝見するに、
少なくともキャストオーディションのようなものはまだ行われていないのでしょうか。
となると、放映は早くても来年以降ですかねー。
ううう、うちの地元でも見れますようにー(T人T)

続報が待たれます!

4 Comments

Aki_1031  

再アニメ化の話を聴いて、思わず「げげっ!」という声を上げてしまいました(泣笑)。
なぜ、今更銀英伝?というのが真っ先に思った疑問であることは
この際置いといて。

監督もスタッフも声優陣も一新するとのことなので、
どのポジションでこの作品に関わったとしても
嬉しさと名誉と重圧がのしかかってくることは必至だと思います…。

とはいえ、ここは純粋に誰がどれにキャスティングされるのか
楽しみながら公表を待ちたいですよねvv
風邪で絶不調でしたが、このニュースで一気にテンションが上がりましたよ(笑)。

2014/02/14 (Fri) 00:10 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■Akiさん

> なぜ、今更銀英伝?というのが真っ先に思った疑問である
そこなんですよね、
私もあれだけ完成したものがあるのに、なぜまた?と思います。
ビデオ→レーザーディスク→DVDとメディアも移植されて、
DVDのときには崩壊していた作画もかなりリライトしたんですよ。
それなのになぜまた新しいものを。
あの作品はヤマトを見て育った世代が作ったアニメで、
非常に力の入ったものでした。
しかもバブル時代ですから、資金も潤沢にあったんですよね。
当然伝説と言われるほどの声優さんを使うこともできたわけで。
新作を作るにあたってみなさん反論も覚悟とは思いますが、
ぜひ「これもいいな!」と思えるものを作ってもらいたいですね。
あとはキャスティング。
出たいと思っている声優さんは数多いと思います。
しばらくは妄想キャスティングも楽しみたいと思います。(笑)

2014/02/15 (Sat) 02:58 | EDIT | REPLY |   

リューザキ弾正  

卿らは、どう思う?

あのOVAが、あの大作に充分見合った出来でしたので、
今更、リメイクも・・・と思ったのが正直なところです。
BGMのブラームスとワーグナーは変えないでほしい。
あの荘厳な世界観を、ドイツ系作曲家の作品群が見事にマッチしていましたもの。

無論、新しい世代の声優さんたちが、誰がどの役をやるのかは
楽しみですけど。
しかしなぁ、バブル期で、当時でもありえない超豪華キャストだったわけですし。
あ、変な「声優初挑戦」みたいな話題作り枠はナシでお願いします(^^;)

「銀河の黒歴史がまたひとつ」とならないことを切に祈るばかりです。。。

2014/02/15 (Sat) 09:52 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■リューザキ弾正さん

OVAはまさにバブルの産物と言える作品でしたよね。
一人一役で、110話も作ろうというのがもう^^;
今回はリメイクではなく完全に1から新しくアニメ化するということなので、
作品を見ることで「なぜ今さら?」という疑問は解けるのかなと思っています。
まだ何の情報も解禁になっていませんが、どうも監督や主だったスタッフは決まっている模様。

> あの荘厳な世界観を、ドイツ系作曲家の作品群が見事にマッチしていましたもの。
私もせめてBGMはクラシックのままでお願いしたいです。
「卿」という呼称には、複雑壮大な音楽がふさわしいと思ってしまいます。
マーラーやチャイコ、ショスタコ、シベリウス……。
マニアックな選曲ばかりでしたが、どれも本当にピタリとハマっていました。
ブラームスは確かロイエンタールのテーマだったと記憶してます。(←単なるロイ好き情報

> あ、変な「声優初挑戦」みたいな話題作り枠はナシでお願いします(^^;)
さすがにこれはナイと思っています。
新人さんが登用されることはあると思いますが、
さすがに昨今の吹き替え映画のようなタレント起用はないかと。
もし長丁場のアニメを企画しているのであれば、なおさらです。
しかし「ヤマト」のようになるのは避けてほしいなと思います。
あれも絵やCGは美麗でしたし、キャストも悪くなかったと思うのですが、
いかんせん話が中だるみしたりつまらなかったり
かというとたまにすごく面白い回があったり、
全体にムラが多かったのも気になったのですが、
話自体もなんだか随分薄かったように感じました。
昔の「ヤマト」の印象が強く、さらに自分が大人になってしまったせいなのか、
それとも本当にイマヒトツだったのかは、定かじゃありませんけど……。

2014/02/18 (Tue) 00:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment