Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

『よちよち文藝部』 久世番子 著 

ワタクシのネット司書であるまるひげさんにご紹介いただいた一冊。
『よちよち文藝部』をようやく読みました。
図書館でどんだけ待ったんだよっていうくらい、予約が入ってました。


よちよち文藝部よちよち文藝部
(2012/10/21)
久世 番子

商品詳細を見る


久世番子さんといえば、本屋さんの裏を暴いた(?)「暴れん坊本屋さん」ですが、
そういえばこれ、感想書く前に本がどこかへ行ってしまったわーーー。
鋭いツッコミとゆるいボケが魅力の久世ワールドで、今回は日本の大物文豪を斬ります!
……えー、ザックリと一言でそんな感じの本でございます。

読んでなくても大丈夫! 
名前しか知らない超有名文豪と名作を知ったかぶれる文藝コミックエッセイ。
太宰、漱石、谷崎など文豪と名作の魅力を、よちよちした取材と緻密な妄想で語り倒します。
文学を学びながらも大爆笑。



アマゾンさんにはこう書いてあるんですが、正直に申しまして、
「読んでないとノレません」、ハイ。
この本、名作のあらすじが書いてあるわけでも、
文豪の伝記が綴られているわけでもありません。
文豪たちの作品や人生を、愛あるツッコミでピンポイント的にいじり倒すという本です。
ということは、文豪たちの名作といわれる小説を読んでいるからこそ、
彼らの波瀾万丈な、あるいは矛盾した人生を知っているからこそ、
「そーそーそー!」と膝を打って笑えるというものです。
もちろん知らなくても「へー、そうなんだ」と思うことはできますが、
既読者のノリを100%にしたら、未読者のノリはおそらく30%くらいなんじゃないですかね?
東京と比較して松山の悪口ばかり書いているという漱石の「坊つちゃん」は、
これがSNSの公開日記だったら「確実に炎上してるね!」というふうに紹介されています。(←
谷崎潤一郎の「細雪」は、美しい女の美しくない病の様子を詳細に記しすぎとツッコんでいます。
最後に文豪たちの経歴も真面目に書かれていますが、この本を読んだあとで、
アマゾンさんが言うように「超有名文豪と名作を知ったかぶれ」ないと思います。(苦笑)
ただおぼろげにその文豪の人となりが浮いて見えるところが、
ただのツッコミ本で終わっていない点だと思いました。
サクッと読むにはオススメです。

それにしてもコレを読んで、私、
日本の名作といわれる作品を全然読んでないわあと愕然としました。(苦笑)
多分、ほとんど教科書に載ってたものを読んだだけ……にとどまっています。
世界の名作は結構読んでいるのに、純文学に興味が持てなかったからかしら。
教科書じゃなく、自分で買って読んだ本というと、
三島、漱石、芥川、太宰くらいだもんなあ。
そういえば太宰といえば喉から手が出るほど芥川賞が欲しくて、
川端康成に「愚妻と老母のためにも賞をください!」と手紙を送ったんですよね。
それだけなぜか知ってます。
最近は昭和以前の文豪の作品も、教科書に採用されなくなったそうですね。
彼らの作品も古典になっていってるんですねえ。
[ 2013/07/11 23:32 ] コミックス | TB(0) | CM(2)
ネット司書だなんて大層な呼び名、
前にも頂きましたがやっぱり名前負けしていて恥ずかしいですひゃー!
それにしても、随分と待たされたんですね。
何人予約入っていたのかしら…新刊でもないのに。

>既読者のノリを100%にしたら、
未読者のノリはおそらく30%くらいなんじゃないですかね?

まさしく!
カタリーナさんも30パーのノリでしたか!!
なんだか同じような読了感で嬉しいです。(笑)
文豪好きじゃないと、さくっと読んで終わっちゃいますよね。

純文学ってどうにも敬遠してしまいます。
あらすじとテーマを見ただけでげっそりするというか。
それ故、現役作家さんの作品も全くと言っていいほど読んでいなかったり。
楽しい読書ばかりじゃいけないとわかってはいるんですがね…。

最近の教科書採用の作品、重松清さんとかあさのあつこさんの作品が
採用されているのを知って驚いた記憶があります。
それにしても、中学以降の国語の教科書で取り上げられる作品って、
どうしてああも暗い作品ばかりなんでしょうね。
「絶望した!」っていうラストばかり。
[ 2013/07/14 01:04 ] [ 編集 ]
今回もご紹介をありがとうございました!
私もノリは30%未満でした。
たけくらべあたりは読んだはずなんですが、
番子さん同様、美登利と信如と鼻緒の話だと思っていたので(爆)、
全然そうではなかったことに「何を読んだんだろう?」と。(苦笑)

> 「絶望した!」っていうラストばかり。
作中でもゲームに見立ててバッドエンドばっかりと言われてましたね。
いわゆる純文学の扱うテーマが、
「人生とは?」とか「わが魂の救済」とかなので(あくまで私のイメージ)、
どうしても暗く重い方へ向きがちなのかもしれません。
今はともかく文豪たちの頃は作家で食べられる時代でもありませんでしたし、
彼らの日常の思いも少なからず反映されてますしね……。
だからこそ太宰や三島の熱狂的ファンが生まれるのもわかる気がします。
おっしゃるとおり楽しい読書ばかりじゃいけないんでしょうけど、
もうこの歳になると好きな作家とジャンル読むだけで精一杯な現状です。(苦笑)
[ 2013/07/15 23:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する