祈りの日に。

3月11日が過ぎていきました。
2年前の3月11日は本当に長い長い1日で、
それからの2年は10年も経ったようでもあり、まだついこの前の事のようにも思えます。
昨日は、特番、特集、ツイッター、ブログなどでもいろいろな言葉が飛び交いました。
私も思うところがたくさんありますが、それはとても言葉にできるものではなく、
ただ曲に託して静かに過ごすことにしました。

2013年3月11日の1曲は、ガブリエル・フォーレの「小ミサ」です。
グローリアもクレドもない、10分弱の小さなミサ曲。
キリエで憐れみを、サンクトゥスで感謝を、
ベネディクトゥスで幸せを、アニュス・デイで平和を祈る。
私はキリスト教徒ではありませんが、
音楽が伝えるものは宗教を超えると思っているのでこの曲を選びました。
納得できる想いも、消化できない想いも、この曲は浄化してくれるように思います。
静かにただひたすら美しく、包み込むように響く音楽。

みんなの心が落ち着きますように。


0 Comments

Leave a comment