THE UNLIMITED 兵部京介 1巻  大柿ロクロウ著

アンリミDVDの6巻(最終巻)の発売日が延期になったのをいいことに、
4巻もようやくライナーノーツを読んだだけで見ていません。
アニメだから、見たって1時間半もかからないことはわかってるんです。
それでいて見ていないのは、「ゆっくり落ち着いて見たい」というのもありますが、
それ以上にどこかで「見るのが怖い」みたいなのがあるんですよね。
もちろん放映時に一度見てますし、どうなるかわかってるんですけど、
わざわざディスクをセットして見るということになぜか緊張してしまうんですよ。
こういう感覚って、ないでしょうか?

うだうだしているうちに、コミカライズのほうが出ちゃいました。
1巻はアニメ1話と2話(途中まで)を描いています。
内容はほぼアニメに沿っていますが、ちょっと補足的なことが載っていたり、
若干時系列が入れ替わっていたり(私の記憶なので曖昧)しています。
2話の方は結構変えてきているので、これをどう解決するのか注目ですね。


THE UNLIMITED 兵部京介 1 (少年サンデーコミックス)THE UNLIMITED 兵部京介 1 (少年サンデーコミックス)
(2013/08/16)

商品詳細を見る


作者は大柿ロクロウ先生。
この作品が初単行本化ということでした。
コミカライズの場合、もうストーリーも何も決まっているものを描くわけで、
それをどこまで「自由」に扱えるのかわかりませんが、
私としてはもう少し突っ込んだ描写が欲しかったかなあと思います。
文字を使えるからこそ伝わる心理のようなものが、もっとあってもよかったような。
まだ1話2話というとそれほど情報出すわけにもいきませんけどねー。

巻末にはなんと!
原作者の椎名高志先生のおまけマンガがついてます。
これを見たとき、その紙面の安定感にうなりました!
大柿先生の作画も安定しているし力が入っていると思うんですが、
椎名先生の絶妙な緩急バランスは、やはり経験値の差なんでしょうね。
そして椎名先生はことのほか「†」がお気に召したのか、
そんなシーンをチョイスされてます。(笑)

さて、そろそろDVDに手を付けたいところです。

0 Comments

Leave a comment