Kiramune Presents リーディングライブ 『悪魔のリドル ~esccape6~』

今年もKiramune主催のリーディングライブに行ってきました。
昨年『鍵のかかった部屋』を見て、声優さんたちの生のお芝居の面白さを改めて知ったわけですが、
今回は日程的にちょっと不安もあったので、どうしようかなーと実は悩んだんですよね。
そうしたら追加キャストの発表がありまして。

中村悠一、参戦!

これはもう行けるかどうかわかんないけど、とりあえず申し込めと。
行けなくてもなんとか口実作って行けと。

そういうことと理解して、あっさりチケット申し込みました。(爆
そして、神様ありがとうございます!!!!!!!!!!!!!
ワタクシ、生まれて初めて、自らの手で「神席」をゲットいたしました!
こんな「神席」を、フツーに一般人でも手に入れることができるのですね。
こんな「神席」を経験したら、もう二度と他の席には座れません。
一度知った蜜の味は、身を滅ぼします。(爆
座席を知ったのは公演前日の夜だったんですけど、緊張して手が冷たくなったよね!
何が何だかわからないけど手が震えたよね!
文字通り目の前で芝居が見れるんだわーって。
あ、因みに最前列ではありませんよ、念のため。

さて、そんなふうに取り乱しつつ、
『悪魔のリドル ~esccape6~』 でございます。
原作は高河ゆんさんの「悪魔のリドル」で、
今回の朗読劇では女子高生のお話を男子高生に置き換えています。
私が見たのは10月27日(日)のお昼の公演。
全3公演のうちのちょうど真ん中に当たります。
といっても、すべての公演でキャストが違うので、
毎回全く違う雰囲気になっていたものと思われます。

Kiramune Presents リーディングライブ 『悪魔のリドル ~esccape6~』

<キャスト>
東兎角・・・江口拓也
一ノ瀬晴・・・代永翼
犬飼伊介・・・諏訪部順一
走り鳰・・・吉野裕行
番場真昼/真夜・・・中村悠一
設楽椿・・・小西克幸
カイバ先生(ナレーション)・・・進藤尚美

恐ろしく長いのでたたみます。
物語は、簡単に言うと脱出ゲーム。
部屋に閉じ込められた6人の男子高校生たちが、出題される謎を解くことで、
外の世界へ脱出していく様を描いています。
彼らに出される謎はスクリーンに表示され、そのまま観客への出題にもなっているので、
観客参加型ステージという側面も持っていました。
舞台は盆やせりを多用し、ライティング、ドライアイス、火花など、
アンフィシアターの特徴を活かした演出がなされていました。
声優さんたちは主に箱型のブロック上にいますが、
それが左右に割れたり前後に動いたりすることで、
彼ら6人の関係や気持ちが表現されていました。
全体的にかなり動きがあり、視覚的にも飽きさせないようになっています。

が。

ストーリー的には、私は求不満になってしまいました。(汗
流れとしては、気持ちの通じていない6人がひとところに閉じ込められ、
出された難題を解くうちに少し相手のことがわかるようになり、結果全員が脱出する。
展開は単純なんですけれど、いわゆる芝居に不可欠なカタルシスが足りなかったんですよね。
この作品のキーワードは謎の答えにもなっている「理想の両親」で、
集められた6人は全員家庭に問題を抱えています。
そういう彼らの過去や心情は語られるからわかるのですが、
その気持ちを極限まで追い込んでいくからこそ、
「理想の両親」という解答にたどり着く意味があるわけですし、
またその「理想の両親」というキーワードにしても、
6人全員にとって同じ意味ではないはずなのです。
そうした心理を深く描くには尺が足りなかったのだろうと思いますが、
もっと彼らの丁々発止が見られたのではと思うと、いささか浅い脚本が残念でなりません。

