Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

ゆでたまご? プリン? 

ネットニュースで取り上げられていて目にした珍しいプリン。
「北坂たまご たまごまるごとプリン」を試してみました。


北坂たまご

箱を開けると、こんなふうに個別包装されています。
脇からチラッと、中が見えてますね。


たまごまるごとプリン

開けてみると、たまごがそのまんま出てきました!
作り物ではありません。
たまごの殻そのものです。
こういうものだということはネットニュースで読んでいたのでわかっていたのですが、
いざ目の前にしてみると「どうやって食べればいいんだ?」と一瞬悩み……。


たまごまるごとプリン

ザックリ半分にナイフを入れました!
実は1個目は、ホテルの朝食につくゆでたまごのように、
上の部分にだけナイフを入れてパカっとフタを開けるような感じで切ってみたんですけど、
それだとかなり食べにくかったのです。
そこでここは潔く! 真ん中から!

これ、見た目通りたまご100%オンリーのプリンです。
淡路島でこだわって育てた鶏さんたちの産んだたまごを、
割らずに中身だけを攪拌して、低温加熱で固めています。
たまごそのものの味を味わってほしいということですね!
もちろん割らずに作っているわけですから、
当然たまご以外のものを入れることはできません。
原材料は100%たまご、食べてみても本当にまんまたまご。
「プリンという名前に騙された!」という感想があるように、
たまご以外の味はしません!


たまごまるごとプリン

そこで、付属のカラメルシロップをかけていただいてみます。
お、ちょっとプリンになりました。
でもやっぱりゆでたまご。
どうやってもゆでたまご。(笑)
ネットニュースでも書かれていたように、
「醤油とわさびのほうがいけるんじゃないか?」とも思いましたが、
それをするには殻をきれいに剥いて、かまぼこっぽく切らないと食べにくいと思うので、
面倒くさくてやってません。(苦笑) ←
生クリームとか甘すぎるお菓子がダメな私にはヒット商品の予感がしたんですが、
「プリン」と考えると「ちょっと方向違うかな~」という感じでした。
盛り付けに工夫して食事系にすると、見た目の珍しさも手伝って、
案外美味しく頂けそうな気がします。
発想はとても素敵なので、もう一工夫かな?
[ 2014/01/10 23:14 ] 食・グルメ | TB(0) | CM(2)
面白いプリンですねえ・・・・
味は「やっぱりゆでたまご」との事ですが、食感はプリンのようにプルプルだったのでしょうか?
あと、皮を剥くのが面倒くさそうですが・・・もし、皮を剥いたとしたら、茹でた後の対処に失敗して、「白身にベッタリついてしまった状態の皮むき」な感じくらい面倒くさいのでしょうか?
↑上手く言えなくてスミマセン(汗)

やっぱり、少しはゆでたまご(?)の方にも甘みがなければ、プリンの味はしないのかもしれませんねえ
が、作り方(?)が見事ですね!初めて見ました!^^
[ 2014/01/12 22:22 ] [ 編集 ]
はい、食感はプルプルしておりました。
ですので、仰るとおりすごい製法だと思います!
殻の方は、ちょっと剥きにくいかもしれないですね。
殻が粉々になっても剥けない!というくらい厄介ではないと思いますが、
ツルンとはいかないかも。

>少しはゆでたまご(?)の方にも甘みがなければ
そうだと思います。
シュークリームにクリームを注射するように、
甘みを注射できると完璧かもしれませんね!
[ 2014/01/13 01:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する