Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

夏雪ランデブー 

木曜フジのアニメ、ノイタミナ枠がいつの間にか我が県で復活してました。
ということで、実は今、これを一番楽しみに見ています。

【夏雪ランデブー】


夏雪ランデブー 第1巻 初回限定生産版【DVD】夏雪ランデブー 第1巻 初回限定生産版【DVD】
(2012/10/19)
中村悠一、大原さやか 他

商品詳細を見る


登場人物はたったの3人。
花屋の店長・六花と、バイトの青年・葉月、そして六花の死んだ夫の幽霊・島尾。
これにたまに島尾の姉・ミホが加わります。
六花、葉月、島尾の3人の三角関係を描いていると言うと実に単純なストーリーに思えるけれど、
実は一筋縄ではいかない展開なんですよ。
葉月は六花に一目惚れして、花屋にバイトにやって来る。
ところが六花は年上で未亡人。
葉月の入り込む余地はあるようでないようで……。
一方、六花は死んだ夫を全然忘れられないでいる。
けれど若い葉月に言い寄られて、それを完全には拒否できない自分に戸惑っている。
さらに、死んだのに最愛の妻のもとを離れられず、浮遊したままの島尾。
妻を守りたくても実体がないためどうにもできず、ジレンマに陥っているところへ、
葉月が現れて動揺して……。
今現在6話まで見ましたが、感想はこの一言に尽きます。

「愛は罪だ」

誰かを好きだという感情が、これほどにまで互いを傷つけあうものだとは。
だからといって暗い話ではありません。
幽霊という非日常的なものが存在していることで、
ちょっとしたコメディも盛り込まれています。
でもそれが、クスリとさせながらも全部切なくて痛い。
つまりこの作品の肝は、幽霊島尾の存在です。

幽霊の島尾が葉月の身体を乗っ取って妻・六花に相対するんですが、
外見は葉月なので、当然六花は葉月だと思って話を進めます。
島尾が六花に「愛している」という思いを伝えれば伝えるほど、
その思いは葉月のそれとなって六花へ伝わってしまうため、
葉月を好きになり始めている六花の態度が、島尾をどんどん傷つけていきます。
本当は元夫として優勢に立っていたはずなのに。
六花も六花で、男をその気にさせる言葉をいくつも口にします。
彼女に悪気はなくて、ただただ亡き夫の温もりを懐かしんでいるだけなんですが、
それが葉月だけでなく、幽霊となった夫・島尾すら傷つけていく……。
女って結構怖いな……と、女のワタシが感じてしまいました。(苦笑

このアニメは、通常のアフレコ収録ではなく、
最初に声を撮ってしまうプレスコ形式で作っています。
それが功を奏していると言っていいのかどうか、
アニメだけどアニメっぽくなくて、一瞬実写ドラマを見ているような感覚になります。
それもとても上質の。
声優さんたちのコメントを読むと、
ちょっとした息づかいやアドリブにも絵をつけてくれているとのことなので、
そこからも、多くが声優さんたちのお芝居にかかっていることが伺えます。
原作も試し読みしてみましたが、空気感がバッチリ再現されているように感じました。
あと5回で終わってしまうみたいですが、本当に最後はどうなるんだろう。
特に六花と島尾に振り回されている葉月の思いはどうなるのか、一番気になります。
結末は予想を裏切ってほしいところですが。


それにしても、葉月と島尾の中の人が、
グリズリーさんとパンダくん(@しろくまカフェ)の中の人と同じだということが、
未だに「どう考えてもおかしい」と思ってしまうカタリーナでした。
あれ? 今期アニメしか見てないわ。(汗
[ 2012/08/18 03:39 ] ドラマ・その他 | TB(0) | CM(6)
の、アタリ役と思ってみてました
て、まだ1話しか~
スミマセン

夏休みが終わったら、必ずや制覇致します(^_-)★

そういえば…
話がそれて申し訳ないのですが
ジョジョ第一部、ディオの声が子安武人さんで
ちょっと嬉しい(笑)

