Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ね~こざぁ~むら~い2(完) 

「猫侍」を見終わりました。
実は昨年、強風でアンテナが電波を受信しなくなり、
1ヶ月ほどBSもCSも映らない状態が続きました。
私、性格的に「間を飛ばして続きを見る」ってできないんです。
「5話は見れなかったけど、どりあえず6話見とこ」っていうのは嫌なんですよね。
5話が見れなかったら、5話を見るまで先は見たくないんです。
そういうわけで、1ヶ月、つまり4話分も見れないとなったらそりゃもう、
「もういいや。レンタルになったら見るもん……(´・ω・`)」となってしまいました。
……が。
神は現れましたよ!
お正月に一挙再放送、ありがとうございますーーーーーー!
この時期のBSはとにかく映像が乱れるので気が気じゃないのですが、
無事、録画視聴が叶いました。

うわぁぁぁ、会いたかったよ、玉之丞!


ドラマ「 猫侍 」DVD-BOXドラマ「 猫侍 」DVD-BOX
(2014/02/05)
北村一輝、平田薫 他

商品詳細を見る


このドラマは、動物ドラマとして佳作だったと思います。
主人公の久太郎は玉之丞に振り回され続けていたけれど、
振り返ってみると、玉之丞って特別なことは何もしてないんですよね。
動物がメインのドラマの場合、

動物が重い病気になったり……
動物が行方不明になったり……
動物が助けに来たり……
動物が飼い主の代わりに犠牲になったり……

という展開になるのがパターンだと思うんですが、これは全然そうならないんです。
玉之丞は寝て、食べて、抱っこされて、おイタして、寝る。
もう本当にこの繰り返し。
久太郎が「猫の恩返しがほしい」とぼやくくらい、本当に何もしていない。(苦笑)
ただそこにいるだけなのに、どうしてか久太郎がちょっとずつ変わっていく。
そこが、このドラマの最大の魅力だったと思うんです。
特別でもなんでもない日常生活が営まれる中で、
人間は人間で生活をし、猫は猫で生きている。
両者の間にあるのは「同居している」事実だけで、
「飼っている」とか「飼われている」とかいう関係じゃない。
もちろん久太郎自身は、最初は「飼ってやっている」と思ってたでしょうけどね。
ペットを飼っている人から見れば当たり前だと思いますが、
これが猫見屋さんの言う「猫ちゃんは家族」につながってるんですよね。
たまたま今日ツイッターで、志茂田景樹さんが、
「イヌは遊び友達、ネコは心が凹んだ時に対話する相手でした」とつぶやいておられたんですが、
「まさにその通りだな!」と納得するドラマでした。

このドラマ、時代劇を謳ってましたけど、化け猫絡みだからか、
ファンタジー風になっていたのもほんわかさを演出していてよかったと思います。
猫見屋さんの髪の毛もちょっと南蛮風でしたし、着物の下にフリフリのブラウスなんか着たりしてね。
しかもここでまさかの「ねこカフェ」を出してきましたし!

個人的には久太郎が仕官しようとしていたのが米沢藩だったのがツボでした。
久太郎は始終眉間にしわ寄せてるし、口数少なくて頑固だし、
「あれ……景勝くん、生まれ変わった?」とか思った瞬間があって、
それ以来久太郎が玉之丞に怖い顔でデレているシーンを見ると、
「景勝くんもお猿さんに対してはこうだったのかもしれない……」
とか考えてニヤニヤしちゃうことがありました。←

こういう優しいドラマって、たまに見たいですね。
3月公開の映画はどんな風に仕上がってくるのかな……と思って公式サイト覗いたら、
まさかの、ネコ派 vs イヌ派 の話になっていました!(爆)
玉之丞も加賀屋の箱入り猫ちゃんではなく、任侠一家の飼い猫設定みたいですね。
わお、楽しみだ!
因みに玉之丞の写真集、出ますよ♡


