Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

とっつぁん、メルカッツ提督、そしてユパ様。 

声優の納谷悟朗さんが亡くなられました。
納谷さんといえばルパンの銭形警部が真っ先に思い浮かぶと思いますが、
私の中では一番濃い付き合いをしたメルカッツ提督(@銀英伝)への思いが強いです。

そして、ユパ様(@ナウシカ)。

ユパは腐海の謎を追う探検者であり、腐海一の剣士として名の通った人です。
でもただの放浪の剣豪ではなく、博識で温厚で人々に慕われた人でもありました。
しかしナウシカのような力を持っていたわけではなく、ごく普通の人間です。
だからこそナウシカに師として大きな影響を与えたのだと思うし、
彼ほど「人格者」という言葉がぴたりと当てはまるキャラクターもそういないと私は感じていました。
そうしたユパという人物を作り上げる上で大きな役割を果たしたのが、
息を吹き込んでいた納谷さんでもあったと思います。
今ウィキを見て初めて知りましたけど、ユパ様って45歳だったんですか!?
えええ、60くらいだと勝手に思ってましたよ……。(汗)

それはさておき。
ルパンの銭形はお茶目でいつもルパンに出し抜かれてる印象ですが実は有能な警部。
あの豪快な叫びは、一度聞いたら一生忘れませんよね。
一方、銀英伝のメルカッツ提督は百戦錬磨で冷静沈着、声を荒げる事はありませんでした。
性格的にも経歴的にも堅苦しそうに見えますが、柔軟性も兼ね備えた人物。
どのキャラクターもとても魅力的で、それはもちろん原作の持つ魅力ではあるのですが、
そこに声が入ることでプラスαの効果が生まれていたことに異論はないと思います。
納谷さんのちょっとしゃがれた渋い声が、キャラに独特な雰囲気を与えてもいました。

最近はこういう独特な声質と特徴ある芝居をする人が少なくなった気がします。
若手はそもそも声が若いから仕方ないかもしれないけれど、
こういう職人的な声優さんもいてくれないと作品が締まらないしつまらないですから……。
もう新しい作品で納谷さんのお声を聴くことはできませんが、
過去の作品でこれからも何度も耳にすることができるのは一つの慰めです。

GyaOでは期間限定でとっつぁん神回が無料で視聴出来ますよ。





私はそうだな……ナウシカが見たいです。
納谷さんのこれまでのお仕事に感謝を込めて。(合掌)
[ 2013/03/14 01:01 ] ニュース | TB(0) | CM(4)
こんにちは。
また一人、惜しい方が亡くなってしまいました。

私的には、とっつあんはもちろんのこと、沖田艦長、そしてやはりメルカッツ提督ですね・・・

>ちょっとしゃがれた渋い声が、キャラに独特な雰囲気を与えて

どの役を演じられても、納谷さんの声・お芝居だからこそ、キャラクターが生き生きと、存在感を持っていた、そんな気がします。(晩年はお声が細くなられて、とても残念でしたが)

今でもCSやBS、そしてネットなどでも見ることができるので、私も、作品を楽しみながら、納谷さんを偲びたいと思っています。
[ 2013/03/15 00:24 ] [ 編集 ]
しゃがれた温もりのある声が魅力的な方でした。
ユパ様が、45歳設定であることを、今知りました(仰天)
(映画でユパ様のモヒカンを見たぐらいの衝撃です@45歳)

私が初めて納谷さんを知った、「宇宙戦艦ヤマト」の沖田艦長。
ご本人は70歳ぐらいを想定して演じたそうですが、
(私も当時そのくらいの年齢だと思っておりました)
演じた時、納谷さん45歳。当時から円熟の領域でした。

メルカッツ提督の味わいは、私は沖田艦長と一緒に深く感じておりました。
ヤマト世代にとっては、メルカッツ提督と沖田艦長は凄くダブるんですよ(力説)
(だからこそ、納谷さんがキャスティングされたのかも)

そして、銭形のとっつぁん。
追う銭形警部の存在ナシに、世界を駆け巡るルパンの魅力も成立しえなかったと思います。

訃報に接してから、「ルパン三世」第1シーズンを見返しました。
ルパンを演じた山田さんの訃報に接してしばらくして見た、
第23話「黄金の大勝負!」(最終回です)
改めて今回見ると、この二人(ルパンと銭形)が彼岸に渡ってしまったとは。
感慨深かったし、寂しい限りです。
[ 2013/03/17 16:16 ] [ 編集 ]
レスが遅くて申し訳ありません。

> 沖田艦長、そしてやはりメルカッツ提督ですね・・・
沖田艦長のことを記すのを忘れていました!
初めて銀英伝を見たときは、メルカッツが出てくるたびに沖田艦長だと思ってたんですが、
メルカッツ以降はとっつぁんを見てさえメルカッツ……と思うほど、
私にとってメルカッツとしての納谷さんの存在は大きかったです。


> 納谷さんの声・お芝居だからこそ、キャラクターが生き生きと、存在感を持っていた
本当にそう思います。
声によって作られる人物像というのがあって、
それがいつの間にかキャラクターそのものになってるんですよね。
こうしてみると、銀英伝の声優さんたちも鬼籍に入られた方が増えて寂しい限りです。
[ 2013/03/20 22:51 ] [ 編集 ]
レスが遅くて申し訳ありません。

> ユパ様が、45歳設定であることを、今知りました(仰天
ですよね!!!!
私もユパ様45歳にはびっくりでした。
あの風貌、あの落ち着き、どう考えても60代……。
ユパ様、ごめんなさい。(苦笑)

沖田艦長とメルカッツ提督は確かにかぶりますね。
沖田艦長のほうが熱いかな?とは思いますが、
どちらも立場としては見守る側。
納谷さんのあの声質と芝居があったからこそのキャスティングでしょうか。
……と思ったら、ルパンでは最初は五エ門だったんですか?
今↓これを読んで初めて知りました。
http://www.superdramatv.com/alacarte/seiyuu/detail3.html
想像してみると五エ門というのも納得できますが、
納谷さんだからこそあの銭形が出来上がったと思うと、
この変更は素晴らしいめぐり合わせだったとしか言いようがありませんね。
それにしても、納谷さんのインタビュー、いろいろ手厳しいです。(苦笑)
[ 2013/03/20 23:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する