3Dを見よう……と思ったら。

最近3Dの映画が多くなりましたね。
対応テレビも発売されてますし、これからこの方面のコンテンツはどんどん増えるのかなと思います。
ですが。

私、3Dを見ることができません。

多分ブログでも何回かネタにしたことがあると思いますが、私は斜視です。
視力も左右でものすごく差があります。
普段はコンタクトレンズやメガネで矯正しているので両目で1.2は見えていますが、
視力検査をするとあの記号が二重にも三重にも見えます。
日常生活に不便はありませんが、基本的に片方の目しか使っていないので、
両目で物を見るという感覚がすでにつかめません。
いわゆる「寄り目」ってものもできません。
無理して両目で見ようとしても、左右のどちらかに比重が移るだけなので、
逆に焦点が合わなくなって目が回ってしまいます。
つまり、3D視聴の絶対条件である「両眼視」というやつができないのです。
もうこの状態で長年過ごしているので、
今更手術をしても余計物がブレて見えるだけだと、眼科でも言われました。

実はちょっと3D映像を見たいなと思って、3Dメガネをどうしようか考えていたんです。
そこで思い出したのが、先日友人にもらった手作りキャラメル
包み紙として使用されていた赤と青のセロファン紙をメガネに貼ればおっけー!!!
そう思ってキャラメルを舐めながら、ふと思い出したわけです。
「あれ、そういえば斜視の人って3D見えないんじゃなかったっけ……」
はい、その通り。
斜視では3Dは体験できないのでした。
2Dの状態から3Dに見えたときの「わお!」だけは、
一生体感することができないんだな-と思ったらちょっと残念。

ちなみに赤青メガネで普通に白い画面を見ると、何色に見えるんでしょうか?
混ざって紫っぽく見えるんでしょうか?
私の場合、混ざる部分はなく、赤と青のゾーンにわかれます。
わかれるといっても、赤がメインで端にぼんやり青が見えるという感じ。
これを右目に意識を集中させれば視界が青く見えます。
今、色々実験してたら目が疲れてしまいました。(苦笑
見えないものは見えないんだから仕方ないですね。

0 Comments

Leave a comment