Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

青ひげ~異端の貴族~ 

以前おーるめんずで収録されたドラマCDで「ベルばら」を聴いたのですが、
あれが意外と(!)きちんと作られた作品だったためにちょっと興味を持ちまして、
今回同じレーベルさんから出ている「青ひげ公」の物語にチャレンジしてみました。
もちろん前回同様こちらもおーるめんずですが、
女性の役は1つしかありませんので、さほど気にする必要もないかなと思った次第でして。
で、結論!
これはオススメです。
ええ、オススメです!
物語としてもとても切なくて良いお話に仕上がっていますが、
何よりみなさんの芝居が本当に的確で引きこまれまてしまいます!
男性が演じるヒロインも違和感がありません。

さて、そんなオススメの青ひげ公の物語なんですけど、
実は最初のトラックを聞いて「ええええ~~~?!」となりました。
「私の知ってる青ひげちゃう!!!!」
そう思ってですね、途中でいったん聴くのをやめてぐーぐる先生の門を叩きました。(笑)
私が触れたことのある青ひげ公の話は、バルトークのオペラ「青ひげ公の城」です。
こちらは、青ひげ公と結婚した女性が陰気な城を明るくしようとするのですが、
7つある「開けてはいけない扉」を1つずつ開けていくに従って、
彼女は夫への不審感と恐怖心を募らせていき、最後は夫の手にかかる……といったあらすじです。
7つの扉には拷問器具や武器、財宝などが入っているのですが、どれも血塗られています。
これらは人間の欲望だとか罪だとかを象徴していると言われ、いろいろな解釈がなされています。
青ひげ公といえばもうひとつ「妻殺し」のお話もあって、
扉の中には死んだ妻たちが入っている……というような設定もあります。
しかしこのドラマCDは、このどれでもない展開で、
しかも冒頭にこのレーベルさんにふさわしいB○シチュエーションが!!!!!!!
さすがに、こう、非常に直接的なシーンというものではありませんが、
免疫のない人には「ガツンと一発食らわせてやるぜ!」的なインパクトがございます。(苦笑)
あるいはこちらを好物とされている方々(笑)には、「キター?(゚∀゚)」的な感じかもしれません。

そんなわけで「一発ガツンと食らわせられた」ワタクシは(笑)、
ぐーぐる先生の指導を受けまして、結果この作品がグリム童話と史実を上手くミックスし、
さらに女性向けにと非常によく練られたものである
ということがわかりました。
とりあえず、まずはキャストから。

ジル・ド・レイ伯爵:遊佐浩二
ジャンヌ・アスラン:日野 聡
ジョー・ランス:櫻井孝宏
アンリ:梶裕貴
クラン神父/ナレーション:堀内賢雄
少年:宮永恵太


あっはっはー、すいませんね、わかりやすくて。(爆)
そうなんです、遊佐さんが主役だったからこの話を選んだのですー。
このジル・ド・レイ伯爵というのが青ひげのことでして、
その異名の通り青いひげが生えているとされています。
実像は、あのジャンヌ・ダルクとともに戦った英雄であると同時に、
快楽殺人という嗜好を持っていて、おまけに少年が大好きという人でした。
そのために近隣から少年を拉致し、快楽に耽り、挙句に彼らを殺す。
しかも黒魔術に傾倒していたそうですから、その残虐性は目を覆うばかりです。
これをドラマCDでやったところで、当然ですが共感は得られません。
そこで採用されたのが「二重人格」という設定でした。
もうこの、遊佐さんが演じる二重人格のジル・ド・レイ伯爵が素晴らしかった。
決して贔屓目ではなく、共演のベテラン堀内賢雄さんが悔しがってくださるくらい、
言葉通り「堪能できる」芝居を聞かせてくれています。
長くなったので、キャスト交えた詳細はたたみます。(←今から詳細^^;)



青ひげ~異端の貴族~青ひげ~異端の貴族~
(2011/07/28)
イメージ・アルバム、遊佐浩二 他

商品詳細を見る

[ 2014/02/07 22:55 ] ドラマCD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する