弓始神事

正月三が日をのんびり過ごしたあと、怒涛の1週間が過ぎました。
仕事が詰まって「連休? ナニソレ美味しいの?」状態でございます。
とはいえ、合間に温泉に出かけちゃったりしてるんですけどね。(苦笑
私にとっては1年とか2年ぶりの温泉だったわけですが、
やっぱり上げ膳据え膳ていいですねーーーー><
のんびりお風呂に入って、美味しいお食事いただいて、
お布団も敷いてくれるしお茶も出してくれるし。(爆)
もう何よりの贅沢でございます。

温泉に行きがてら、地元の神社に立ち寄りました。
そこで偶然にも行われていたのが「弓始神事」。

弓始神事


神職の方々による「百射の儀」と一般の方々による「奉射の儀」があり、
1年間の厄難を祓い、五穀豊穣を願う神事とのこと。
私が行ったときはすでに「百射の儀」は終わっていて、「奉射の儀」を拝見しました。
様々な年代の熟練者たちが、ひとつの的に向けて心をこめて矢を射ていきます。
ちょうど雪が積もって底冷えする日でしたが、それがまた非常に神聖な空気を作っていて、
矢の空気を切る音がなんとも心地よい。

的

弓道の稽古場は拝見したことがありますが、このような場は初めて。
心静かに自分に向き合う武道はいいものだなと、改めて思います。
願いを込めて奉納できるというのもまた、身が引き締まりますよね。
本当にたまたまの出会いでしたが、いいものを見ることができました。
今年はいいことがありそうだな~。

0 Comments

Leave a comment