Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

心・配・御・無・用……? 

来年の大河「軍師官兵衛」の10分間スポット番宣を見ました。
昨日の「八重の桜」の後の予告は今ひとつアピール度が低かったというか、
「来年は戦国大河だわー ワクo(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)oワク」みたいなのがなかったんですよ。
さらに「乱世を終わらせた男」とかいう即ツッコミを入れざるを得ないキャッチコピーに、
そういえばNHK福岡さんが「コンセプトは美しい戦国!」なんてつぶやいていたのを思い出し、
「これは大丈夫なのかしら……」と思っていたら、
秀吉が案の定「心・配・御・無・用!」をやっていて、
「いやいや、本当に心配御無用?」とテレビに話しかけてしまいました。(爆)

10分番宣を見た感じでは、やはり「風林火山」路線だなと思いました。
官兵衛の初恋とか、モロに「ミツやん」ですやん。
雰囲気は悪くなさそうですし、今日の番宣の中では、
昨夜のような「地雷」になりそうなものは発見しませんでした。
とはいっても、すでに「コンセプトは美しい戦国」と打ち出されてますので、
制作側が何をどう「美しい」ととらえているのかによっては、

(´д`)アアア…

となる可能性もなきにしもあらずですが。
もうひとつ、岡田くんは官兵衛には人間が真っ直ぐすぎるような気がしますが、
多分今回は「そういう官兵衛」を描きたいのだろうなと思うと、
そこのところもどうなってくるのかなあと。
初回は小田原攻め(官兵衛45歳)から始まるそうなので、
おそらくこの回で作品の方向性がある程度わかるんじゃないかと思います。
あとね、やっぱり秀吉! 秀吉濃い!(爆)
正直な所、秀吉と官兵衛が並んでると、秀吉が主役に見えちゃう。(苦笑)
でもむしろこれくらいのほうが面白いかな?

菅野さんの音楽は期待できそうな感じでしたよ!
あれがテーマ曲だとしたら、秀吉による天下統一を頂点とするドラマを、
色鮮やかに生き生きと、かつ華やかに語っていきたいのかもしれません。

ガイドブック、続々発売になっております。
ま、お約束ではありますが、Web上では主役の写真はことごとくNGのようです。
一番下の産経新聞から出てるガイドの表紙にはちょっと笑っちゃいました。(笑)


軍師官兵衛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)軍師官兵衛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
(2013/12/19)
NHK出版、 他

商品詳細を見る



[NHK大河ドラマ] 『軍師官兵衛』完全ガイドブック[NHK大河ドラマ] 『軍師官兵衛』完全ガイドブック
(2013/12/20)

商品詳細を見る



NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」完全読本NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」完全読本
(2013/12/20)
商品詳細を見る
[ 2013/12/16 23:17 ] 大河ドラマ | TB(0) | CM(4)
たしかに、勝新の次に濃い秀吉になりそうですね~w
「心・配・御・無・用」の次に、「天ぷら食いてぇ、寿司食いてぇ」と言い出さないか?と、ハラハラしております(ぉ
いや、ある意味、言って欲しいような・・・・←

今回は、一応「大河」として見ず、ドラマとして見ようか知らん?と思います^^
それで、ドラマとしても面白くなければ・・・・フェードアウトしようかと・・・^^;;
いやね、「コンセプトは美しい戦国!」を打ち出している時点で、「節子、それ戦国やない」と突っ込みを入れたくなるんですが
そのコンセプトが、今回の「肝」なのであれば、もう・・・ええ、戦国時代劇ではなく、ただのファンタジーアドベンチャードラマとして見るしかない・・・・と(をいをい!)
大河ファンには、また辛い年になりそうです
空に向かってスペンサー銃を発砲し、「わだしは、あぎらめねぇ!」と言いたい所ですが←
ま、悪い所ばかりではなく、いい所も見つけていこうか!と・・・(どうした!私、どうした!!@爆)
[ 2013/12/18 11:17 ] [ 編集 ]
大河もどういう方向性で作るべきか、本当に迷走してますね。
娯楽の少なかった頃のようにみんなが同じものを喜ぶ時代じゃないですし、
落としどころが難しいというか。
時代劇枠が減って、脚本家のみならず、
スタッフが育っていないというのもあるかと思います。
コンスタントに時代劇を作ってるのがえねっちけーだけでは……。
来年はせめてドラマとして面白いものであってほしいなあとは思います。
「美しい戦国」が何なのか、非常ーーーに不安ではありますが。(苦笑)

> 空に向かってスペンサー銃を発砲し、「わだしは、あぎらめねぇ!」と言いたい所ですが←
ぶっ。
あれはねえ、ちょっと少年漫画みたいでした。(苦笑)
発砲した弾が、我らに返ってこないことを全力で祈ります。
[ 2013/12/20 01:40 ] [ 編集 ]
やっと、10分間スポットを見れました。
確かにこの、映像だと、ちょっと期待を持てそうな・・・
と、毎年、この時期言っているような(笑)

乱世を終わらせた男、というキャッチフレーズからして、きな臭い訳ですけど(^^;)
いや、「美しい戦国」と主張しているのは、福岡放送局だけなので、
期待したいですけど。

竹中直人主演の「秀吉」が、途中終了的に終わったので、
「続き」が楽しみです。
竹中さん御本人も、やる気満々のようですし。
確かに、色々と、風林火山っぽいとこはありますね。
駒井クン(高橋一生)もいるし。甘利サマも・・・
10分スポットを見ると、「秀吉」+「風林火山」といった感じを受けました。
多少、「功名が辻」が散見されますけど。

だめだ、疑心暗鬼がぬぐえない(笑)




[ 2013/12/22 16:02 ] [ 編集 ]
脚本家のお話やいくつかの番宣を見る限り、
無難に終わりそうな感じもありますね。
もういっそ王道で普通にやってくれと思っているので、
真新しさとか斬新なものとかあまり求めないでほしいなあと思います。

> 乱世を終わらせた男、というキャッチフレーズ
そういう解釈は不安を煽りますよね。
某所で官兵衛主従がゴレンジャーとか言われていましたが(爆)、
画面の雰囲気は悪くないだけに、このイメージのままであってほしいです。
[ 2013/12/28 00:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する