Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『クラヴィコード 1』 上地優歩 著 

連載が開始されたときから読もうと思っていたコミックスです。
『クラヴィコード』というタイトルですが、天正遣欧少年使節を描いたもの。
天正遣欧少年使節というと、どうしても戦国鍋TVの「GO!天正遣欧少年使節」を思い出してしまい、
読んでいる間中、頭の中を「♪伊東はマンショ 千々石はミゲル~」という歌詞が回っていて、
どうにもコミックに集中できなくて困りました。
隣人ラブとかヴァリニャーノはゴアまでなのとか、九州のバテレンだいたい友達とか、
私をたびたびくすぐるのはやめてもらいたい。(爆
いやはや、戦国鍋TVの歌は中毒性があります。(苦笑


クラヴィコード (1) (バーズコミックス スピカコレクション)クラヴィコード (1) (バーズコミックス スピカコレクション)
(2012/10/24)
上地 優歩

商品詳細を見る


それはさておき、こちら『クラヴィコード』。
第1巻では主人公の千々石ミゲルが有馬のセミナリヨを訪ねたところ、
聖歌隊で歌っていた美少女の伊東マンショにひとめ惚れして、
一緒に歌いたい一心でセミナリヨに飛び込んでしまうあたりまでが語られてます。
あ、今、「おいっ!」とツッコみましたね?(笑
そうなんです、伊東マンショは美少女設定……ではなく、一応男の子なんですけど、
ミゲルが見間違うほどの美少女がごとき風貌で、身のこなしも話し方も少女っぽいんです。
「もしやこれはそういうほどよく腐ったお姉さま方のための作品なのか?」と焦りまして、
しかも折りこみの宣伝チラシがまさしくそれ系の作品押しな構成だったため、
ドキドキしながら読み進めましたが、なんとか大丈夫でした。(爆
周りにバラの花びらが飛んでる伊東マンショが今後どうなるのかわかりませんが、
とりあえずそういう方向の作品ではないと、安心して……いいのかな?(汗

私は天正遣欧少年使節といえば、
千々石ミゲル、伊東マンショ、原マルティノ、中浦ジュリアンの4人が、
それぞれ大村、有馬、大友の九州キリシタン大名の名代として欧州へ派遣され、
帰国後は不遇のままその人生を終えたことくらいしか知りません。
作品では彼らがセミナリヨで学び、使節に選ばれるまでが描かれるそうなんですが、
彼らが欧州に向けて出発したのって、1582年なんですよね。
1582年てそういえば武田家が滅亡した年。
そんな血なまぐさい戦いが行われている一方で、
遠く南のほうでは少年たちが聖歌を歌い、欧州へ目を向けていたんですね。
とりあえずこの作品は読み続けてみようと思います。

セミナリヨではどんな歌を歌ってるのかなあと考えてみたんですが、
年代的にパレストリーナとかの時代になりますでしょうか。
今では普通に聴いてしまうこの響き、当時何の先入観もなかった彼らには、
どんなふうに聴こえていたんでしょう。
パレストリーナの代表作「教皇マルチェルスのミサ曲」はこんな感じ。

[ 2012/11/16 23:12 ] コミックス | TB(0) | CM(2)
記事内のパレストリーナをゆっくり堪能しようと連休までとっておきました♪

くだんの漫画、扉絵の少年(ですよね?)は、
制服ではなくて小袖袴姿なのですよね?(^^;)
続きの感想記事お待ちしております。

天正遣欧使節団は、この血なまぐさい(;_;)時代の
一服の清涼剤なのですが・・・
私も、今や♪伊東はマンショ~、のメロディが浮かんで離れません(笑)

戦国鍋TVのセカンドシーズンはなんとなく終わり、
今は、TV局中法度!を放送しているみたいですが・・・@テレビ神奈川(汗)
[ 2012/11/23 14:13 ] [ 編集 ]
表紙の絵はそうです、そうです、間違いなく少年です!
リボン結ったりなんかしてますが少年です!
そして小袖に袴であっております。
なぜ伊東マンショが本当は男だけど美少女キャラなのかまだわかりませんが、
なんというか違う方向のモノを愛でる作品でないことだけを祈ってます。(爆

> 今は、TV局中法度!を放送しているみたいです
告知は見ましたが、こっちではまだやってないのかな?
すみません、チェックしてませんで。(汗
どんなテイストなのかはちょっと見てみたいです。
[ 2012/11/26 00:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。