メルカッツはどこ!?

またこのネタかって感じですが(苦笑)、やはり書かずにいられない。

宝塚版「銀英伝」の配役が出ました。→★★★

制作発表の記事などを読みますと、話はやはり原作2巻前後までとのことですが、
原作2巻までっていうと正確にどのあたりまでだったのかもはや記憶の彼方でございます。
2巻といったらもうアレしか思い浮かびませんのでねえ。(苦笑
そんなおぼろげな記憶をたどりつつ、配役表を拝見してまず思ったのが。

メルカッツがいねえ!

ムーア中将(公式では中尉になってますが中将では?)がいてラップがいるわけだから、
当然アスターテはやるわけですよね。
そして物語のクライマックスであろうリップシュタットも当然やるわけですよね。
それでメルカッツがいないとはこれいかに。
その他大勢扱いなのかなあ。

次に思ったのが。

シェーンコップがいねえ!

同時に思ったのが。

キャゼルヌもいねえ!

このことから、イゼルローン攻略はスルーされるのだと理解しました。

そのとき目に入ったのが。

ルビンスキーがいる!
しかもドミニク付きとか!


一瞬話広げ過ぎじゃ……?と思ったのですが、そうでもないのかも。
帝国と同盟を客観視できるのはフェザーンだけですから、
状況を的確に解説するにはルビンスキーを使うのがいいかもしれないですね。

原作では名前のみって感じだった皇帝の孫やら貴族の娘たちがわらわらと出ていますので、
かなり突っ込んで後宮問題~門閥貴族の争いをやるのでしょう。
@TAKARAZUKAらしく。
そうなると同盟はどの程度絡んでくるのかなあ?
クーデターを描くにはフレデリカパパがいないしな。
ジェシカとヨブ(←)がいるところを見ると、アスターテ後が見せどころ?

私としては、双璧が飲んで語って、最後にかっこよく国璽を奪ってくれるのを期待してまーす!

2 Comments

はぎお  

こんにちは。
メルカッツ、言われるまで忘れてました^m^
門閥貴族との争いに参加してましたよね?!

主要キャストが決まった時、ヤンが語り部として登場し、自由惑星同盟は出さないのかと思ってましたが、ラップやらジェシカやら、出てくるんですよねぇ…
そしたらシェーンコップやキャゼルヌ、私の大好きな中年のおじさんたちも登場してしかるべきなんだけど…いや、敢えて出てくれない方が、夢が壊れないかも?!

トリューニヒト、結構な若手です。どういう人物像になるのか?!

いや~妄想が膨らみ過ぎて、開演まで待ちきれそうにないです(^^ゞ

2012/07/25 (Wed) 21:30 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■はぎおさん

軍関係で中年と言われる世代はキャスティングされてないですよね。
メルカッツはアスターテでもリップシュタットでもいいポジションにいるので、
いたほうが面白いんじゃないかなと思うんですよ。
でも今の段階でキャスティングされていないということは出てもその他大勢ですよね。
アムリッツァや同盟のクーデターを描くにしてもやはり重要中年層がいない。
やはり宮廷内の話が中心で、フェザーンや同盟は第三者の目かもしれないです。
艦隊戦をやらないとは思いませんけれども。

> いや、敢えて出てくれない方が、夢が壊れないかも?!

そうですね、銀英伝の中年の魅力はまた別ですから、
宝塚であえて見なくても?(笑

2012/07/27 (Fri) 00:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment