Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

『鬼灯の冷徹』 江口夏実 著 

こんな地獄なら堕ちてみたい?

地獄ギャグ漫画、「鬼灯の冷徹」を3巻まで読んでみました。
これ、1巻が発売になって本屋でチラ見したとき、
「あー、いつかアニメ化されそうだなあ」と思ったんですが、本当になりました
来年1月から放映されます。
ということで、またもや中の人(遊佐さん)につられて原作本を買ってしまいました。(汗
神獣だけど女好きな「白澤」、遊佐さんの声で脳内変換しただけでニヤニヤしちまいます。(爆


鬼灯の冷徹(1) (モーニングKC)鬼灯の冷徹(1) (モーニングKC)
(2011/05/23)
江口 夏実

商品詳細を見る


内容をものすごくザックリ説明しますと、要するに地獄を現世に見立てたギャグっぽいお話です。
この世にいた人が死んであの世に行くわけですから、
あの世にはかつての偉人なんかがみんないるわけですね。
そういうところから、昔話や怪談、歴史の逸話みたいなのをパロディ化したり、
「地獄にはこんなところがありますよ~」というのを紹介したり、
あの世のシステムを現世化した、いわゆるオフィス系の話を展開してみたり、
エピソードが多岐に渡っているというか、かなり雑多な印象です。
3巻まで読んだ限りでは、何か大きな筋があるわけではなさそうなので、
1話完結の日常系コミックという分類でよさそうです。

それで面白いのかというとですね。
笑えるエピソードもないわけじゃないんですが、
なんかこう「設定を活かしきれいていない」感が強いんですよね。
あの世へ行ってしまった偉人を取り上げるなら、
もっとこうハチャメチャなギャグができそうなんですが、そこまでは踏み込んでおらず。
それなら地獄のあれこれをギャグにして説明してくれるのかといえば、
そこまで深い薀蓄やら世界観が描かれているわけでもなく。
じゃあいっそ、日常系ギャグとしてシュールな笑いをもたらしてくれるのかと思うと、
落としどころが読めない……ことが少なくなかったり。(汗
目のつけどころはとってもいいのに、もったいないなあと感じました。

あれれ……?
スミマセン、正直に書きます。
原作より、アニメが面白そうな予感がします!!!!
というのも実は、第1話先行上映イベントとなった、
「TVアニメ『鬼灯の冷徹』秋の大発表会 in 虎ノ門」に行ってきたんですよ。
そりゃあアナタ、もちろん遊佐さんが出てるから!
基本的にアニメイベントには興味ないんですが、たまたま翌日に朗読劇に行くことになっていて、
偶然日程が一致したっていうのもあって、「遊佐さんに会いに行こう!」という超不純な動機で、
生まれて初めてこういうイベントに参加したんですけれども。
アニメはあの「進撃の巨人」のWIT STUDIOが制作していて、作画はとてもきれいです。
そして声がついたことで、やっと話が生き生きとしたように思いました。
キャストの皆さん、役に本当にピッタリです。
もちろん、脚本も30分用に考え練られていて、原作より笑えるようになっていたかなと。
1話に遊佐さん演じる白澤は出てこなかったけど、すっごい楽しみ!

白澤って、麒麟や鳳凰と同じ神獣なのに、女好きでだらしなくて、
プライド高くて意地っ張りで……という、安定安心な遊佐キャラ。(笑


主人公である鬼灯(閻魔大王の第一補佐官)との陰険漫才がとにかく見どころです。
興味を持たれた向きには、まずはアニメをチラリとご覧になられることをオススメします♪
[ 2013/11/04 23:56 ] コミックス | TB(0) | CM(2)
この漫画はモーニング誌で賞を取ったときから読んでいます。
娘がはまって全巻持っています。
すぐに連載になったので好評だったんだなあと思いましたが
これほど話題になるとは意外でした。
万人受けする漫画ではなさそうだったので。

アニメのほうがおもしろそうです。
予告動画のホウズキの声がやさしすぎるんじゃ?と思いました。
[ 2013/11/05 10:34 ] [ 編集 ]
読者でいらしたのですね!
設定的がとてもアニメ的だと思ったので、
いつかアニメになるんだろうなーと漠然と思っていました。
確かに絵柄は好みが分かれそうですし、
ストーリーも読み手を選びそうですね。
でもその個性が、ファンを呼ぶポイントでもあるのでしょうね。

> 予告動画のホウズキの声がやさしすぎるんじゃ?と思いました。
これはファンの間でも言われていたようです。
私ももうちょっとシャープなイメージでしたが、
アニメとして見たときには特に違和感は感じませんでした。
余談ですが、ピーチ・マキの「キャラメル桃ジャム120%」もちゃんと歌として出るそうですよ!
[ 2013/11/09 00:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する