Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Louis XVII 

イギリス王室に生まれた赤ちゃんの名前は「 George Alexander Louis」。
事前の賭けでは「ジェームズ」と「ジョージ」が人気だったそうで、
国民の読みはかなり正確だったようですね。
NHKでは、
「Geroge」はエリザベス女王の父で、第2次世界対戦時にドイツ軍の激しい爆撃にあいながらも、
バッキンガム宮殿にとどまり国民を鼓舞し続けた「ジョージ6世」から、
「Alexander」はエリザベス女王のミドルネーム「アレクサンドラ」から、
「Louis」はチャールズ皇太子と親交が深く、
アイルランド共和軍の爆弾テロに斃れた「マウントバッテン卿」から、
それぞれ取ったのでは……という見方を紹介していました。
そうするとこの赤ちゃんが将来「ジョージ7世」になるのかなと思ったら、
CNNサイトに、
「即位とともに名前が変わるという伝統もあり、
チャールズ皇太子はジョージ7世を名乗るとみられている。」
という一文が。
そんな習慣があることを知りませんでした。
国王とそれ以前を明確に区別するということなんでしょうか。
日本でいったら、元服前と元服後……のような。

さて、ここでちょっと気になるのが「Louis」という名前。
「Louis」は日本のニュースでは「ルイ」と読まれていましたが、
マウントバッテン卿が由来なら「ルイス」ですね。(現地のニュースはさすがにノーチェック)
発音はともかくもこの「Louis」という表記、フランス革命をかじったことがあるみなさんは、
多少の引っ掛かりを感じなかったでしょうか?
実は前の晩に奇しくも、
世界ふしぎ発見『アントワネットと石の心臓 知られざる母と子の物語』を見ていました。
アントワネットの次男ルイ・シャルル、のちのルイ17世をめぐるエピソードから、
アントワネットの新たな一面を探ろうという趣向でした。
同じ王子で同じ「Louis」という名前。
時代も国も違うとはいえ、いろいろと思いを馳せてしまいました。

フランス革命が勃発し、貴族が次々に国外へ亡命していく中で、
フランス国王一家も王妃マリー・アントワネットのふるさとであるオーストリアへの逃亡を企てます。
しかし彼らはベルギーとの国境に程近いヴァレンヌで捕まってしまいます。
一家はパリのテュイルリー宮殿に戻され、間もなく始まった対仏同盟による革命戦争を経て、
タンプル塔へと幽閉されました。
やがて父ルイ16世が処刑され、
ルイ・シャルルは7歳で名目上のフランス国王ルイ17世となります。
しかしタンプル塔の独房で「暴君の息子」として酷い扱いを受け、
世話も治療もほとんど受けることなく病気で亡くなります。
……たった10歳で。
ところがタンプル塔で亡くなったのは「ルイ17世の身代わりのこども」説が流布し、
各地から「我こそはルイ17世なり」という人物が100人以上も現れました。
私がこの話を初めて知ったのは、確かフランス革命200年の年に出版された、
「フランス革命秘話」という書籍だったと思います。
当時「タンプルで亡くなったのはルイ17世か否か」という問題には、
まだ決定的な回答は与えられていませんでした。
それだけにいっそう不気味で、謎以上に切なくなったものです。
それが2004年6月、DNA鑑定によって「ルイ17世本人である」と証明されました。
その辺りの経緯は、関西医科大学法医学講座のサイトに詳しく掲載されています。
なお鑑定は母系だけで、父系の解析は行われていないようです。
ルイ17世には「フェルゼン伯爵の息子説」もあったりするので、
なんだかちょっと裏があるような気もしてしまいますが……。
そういえば姉のマリー・テレーズは国王一家の中で唯一の生き残りですが、
その彼女にも「身代わり説」があって研究している団体もあるようです。
しかし技術の進歩によって、なにもかも「暴いてしまう」のは冒涜にもなりかねません。
線引きが必要ですね。

ルイ・シャルルはもともと次男です。
兄のルイ・ジョゼフの死を受けて4歳で王太子になりました。
例え兄が生きていたとしても、彼が革命での死を避けられたとは思いません。
けれどこの運命に、もの思わずにいることもまたできません。
しばらく遠ざかっていましたが、久しぶりにフランス革命本を漁りたくなりました。
うーん、興味ばかりで実際の読書が遅々として進まないのが問題ですが。(泣笑)
[ 2013/07/29 01:09 ] 歴史雑記 | TB(0) | CM(2)
王子の名前決定のニュースを見て、あれ?と思ったものです。
同じく拙ブログで記事にしましたが。
ちなみに、私の予想も「ジョージ」でした(^^)

で、フルネームを知ると。「ルイ?」
「ルイス」じゃないの?
同じく、現地ニュースはチェックしておりませんので、不明です。
英仏戦争した国が、相手国の王様の名前つける?・・・
釈然とせず、母・弾正に、言ったら
「英語圏だって、ルイ・アームストロング(ジャズ演奏家)って名前、あるじゃない」(爆)

ヘンリーがハリーと略されるように、ルイスがルイと略される慣習でもあるのでしょうか?

私も、ウィリアム王子は英国王になる時、ウィリアム4世(だったかな?)
その前に(笑)、チャールズ皇太子が英国王になる時は、
チャールズ3世(だったかな?)となると思っておりましたが、、、

以前、ドイツ語系の名前の王子が、予定されていた候補が亡くなり急遽、英国王になる時、
国民の気持ち(人気)を考えて、
名乗りを変えた、ということがあったようです。

チャールズ皇太子の場合も、国民に人気のあったジョージ6世の跡を受け継ぐジョージ7世の方が、
国民ウケは(まだ)いいかも(^^;)

ところで、ルイスですよね、英語では・・・
[ 2013/07/30 07:36 ] [ 編集 ]
リュー弾さんの所でもコメントしましたが、
一応現地の映像を見る限り、「ルイ」で正しいようです。
とはいえ、あまり縁起がよいとはいえない王の名前を入れるのか?と思いますよね。
考えすぎなんでしょうかねー。

> ドイツ語系の名前の王子が、国民の気持ち(人気)を考えて、
そんなことがあったのですか!
ステュアート朝の後ドイツ系のハノーヴァー朝になってますが、
そのときの国王はゲオルクをジョージという英語読みにしただけだったのに……。
ここはなんという名前を改名したのか気になります。
あまりにもドイツ的な名前というと、フリードリヒくらいしか思いつきません。(苦笑)
[ 2013/08/01 23:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。