猫侍「玉之丞」写真集猫侍「玉之丞」写真集
(2014/02/22)
「猫侍」製作委員会

商品詳細を見る
[ 2014/01/14 23:38 ] 時代劇 | TB(0) | CM(6)
ついに、全話ご覧になられましたか!
良かったですよね~、「猫侍」

おっしゃる通り、玉之丞は、何をするわけでもないのですけど、
斑鬼さん、加賀屋の佐吉、若菜も猫見屋さんも皆に影響を与えていく。
加賀屋さんが懐の深い御仁で良かった。
三方丸く収まるエンディングにも、ほっこり。

斑目久太郎さんのいつもの「口上」も
ラスト、「斑鬼」から変化していたのが、ちょっとウルッと来たり。

娘にに送った猫爺が書いた斑目さんの絵姿も良かったです。
あれ、猫爺は、絵が下手だった設定では、というツッコミは、
この際ナシにしておきます(笑)

[ 2014/01/15 09:31 ] [ 編集 ]
ほんわかしていい話でしたね。
結局加賀屋さんもいいひとでした。
佐吉が一途に仕えるに値するご主人さまだった。

毎回玉之丞の芸達者ぶりに感心していました。
長屋に誰かが来た気配で籠に入ったり・・・お風呂はマジいやがっていたみたいですが(笑)

[ 2014/01/16 20:06 ] [ 編集 ]
猫爺は、まさかラストにあんな見せ場があるとは思いませんでした。
妻子が涙する、久太郎の姿絵を描いていたとは!
加賀屋の番頭佐吉のセリフも、玉之丞暗殺依頼の時と、
久太郎暗殺依頼の時と全く同じになっていたのもツボでしたし、
斑鬼が猫侍になったのもツボでしたよね!

> 三方丸く収まるエンディングにも、ほっこり。
ほんと、これはもう真ん丸に大団円で終わるのがふさわしい作品でした!
[ 2014/01/16 23:16 ] [ 編集 ]
優しくて暖かい物語でしたね。
30分×12回、過不足ない配分で満足させてくれました。


> お風呂はマジいやがっていたみたいですが(笑)
そうなんですか!
あんないい子でも苦手なものは全力で阻止したい感じなのですね!
DVD特典に玉之丞さまおイタ集(NG集)が入っていると聞き及び、
猛烈に見たくなっております。(笑)
[ 2014/01/16 23:21 ] [ 編集 ]
カタリーナさんが、猫侍が見られない!とツイで書かれていたので、1月1日に一挙放送を知って、ホッとしました^^

猫が猫のままに(?)描かれているドラマでした!
私め、ドラマの内容より、玉之丞役の3にゃんをガン見して楽しんでいました^^;;;
(↑多分、写真集は買う予定ですw)
だから、時々「ええと、何の話だっけ?」と思う事もしばしばでした(爆)
ただ、久太郎の移り変わり(←?)は、激しく同意出来ます!
多分、猫好きじゃなかったが、猫を飼って猫好きになった人も、久太郎のようになっていったんだろうなあ・・・・・と思いますw

>個人的には久太郎が仕官しようとしていたのが米沢藩だったのがツボでした。
私もです!
財政難で、よく求人を出しているよなあ・・・・という突っ込みもさせて頂きましたw

映画・・・・うちの県でも上映してくれたら、見に行くんですが・・・・今の所、どこで上映されるのか不明なので、ハラハラしております
[ 2014/01/16 23:25 ] [ 編集 ]
> 猫が猫のままに(?)描かれているドラマでした!
やはりそうでしたか!
変に猫の恩返しみたいになったりしなくて良かったと思います。
きっと猫ちゃんを飼ってる皆さんには「わかるわかる!」な点も多かったのでは?

> 私め、ドラマの内容より、玉之丞役の3にゃんをガン見して
きっと3匹をしっかり見分ける目をお持ちになられましたね?(^^)v
写真集、私も気になります。
オフのショットなんかもあったりしちゃうんでしょうか。
DVD特典のおイタ集もとっても気になるのですが……。
映画は劇場が発表になりましたけど、お近くに上映館がありましたでしょうか?
[ 2014/01/20 01:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。