朝ドラ「あまちゃん」

毎日夕食のお供だった「あまちゃん」が終わってしまいました。
早あま、朝あま、昼あま、夜あま、録あまと1日5回も見ていたあまラーのみなさんは、
あまロス症候群に罹っていませんか?
ちょうど昼のバラエティ番組でこの「あまロス症候群」を取り上げていましたが、香山リカさんが、
○毎日の日課がなくなる喪失感
○知り合いがいきなり40~50人いなくなった感じ

というような解説をされていたのにうなずきつつも突っ込んでしまいました。(笑
40~50人はさすがに盛り過ぎだろうと。(苦笑
でもこのドラマを見て、「北三陸市」が実在してそこに「知り合いがいる」気になったのは事実です。

「あまちゃん」、実は私のリアル周りで見ている人、あまりいなかったんですよね。
それどころか「どこが面白いのかわからない」と言われることのほうが多かったんです。

「あまちゃん」の面白さって何だろう?

一言では答えられなかったので、ムダに長く考えてみました。(笑


あまちゃん 完全版 Blu-rayBOX1あまちゃん 完全版 Blu-rayBOX1
(2013/09/27)
能年玲奈

商品詳細を見る



「あまちゃん」では特にこれという事件が起きません。
家が火災にあったり、恋人が病で死んだり、お父さんが事業に失敗したり、
戦争で焼け出されたり、意地悪な伯母さんが出てきたり、そういうものが一切ありません。
実際物語は3~4年の出来事でしかないので、一生を通して数々の困難を乗り越え、
ヒロインが成長していく……というものでもありません。
「震災」という大きな事件は起きたけれども、
それは登場人物全員に降りかかった災難であって、それぞれが色々な立場で違う体験をし、
その結果主人公だけが苦しむというものではありませんでした。
いわゆるドラマチックなことは起こらず、ひたすら「リアス」だったり「梨明日」だったりする場所で、
あるいは「無頼鮨」で日常が進んでいくだけです。
そういう面から見ると、「面白くない」という意見も一理あるのかもしれません。

じゃあどこに面白さがあるのか。

まさにその「面白くない」部分が、私は「面白かった」と思うんですよ。
もちろん、随所に散りばめられたパロディや小ネタや歌の数々は楽しさを倍増してくれました。
「知ってる知ってる!」
「これ歌える!」
「このネタ、あれのことだな?」
共有できる話題が多ければ多いほど、作品への共感度はUPします。
そしてとにかく「楽しく」なるように作られていました。
辛いことや悲しいことを描いても、そこに必ず何がしかのフォローが入って笑いを取り戻しました。
でもこの作品の本当の面白さは、
役者の強烈な個性の上に成り立つ「ユルさ」
に、あったんじゃないかなと思うのです。

まず視聴者は、小泉今日子さんがアイドルだったことを知っています。
薬師丸ひろ子さんもアイドルでしたし、美保純さんも人気若手女優でした。
宮本信子さんは夫を亡くされ、古田新太さんは何でもこなす役者さんです。
キャラクターの向こうに、そうした役者さんの「素」が透けて見える。
役者さんたちの持つバックボーンが、キャラクターとかぶって見える。
だから視聴者は彼らをより身近に感じやすかったのだと思います。
狙っていたはずですから当然ではあるのですけれども。
そうなってくると、ストーリーだけでなく、
「大吉さんどうするんだろう」とか「春子と鈴鹿さんが話し合うなんてドキドキッ!」とか、
「ストーブさんが残念なイケメンすぎる」とか、「勉さんは家族がいるのかしら」とか、
キャラクターやキャラクター同士の関係性に注目し始めちゃうわけです。
だからといって、すべてがきちんと書き込まれていたわけじゃありません。
むしろ描いていることよりも描いていないことのほうが多かった気がします。
最終的に、放り投げたまま終わったエピソードもいくつかありましたしね。
でもそれが「消化不良」を起こさせるどころか、「勝手に想像する楽しさ」を与えてたと思うんです。
「きっとこうだったんじゃないかな」とあれこれ考えを巡らせられる「ユルさ」があって、
その絶妙な配分が、私にとっては逆にリアルだったんですよね。
私たちの実際の人間関係だって、「相手のことを知ってるようで知らない」ものじゃないですか?

