Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

大山捨松 ~歴史秘話ヒストリア~ 

歴史秘話ヒストリア
わたしやっぱり結婚する~明治のトップレディー大山捨松の悩み


久しぶりにヒストリアを見てみました。
来年の大河の主人公が新島八重と発表になったとき、
「なんで捨松じゃないんだろう」とあちこちで疑問を投げかけてきましたが、
ヒストリアを見てもやっぱり「なんで捨松じゃないんだろう」という思いが残りました。(苦笑
復興支援ということなので、会津を描こうとするとどうしても戊辰戦争になるんでしょうが、
それをメインに持ってくると捨松ちゃんは8歳だし、
その後10年もアメリカに行っちゃってるし、いろいろムリってことなんでしょうかねえ。
さてさて、今回のタイトルが「わたしやっぱり結婚する」
これをタイトルにチョイスするあたり、
ヒストリアの立ち位置のブレなささに脱帽するほどなんですけど、
そのつもりで見てみたら、すごーく物足りなかったのはどういうわけでしょう。
全体にこう、さらーっと終わったところが、逆にヒストリアテイストだったのかな。(苦笑
幕末スキーさんには結構ツッコミどころもたくさんだったのでは?

ただ思うのは、やはり己の道を邁進する人は強いなということです。
捨松にしろ津田梅子にしろ、どちらも一筋縄ではいかない人生の中で、
自分のやるべきことを見つけ、信じて疑わずに進んでいく勇気を持っているからこそ、
波乱万丈とはいえ豊かな人生を送ることができたのだと思います。
もちろん彼女たちがアメリカで成長したというのも、
明治期を生き抜くのに大きく影響を与えたでしょうし、
まただからこそ乗り越えられたと言えるとも思います。
捨松にとっては彼女を支えた夫、大山巌の存在もあるでしょうし、
そのほかたくさんの人の助力もあったことでしょう。
何かをやり遂げようという強力なエネルギーを発揮する人には、
それに反応した人たちがおのずと引き寄せられてくるように思います。
そしていつの間にか歯車が回っている。
そう考えると、自分が何かをやりたくても上手く事が運ばないってときは、
もっと能動的にならなくちゃいけないのかもしれません。

為せば成る
為さねば成らぬ 
何事も
成らぬは人の
為さぬなりけり


久しぶりに上杉鷹山のこの言葉を思い出しました。
まさか今回のヒストリアで自省することになろうとは!
[ 2012/09/29 02:14 ] ドラマ・その他 | TB(0) | CM(2)
毎年今ごろになると、
来年こそは!大河ドラマをみます!って宣言し
関連本を読みまくるスナですが、ナカナカ続かず

しかし、ホント来年こそは、大河を1年見ようと思ってます(本気!


昨年春に、13年度は福島(会津)を舞台にしたドラマと知り
今回も、藤本ひとみさんお「幕末銃姫伝」を読み
最近新書で、福本武久さんの「新島八重 おんなの戦い」を読了

ドラマでどこまで描くかはわかりませんが、
新島八重さんになってからの八重さんの人生も描いてほしいです
[ 2012/10/02 12:56 ] [ 編集 ]
お返事が遅くなりまして申し訳ありません。

大河はやはり長丁場なので、視聴者もかなりのモチベーションがないと続かないですよね。
そういう意味では引き付ける魅力ある主役、脇役、脚本、音楽……って全部か(爆)、
これらが必要だと思うんですが、どうもうまくかみ合わないようで。

>今回も、藤本ひとみさんの「幕末銃姫伝」
私もこれは読みました。
かなりフィクションが入ってるようで、幕末スキーには不評のようですが、
藤本さんらしい作品ではあったかなと思いました。

大河は八重を新島襄の妻として紹介してましたから、
ちゃんと新島八重になって以降も描かれると思います。
でも復興大河と銘打っているだけに会津がメインであることは確かでしょうし、
そうなると京都時代はあまり長く描かれないのかもしれないですね。
そのあたりの構成がどうなってくるか、脚本の山本さんは時代劇も書かれてますから、
少し期待したいところですが、とりあえず5話くらいは様子見かな~?
[ 2012/10/16 23:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する