美容院変えてみた。

突然ですが、美容院を変えました。
今までのところに大きな不満があったわけではないですし、
担当のふみちゃんは私の髪をよく知っていてとても親切でした。
でも長く通ってるだけに安心ではあるけれど、マンネリな感じもあったんですよね。
それでふと「変えてみようかなあ」という気になりました。
新しい美容院を試すのは結構勇気がいります。
カットのセンスと技術も心配ですが、カラーの具合なんかも気になる要素の一つ。
今は便利な世の中で、目の前の箱でグーグル先生にお尋ねすれば、
そこそこの情報は得られます。
でも口コミって所詮「個人の感想デス」ですし、それが最新とも限らない。
結局自分の直感を信じて店選びをすることになるわけですが、
今回かなりの時間をかけてリサーチして、とある1軒の美容院に予約を入れました。

新規ということで最初に問診票的なものを書かされたんですが、そこに、

「当店には男性スタッフが勤務しています。
 男性スタッフによる施術はお嫌ですか?
 お嫌な場合はその理由もお書きください。」


という項目がありました。
そもそも美容院で問診票を書いたのも初めてですが、
「男性スタッフでもいいですか?」と聞かれたのも初めてでちょっとびっくり。
男性に髪を触られるのは嫌という意見はたまに聞きますが、
以前は問答無用に回されていた気がします。
こういう質問をされるのも、時代の流れなのかな?

私の場合、男性スタッフでもまったく構わないですが、
なんというか、ちょっとアーティスト気取りなスタッフさんは苦手です。
特にスタッフにランク制をしいている美容院だと値段に差があるのもあってか、
そういうタイプの方が多い気がします。
女性にはあんまり感じないんですけど、どうしてだろ?
結果的に私は男性スタイリストさんに担当していただいたんですが、
思い返してみると、私、男性に担当してもらったのって、
10数年ぶりなんじゃないかと思います。
なのでちょっとワクワクしました。(笑)
というのも、「女性目線の似合う」と「男性目線の似合う」って違うと思うんですよ。
みなさんはどうですか?
男性のスタイリストさんはNGだったりしますか?
肝心の仕上がりですが、かなり気に入ってます。
色味もすごく良かったし、何より私の聞き分けの悪い前髪がおとなしくなりました。(爆)
人柄も好感持てましたし、次はパーマかけにいってみたいなと思ってます。
私の髪はパーマがかかりにくいので、常連になるかならないかの重要ポイントになります!

0 Comments

Leave a comment