あの連載当時、私は高校生でした♪
[ 2012/08/19 20:03 ] [ 編集 ]
夏雪~は中村さんということで見始めたんですが、
これが思いのほか面白くて、かなりハマってます。
福山さんは本当に声が聞き分けられません。
七色ヴォイスと言えば山寺さんや石田さんですが、福山さんもじゃないですか?
Eテレの「キングダム」で若き始皇帝もやっておられますが、
これが一番福山さんと認識しやすい声かも。
今現在、パンダくんの破壊力に勝るものはありません。(笑


> ジョジョ第一部、ディオの声が子安武人さんで

あ、ニュース読んでましたよー!
私は大塚さんや若本さんが出ていたOVAしか知らなくて、
それもちゃんと見たことがないので、
これを機にちょっと見てみようかなーと思ってました。
秋アニメも面白そうなものがいくつかあってチェックしてます。
最近、ドラマよりアニメのほうが当たりが多いような気がしなくもありません。(汗
[ 2012/08/20 01:04 ] [ 編集 ]
>最近、ドラマよりアニメのほうが
>当たりが多いような気がしなくもありません。(汗

そうなんですよ・・・
私もそう思います
向井君のドラマも、3話目までみたら、なんかいまひとつ
ちょっと古くないかなあ、あの話の持って行き方は

エウレカAOも、脚本が、前(2003年版)のハガレンの方で
架空の世界ながら「今」のグローバルな世界の空気が
反映されている気がしてなりません
主人公に眼が離せないと同時に
これからの「日本」についても考えさせられます


個人的には春ドラマの「リーガル・ハイ」
昨日最終回を見終わりましたが
おおいにオススメです!
以前夫婦でチェックしてはまったドラマと同じ脚本家
で、またもやはまりました。

そのうち外事警察もチェックしかねない勢い
(チャンネル権が子供にある限り
 なかなか時間が取れないんですが・・・爆)

三谷さんに、以前の輝きが戻ればいいんだけど。

「リーガル・ハイ」はパロディがとかく評判でしたが
三谷ふぁんにも嬉しいツッコミどころが満載だったりします(誤)


パンダ君
是非、チェックいたします♪
(キングダムは石田さんが大活躍だったような・・・←チラ見しました)
[ 2012/08/20 14:15 ] [ 編集 ]
共感していただけてうれしいです。
冬も春もでしたが、続けて見たいと思うドラマがないんですよ。
「リーガル・ハイ」は1話を逃してしまって、それで見なかったんですが、
回を追うごとに評判がよくなっていったので、惜しいことをしました。
いずれレンタルででも、と思ってます。

向井くんのドラマは面白そうだと思ったんですが、忙しくて録画予約に手が回らず……。
秦さん脚本の作品はわりと見ているのですが、そうですか、古い展開ですか。
漫画のドラマ化も数あるわりにパッとしませんが、
そのわりにアニメは原作有る無しに関わらず、
ひっそりと(笑)ヒット作が出ている印象です。
といってもうちの県はアニメ不毛地帯なので、
見られる作品が非常に限られているのですが。
[ 2012/08/22 23:40 ] [ 編集 ]
遅ればせながら参戦させて頂きます!

…とはいえ、まだ観ていないのですが(涙)。
島尾cvじゅんじゅんが葉月cv悠一に入り込んでしまった後の
じゅんじゅんっぽい悠一の声が聴きたくて堪りません!
これぞプロ声優!と言えるほど随所でも絶賛されているようだし、
ストーリーもかなり切ない感じなので
最終回まで見逃せませんね☆
ワタシは…9月になったら一気にガン見(ガン聴き?)しようと
思っておりますvv
[ 2012/08/28 23:05 ] [ 編集 ]
レスが遅くなり申し訳ありません。

ようこそランデブーへ!(笑
いつでもお待ちしておりますことよ♪
私的に普段は総スルーな恋愛モノですが、これはなかなか秀逸な作品です。
切なさもありますが、大人のずるさがポイントでもあったり。
じゅんじゅんな悠一、なかなか魅力的ですよー。
そしてこの作品のじゅんじゅんは、私、結構好きです。
作品としてもとても素敵な仕上がりだと思うので、ぜひご覧くださいねー!
[ 2012/09/04 02:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する