登場人物は、ドラマの空間ではなく「私たちと同じ日常の空間」で生活していました。
彼らはみんな驚くほど違う方向を向いていたけれども、みんな真剣に一生懸命生きていて、
私たちと同じフィールドに立っていました。
アイドルになるというテーマは別として、
そこには私たちでも体験しうる生活がありました。
話はときにバカらしくてくだらないこともあったかもしれません。
けれど彼らが発する言葉には嘘がなかった。
だから楽しく突っ込んだり笑ったりできたんじゃないかな……。
私にとっては、知り合いの近況を聞くような、そんな毎日の15分で、
そこが「面白い」と感じる部分だったんです。
役者、脚本、演出のすべてがぴたりとハマった稀有な作品だったと思います。

8 Comments

Yuseum  

こちらではごぶさたです( ^^)/

あまちゃん、妹が8月下旬に、
「出遅れた(´・ω・`)ショボーン」
と言っていたので、とりあえず9月以降を録画してもらいつつ、こちらで録画していた「朝まであまテレビ」などのダイジェストをダビングして妹に渡しました。

…ということで、妹は今まさに8月分のダイジェストを見終わったようで、「あまちゃん、面白い。」とv-411
ただ、ダイジェストだとあれやこれや軒並みカットされているのが残念v-406

2013/10/03 (Thu) 23:41 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■Yuseumさん

こちらこそ、ご無沙汰しておりますm(_ _)m

そうそう、ダイジェストはやっぱりダイジェストなんですよね。←
編集する人たちも泣く泣くカットしているのだとは思いますが、
どうしてもブツ切りに感じられてしまうのは仕方ありません。
毎日15分の積み重ねを見ていると、あれもこれももったいなくて。(苦笑
総集編、どうなるでしょうか。
短い総集編でなく、せめて夏にやったダイジェスト版で、
後半も作ってくれればいいのにー。

2013/10/06 (Sun) 00:43 | EDIT | REPLY |   

Aki_1031  

あまちゃんの面白さは、あのゆるさですよねー。
そして主人公とその周囲だけではなく、
脇キャラもそれぞれ生きているというか。

あれだけアキちゃんラブだったヒロシが、
いつの間にか栗原ちゃんと付き合っていて、
それがまたいつの間にか、栗原ちゃんが吉田さんとデキ婚って…!と
主役の話そっちのけで、ツッコミ入れてましたもん(笑)。
フラれ続けのヒロシのためにストーブ党を結成しようと思っていたのに(笑)
まさかのミズタクに心を奪われてしまったりvv

一世を風靡したアイドル・キョンキョンがデビューできなかったコを
演じたり、普段はモテモテであろう徹平クンが振られまくったり…という
実際とのギャップも良い方の笑いに転じられていましたよね。
春子さんなんて、キョンキョンだからできたんであって、
実際に半端に売れた(半端にしか売れなかった)元アイドル崩れが演じたりしたら
リアルが見えすぎてしまって、切なくなるだけだったと思います。

気がついたら、初めて最初から最後まで全部観た朝ドラでした…!(笑)

2013/10/06 (Sun) 22:45 | EDIT | REPLY |   

リューザキ弾正  

最終回、うまくまとまって安堵♪

古老参上!(笑)
ゆるさと、「分かる奴だけ分かればいい」と突き放したコネタが魅力でした。
なまじ年を取っているので(誤爆)、ああ、あの話だなと分かってほくそ笑む楽しさ(連爆)

定形外の朝ドラっぽいようで、けっこう定石の部分もあったりして。
朝ドラ見ていなさそうなクドカンですが、
色々な朝ドラのパロディー(オマージュ?)は、演出スタッフの部分かな?

