Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

闇でしか裁けない原罪(つみ)がある 

アニメっ子どころかテレビっ子ですらない私が、
毎週リアルタイムにひとつのアニメを見続けるには、それ相応のモチベーションが必要です。
きっかけそのものが原作を知っていて見始めるか、中の人目的で見始めるかのどちらかで、
だからといってそれが最後まで完走する理由にはなりません。
そんな私がドはまりしてしまったのが『THE UNLIMITED 兵部京介』でした。
これからウザく語るので一応ね、前置きをしておこうかと。(笑)



Break Through (初回限定盤)Break Through (初回限定盤)
(2013/03/20)
可憐GUY's、遊佐浩二 他

商品詳細を見る

『THE UNLIMITED 兵部京介』



もちろん中の人目的で見始めた作品です。
『絶対可憐チルドレン』のスピンオフということで始まりましたが、
本家絶チルを知らない私には、最初の1-2話は戸惑いしか残りませんでした。
そもそも超能力モノって自分の中では苦手ジャンルだし、アクションにもあまり興味が無い。(苦笑)
そうなるともうこの作品を見るモチベーションがただひたすら中の人だけになってしまって、
「うーん、これは切ろうかな……」と正直思ってしまいました。
それでもまだ「どこかに面白さがあるのでは」と捨てきれずにいたところ、あれれれ?

いつの間にか青円盤をポチっていたよ!!!!(爆)

これね、本当にスルメのような作品で、繰り返し見るたびに味が深まるんだってわかったんですよ。
エスパーvs普通人(非エスパー)という設定ではあるけれども、
あらゆる世界における究極のマイノリティvsマジョリティととらえると、
非常に示唆に富んだ作品だと気づいたんです。
スピンオフではありますが、ご新規さんも問題なく見れるように作られてはいます。
けれどやはり本家とのつながりを完全に断つわけにはいかないし、設定が複雑でもあるので、
原作を知らない人にはやや説明不足であった感は否めません。
視聴者視点のオリジナルキャラをメインにしてはいても、
その彼にしたってもともと「この世界の住人」であって、その中で行動しているわけですから、
それすらわからない全く異世界の人間(=ワタシ)は、入り込むのになかなか難儀をしました。

話は近い将来起こると予知されている「エスパーvs普通人(非エスパー)」の全面戦争を避けるべく、
さまざまに動く人々を描いていくというもの。
エスパーと普通人の共存を目指すB.A.B.E.L.(バベル)と、
普通人を排除してエスパーの楽園を作ろうとするP.A.N.D.R.A(パンドラ)という2つの組織があり、
原作ではB.A.B.E.L.を中心にやや子ども向けに描いているような印象ですが、
このスピンオフでは敵対するP.A.N.D.R.Aのリーダーである兵部京介にスポットを当てることで、
シリアスかつ大人の作品に仕上がっていました。
シリーズとしても全12話隙なく構成されていて、
兵部京介の過去、現在、未来にしっかりと焦点を絞った実にスピンオフらしいものでした。
兵部という男は、見た目15-6の少年でありながら、
超能力で成長と老化を止めた、実際は齢80超えのおじいちゃんです。
戦争でもっとも信頼する人間に裏切られたショックは、彼に大人になることを拒ませました。
その時点で時が止まってしまった兵部はその後の60年余りで老成してはいるのでしょうが、
基本的には心の成長も止まっているように思います。
時を止めた原因が解決しない限り彼は動くことができないし、そこから動くつもりもない。
未来を変えるべく行動しているはずなのに、
彼自身は黒く塗られた過去をひらすら見つめ続けているのです。
それは今の彼の原点であって仕方ないことなのですが、行動がOPで歌われているように、
「闇でしか裁けない原罪(つみ)がある」
に基づいているので、どこか暗くて哀しい孤独な戦いになります。
そしてそれは、時折とても子どもっぽい理屈の上に成り立っている。
にもかかわらず彼を慕いついてくる人間が数多くいて、
それどころか敵であるB.A.B.E.L.からさえ心配されているような節があるのは、
兵部を放ってはおけないと思わせる何かがあるからなのでしょうね。
兵部が心の奥底で本当に求めているものは「静かで揺るぎない愛情」だと思います。
だからこそ憎しみも強くなるし、これと認めたものへの愛情は深くなる。
それが兵部の長所でもあり、「甘さ」という弱点でもあるのだとすれば、
彼の未来にはおそらく悲劇しか残されていないのだろうと私は想像します。
それはひどく悲しいことではあるのだけれど……。
本スピンオフでは、最悪の事態から自分が守られ助けられるという状況を経て、
兵部の心はほんの少しだけ成長したように見えます。
OP歌詞の2番に、1番の「闇でしか裁けない原罪(つみ)がある」と対になるように、
「裏切りの歴史が滅びるころ 同胞(とも)よ静かに眠れ」とありますが、
兵部自身赦す気持ちには到底なれないとしても、そこへ続く道の存在を認めたように感じました。
また彼が率いる組織の名前も暗示的ですね。
P.A.N.D.R.A……パンドラの匣に最後に残されるものは何なのか。
その辺りは原作で語られていくのでしょう。

動画配信組の私は各回をそれほどリピートして見ることができないので、
これは全話をザックリと見た印象でしかありません。
本当は毎回違うOPとEDのことや個々のキャラのことなんかも語りたいんですけど、
なにしろ記憶が結構飛んでいるので(苦笑)、これから青円盤が届くたびに、
またちょっとずつ考察していけたらいいなと思っています。
こうやってあれこれ考えたくなる作品に出会えるのは幸せなことだなあ。
[ 2013/03/31 16:22 ] アニメ | TB(0) | CM(2)
我がDVDくんが自動的に録画してくれていたので
最初と最後数話ずつ拝見しました。
画像(絵柄)がとっても綺麗ですよねー!
絶チル時の少女主人公ちゃん的なノリとは異なり、
もっとアダルトな雰囲気のある画像で
最初、これホントにスピンオフなの?絶チルと繋がりあるの?と
思いましたが、途中から本家の登場人物たちも出てきて
納得しましたvv

週一確実に遊佐ヴォイスが聴ける素敵な番組でしたよね。
しかも主役なので絶対にしゃべってくれるし(笑)。
アンリミではワタシ的には悠一ヴォイスに夢中でしたけど(泣笑)。

そしてOPEDのサントラ、カラオケに入った暁には
是非ご一緒させてください!
その時には恐らく浩Cの新PVが入っているような気がするので♪
[ 2013/04/02 01:52 ] [ 編集 ]
動画組の私には画像の綺麗さがイマイチわからなかったんですが、
青円盤を観てそのあまりの美しさに驚きました。
もちろん絵柄も綺麗でしたし、動画ではわからなかった細かいエフェクトも素晴らしく、
これから毎回変わるOPを見るのが楽しみです。
本当にあらゆる面に凝ったアニメでした。


> アンリミではワタシ的には悠一ヴォイスに夢中でしたけど(泣笑)。
中村さんは確か4話と9話が活躍どころだった気がします。
性格的にかっこいいヒーロー声なので聴き惚れますよね♪

> そしてOPEDのサントラ、カラオケに入った暁には
> 是非ご一緒させてください!
わーぜひぜひ!
アルバム激リピ中なので、歌いまくりたいです。少佐♪
そして浩Cの噂のPVも拝見したい……。(笑)
[ 2013/04/05 13:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する