そう思ってしまったのも、声優さんたちのお芝居が絶妙だったから!
舞台を見るたびに思いますが、芝居って本当にアンサンブルなんですよね。
上手い人が集まったからといって、必ずしも良い舞台になるわけでもない。
全員のバランスが取れて初めて、見応えのあるものができあがると感じます。
今回は主役がいるようでいない、ある意味全員が対等な関係の作品だっただけに、
それがなおさら顕著に現れたように思いました。
江口拓也さんは、低い声と抑えた演技で、斜に構えた高校生がとてもリアルでした。
本来はとても素直な子なのだけれど、
わざと冷たい態度や口調をすることで自分を防御している感じ。
天真爛漫なキャラクターを演じさせたらピカイチの代永翼さん
今回も6人の中で一番明るくいつも屈託ない男の子を自然に見せてくれ、
そのどこか浮いた存在に後に訪れるであろう悲劇性が滲んでいました。
諏訪部順一さんは自分のことしか考えていないチャラ男を、
「コイツ全部計算してる。只者じゃないな」と思わせてくれて、
作品全体のアクセントになっていました。
見せてる顔と裏は実は違うかも?みたいな役には、諏訪部さんならではの味があります。
同じように、クセモノ系をやらせたら本領発揮するであろう吉野裕行さん
他人に媚びることで生き延びようとする卑怯な男だけれども、
その必死過ぎて哀れな顔の裏に、なにかを企んでいる顔を隠しているようで……。
こういう小物感というか、胡散臭さというか、さすがです。
中村悠一さんが演じたのは大人しくていつもビクビクしている男の子と、
その中に棲む乱暴な男の子という二重人格の役。
声のトーンは奉太郎(氷菓)とちょい高めのグリズリー(しろくまカフェ)という感じ。
二重人格の場合、まるで別な人物にすることもできますが、
中村さんの場合は1人の人間の延長線上にいるもう1人という感じで、
本来の子を守るためにもう片方が生み出されたという状況に、非常に納得がいきました。
乱暴な子の中にある「優しさ」が胸に痛い……。
そして真面目イメージから抜け出したい優等生を演じた小西克幸さん
6人の中で多分一番素直でまっすぐで、だからこそ深く傷ついてしまった少年の心が、
ひしひしと伝わってきます。
全員が己の役どころを120%表現しきってくれたからこそ、
あともう少し踏み込んだところまで聴きたかったと思ってしまう。
もちろん座席の問題もあるでしょう。
これほど間近に芝居を見て、それに呑まれないわけがありません。
「もっと、もっと」と思ってしまうワガママを抑えられなくて、
「なんでもいいから何か朗読はないのか?」と探している自分がいます。(苦笑)

アフタートークは、グダグダで楽しかった!
小西さんは「衣装を着たら1人だけ教師みたいで」と言い、
諏訪部さんが紫のサテンブラウスに黒のスーツでまんまホスト、
さらに中村さんも赤ネクタイに軍用コートだったため、リアル青島刑事と呼ばれ、
衣装へのツッコミでかなりの時間が割かれました。
「中村さんはどこを封鎖してきたんですか」
「ちょっと葛西封鎖してきました」
「俺(中村)と小西さんは刑事コンビですよね」
「俺(諏訪部)は完全にしょっ引かれる人か」
なんて会話も繰り広げられ、客席もいちいち爆笑。
しかし極めつけは、江口さんが感想を述べているとき。
緊張から話がまとまらずコメントが長くなっていく中、
ふとスクリーンを見て気になったんでしょうね。
中村さんが江口さんの乱れたネクタイを直し始めたぁぁぁぁぁぁ!
うあああ、なんですかこの想定外の絵図は!!!!
それも一度で終わらず何度も何度も直してます。
ずーっとその手を見ていて、スミマセン、江口さんがテンパりながら言った言葉、
耳をスルーしていってしまいました。
ふう、最後の最後にやられたよ、もう討ち死にだよ。(泣笑

お芝居に関しては本当に大満足。
来年もまた、素敵な舞台にめぐり逢えますように!

2 Comments

Aki_1031  

リーライお疲れ様でしたー!&ありがとうございました♪
良くも悪くも色々考えてしまう舞台でしたよね。
でも結局のところ、行き着くのは神席☆の2文字だったような(泣笑)。

台風が過ぎ去って本当に良かったです。
もし早めに発券して席があらかじめ分かっていたら、
金曜前ノリしてでも絶対に上京していた気が
しないでもないですけど(笑)。
てか、万が一、あんな席に一人で置き去りにされてたら
色んな意味で泣いてましたよワタシ…ガクブル。
なかなかに忘れられない作品となりました。

2013/10/31 (Thu) 21:28 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■Akiさん

> もし早めに発券して席があらかじめ分かっていたら、
> 金曜前ノリしてでも絶対に上京していた気が

確かに……。
知っていたらもっと冷静でいられなかったかもしれません!!!
あの席での観劇は、とても不思議な気持ちになりました。
これまでは気にせずお安い席を買ったりしていたので、
舞台からかなり遠いことが多かったんですよね。(含む席運の悪さ)
舞台から遠いと、ライブなんだけれどもテレビや映画のような手の届かなさがあったんですが、
あれだけ近いと、本当に動きも息遣いもすぐそばに感じられて、
文字通り別世界でした。
私にとっても、忘れられない舞台となりました。
こちらこそ、ありがとうございました♪

2013/11/02 (Sat) 23:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment