Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

薄桜記 

昨日は「女信長」の発表、今日は来年の大河「八重の桜」の二次キャスト発表と、
時代劇ファンには何かと気になる情報が流れております。
年末にフジで放映される「女信長」は、前に黒木メイサちゃんが舞台でやったものですね。
あのときは信長がメイサちゃんで、光秀はアッキー中川晃教くんでした。
アッキーはもともとシンガーソングライターなのに、すっかり舞台の人になっちゃったなあ。
年末のフジTV版は信長に天海祐希さん。
天海さんのヒゲは宝塚時代にも拝見しているので違和感なし。
しかし考えたら、戦国時代に付け髭が?という素朴な疑問が。(苦笑
こちらの光秀はうっちー内野聖陽さん。
原作小説は読んでませんが、パロディとして楽しめるといいんですが。
玉山くんは三郎くん(景虎)に始まって、内匠頭、浅井長政と悲劇の人専科になりつつありますね。

そして「八重の桜」は……板垣退助が加藤雅也とかテライケメン!
岩倉具視に小堺さんというのは言われてみるとなるほどという気もしますね。
それにしても貫地谷しほりちゃんの大河登板率はすごいですねー。
風林火山から6年で3回もですもんね。

前置きはさておき、BS時代劇の「薄桜記」を拝見。
事前の番宣で、主演の山本耕史くんが過去に演じた土方と磐音と、
今回の典膳との殺陣の違いを見せていたのがとても興味深く、
剣に施した仕掛けなんかも暴露してくれてなかなか美味しかったのですが、
初回は稽古シーンはありましたが、そうした美味しい剣さばきはお預け。
時代物の導入としてはよくあるパターンで安心の展開(?)ではあるのですが、
映像と内容がいまひとつ噛み合っていないように感じました。
ぶっちゃけていうと、映像は新しくてテンポ感も悪くないんだけど、
何となくセリフがちょっと古いのかなーという。
時代劇だから言葉遣いなどそう変わらぬものと思っていたのですが、
日本語が月日とともにどんどん変化していくように、
やはり時代劇的なセリフでも、時代のテンポというのがあるのかもしれません。
原作小説は1950年代末に新聞連載で人気を博していたようで、
剣豪小説としては今後の展開に期待が持てます。
それに忠臣蔵といったら上杉家。
冒頭で上杉家の上屋敷が出ただけでテンションがUPしました。(笑
しかもちゃんと上杉綱憲が出てましたし。
ヒロイン千春の実家長尾家は、上杉家の江戸家老ということになっていますが、
景勝公の長尾家つながりの設定なのかなーなんて妄想してみたりしてました。
つかみはそう悪くなかったので、とりあえず続きを見守ります。
[ 2012/07/19 23:31 ] 時代劇 | TB(0) | CM(2)
なるほど・・・
理解できる気がします
あまりにオーソドックスだとむしろ違和感が沸くのか

ただ、今年の大河にしても、黄門さまにしても
ちょっと時代に迎合しすぎてる気がして
それが視聴率とかみ合ってるのかいないのか
あるいみ、オーソドックスと現代(表現が微妙だが)
2極化しているのかもですね。
2010年代の時代劇は

あと・・・
これも今年の大河をチラッと見ていて思ったのですが
かつての映画俳優と呼べる方々が姿を消しているような?
あべかん、じゃない、あべサダオにしても
松ケンにしても、頑張ってるんだけど、現代臭がプンプンするんだけど
それがかつての銀幕を背負った俳優のような
迫力がないことに由来するような気がするんですよね。。。


あべ寛さんは不思議と何をされても迫力ありますが(笑)
(たいがだろーと、えいがだろーと)

映像を作る側としたら色々難しい時代なのかもです
平成20年代というのは。

(個人的には・・・
 向井理くんの演劇がちょっと面白いかもと
 演出があの御仁なのが微妙ですが
 脚本が大森さん。

 向井君のドラマも、ちょっと期待してます

  おのまっちーもでとりますでよぉぉぉ
   ↑むしろ、目当てはこちらか?)
[ 2012/07/20 16:19 ] [ 編集 ]
> 現代臭がプンプンするんだけど
> それがかつての銀幕を背負った俳優のような
> 迫力がないことに由来するような気がする

私が感じたのもそれと同じことなんだと思います。
ジェームス三木さんの書く芝居は、
セリフを言う速さやトーン、あるいは動きなどが、
今の若い俳優さんたちにははまらないのかもしれません。
いわゆる大芝居でこそ生きるような気がします。
時代劇というジャンルは本当に難しいのでしょうね。
たとえ芝居ができるとしても、その人の持つ雰囲気が時代物に合わない場合もありますし。
例えば前の「新選組血風録」での永井くんも、芝居そのものは悪くありませんでしたが、
「どう見てもシティボーイ」という感想には同感でした。
時代劇枠が激減して時代劇ができる俳優さんが減っているだけに、
大河やBS時代劇枠は育成枠にならざるを得ないのかもしれませんね。


>  向井君のドラマも、ちょっと期待してます
これすごく見たかったんですよ。
でも気づいたときにはすでにスタートしておりました……残念。
たった1話でも、初回を逃すと見る気がうせてしまうのです。(汗
[ 2012/07/23 02:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する