小泉さんと薬師丸さんあっての、あのバックボーン。
ところで、完全版のお皿って、本当に「完全」なのでしょうかねえ。
放送時はオッケーなネタもNGになることもままあるので・・・

それにしても、この作品ほど、総集編が虚しい作品もないような(笑)
魅力は、コネタばかりではありませんが。

2013/10/07 (Mon) 19:52 | EDIT | REPLY |   

卯月なつ  

あまちゃん・・・見てなかった珍しい?人です。
でもあまりの話題沸騰に9月だけ観ました(いまさらすぎますが)
鈴鹿ひろみの生歌の場面過去を見てなくても感動しました。

なかなか楽しかったです。
「震災」のこともさらりとでもちゃんと痛みのわかる描き方をしていました。ロケ地に多くの観光客が訪れたのもドラマの明るさにひかれてではないでしょうか。
あとテレビだから「今日の回」のネタ話ができる
それも毎日(笑)
それが映画にはできないテレビならでは楽しさだと思い出させてくれました。

2013/10/08 (Tue) 11:00 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■Akiさん

この作品を見て、ドラマはキャラクターだとつくづく思いました。
見てませんが、多分半沢直樹もそうなんじゃないかな?と思います。
脚本家がキャラクターを描くことはもちろんですが、
役者もそれを浮き立たせるべく演じてくれることで、
初めて作品の中でキャラが立つんですよね。
どっちかだけでもダメなんだと思います。

> フラれ続けのヒロシのためにストーブ党を結成しようと思っていた
ストーブさんは本当に不憫だった。
アキちゃんのことを一番良くわかっていたのは彼だと思います。
彼女の転機の裏には必ずストーブさんがいましたもん。
それなのに、私もついミズタクに浮気……。
ミズタクがアキちゃんをハグしたときには「qうぇrゆいおp!!!」となりました。(爆
絵に描いたようなツンデレにもう言葉を失いましたね!!!!

そうそう、あさイチ!に能年ちゃんがゲスト出演したとき、
「ずぶん先輩とヒロシとミズタク」と誰がいい?と聞かれて、
「お父さん!(=尾美さん)」と答えていたのが斜め上の回答で面白かったです。

2013/10/10 (Thu) 01:43 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■リューザキ弾正さん

80年代~90年代を知っていると、「ああ、ああ!」というネタばかりでしたよね。
美術スタッフのこだわりもすごくて、セットを見るだけでも楽しかったです。
始まる前は、クドカンでえぬえっちけー???と若干危惧しましたが、
全くの杞憂でした。
おっしゃるように、一見外れているようでちゃんと朝ドラでしたよね。
ミタニン×大河と同じように、変化球だけれども的はちゃんと狙ってました。

> ところで、完全版のお皿って、本当に「完全」なのでしょうかねえ。
チラリと目にした情報によると、どうやら削られているシーンもあるようです。
その意味では「完全」ではなくなりますねー(^_^;)

2013/10/10 (Thu) 02:09 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■卯月なつさん

見ていなかった人、私の周りにもいましたよー。
そんなに珍しくないと思います(^_^)/
クドカンが最終週だけ見てもわかるし楽しめるかも?とは言ってましたが、
9月いっぱい楽しまれたのですね!


> 映画にはできないテレビならでは楽しさだと思い出させてくれました
本当に!
まさにテレビだから出来るドラマでしたね。
いわゆるお茶の間サイズというんでしょうか。
家族がテレビの前に集って、そのドラマについてあーだこーだとワイワイ言える楽しさ。
ドラマだけでなく番組制作において、どの年代にも受ける作品を作るのは難しい、
ある程度ターゲット層が絞られてしまうと言われて久しいですが、
この作品を見て、どの世代でも楽しめる作品は作れるのだと感じました。
現地が盛り上がり、そこの皆さんが毎日楽しみにしてくださったというのが、
何よりの証拠ですね。

2013/10/10 (Thu) 02:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment