Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

毎年のお楽しみ 

来ましたよ、来年の大河「八重の桜」キャストがー!
公式HPも立ち上がってました。
題字は赤松陽構造さん。
「折れない枝」がテーマのようで、一見細くて脆そうなのに、芯の強さが滲み出ている文字ですね。

さて、第一次キャスト発表は会津のみなさまに絞られたようです。


新島八重・・・綾瀬はるか
山本覚馬(八重の兄)・・・西島秀俊
川崎尚之助(八重の最初の夫)・・・長谷川博己
西郷頼母・・・西田敏行
日向ユキ(八重の幼なじみ)・・・剛力彩芽
中野竹子・・・黒木メイサ
山本権八(八重の父)・・・松重豊
山本佐久(八重の母)・・・風吹ジュン
山本うら(覚馬の妻)・・・長谷川京子
山本三郎(八重の弟)・・・工藤阿須加
松平容保・・・綾野剛
山川大蔵・・・玉山鉄二
梶原平馬・・・池内博之
神保修理・・・斎藤工
照姫・・・稲森いずみ
佐川官兵衛・・・中村獅童
秋月悌次郎・・・北村有起哉



私が最初に目をつけたのは山川大蔵=玉山鉄二でした。
こりゃもう恋愛フラグ立ったな!と直感的に思いましたですよ。(笑
公式HPを確認したところ……。
『淡い初恋の相手として八重を意識するようになる。』
ああ、やっぱりなあ。
昨年藤本ひとみさんの小説を読んだときに他の方の感想をいくつか拝見したんですが、
そこでも描かれていたオリジナル(ですよね?)恋愛エピは、
幕末スキーのみなさまにはあまり歓迎されていないようでした。
もっとも藤本さんの作品では八重のほうが山川大蔵に恋心を抱いて、
会津戦争に入る前にもらった和歌をずっと大事にしていたという展開だったので、
大河では逆の関係になりますが果たしてどのような効果が生まれるでしょうか。
梶原平馬=池内博之、秋月悌次郎=北村有起哉あたりは「そう来たか!」という嬉しい人選で、
照姫=稲森いずみも会津の籠城戦が目に浮かぶようです。
……そうなんです。
今回のキャスト、私的にはすごくイメージしやすいんですよ、どの役者さんも。
「天地人」の内藤Pらしく、美男美女をそろえての民放っぽい配役なんですが、
今から扮装とか芝居がなんとなーく想像できてしまうのは、いいのか悪いのか。
しいて言えば松平容保=綾野剛が一番意外でしたね。
綾野くんは来そうだとは思っていましたが、まさか容保様とは。
カーネーションの周防さんのイメージがばっちり残っている今は、
殿の姿がちょっと思い浮かびません。
西田敏行さんが、
「登場人物は全国的には知られていないというが、
会津ではみなさんの役は有名な方々ばかりですので、自信を持ってください」
とコメントされていたのが印象的ですが、
幕末の知識がうっすらな自分がなぜこの会津関連を知っているかといえば、
それはもう小学校の修学旅行で会津へ行くために勉強させられたからですよ。(爆
今思えば修学旅行ありがとう!です。(笑
で、肝心の新島襄はおあずけ。
白虎隊や新選組関連も次回以降に持ち越し。
大河は毎年このキャスト発表までが最もわくわくするときです。
そのわくわくが本編ラストまで続くのが理想なんですけどねー。
[ 2012/05/30 22:40 ] 大河ドラマ | TB(0) | CM(8)
れ、恋愛フラグ…!(愕然)
…そうか。
玉鉄相手だと、そーゆー展開になる要素がアリだということなのか。
すっかり失念しておりました。
てゆーか、普通にありえないだろー!みたいな。
いや。八重さんは恰幅の良い肝っ玉かあちゃんみたいな方だったと認識しており、
それはそれで男心をくすぐる要素はあるのかもしれませぬ。
まあ史実とは異なり、タイガの場合ははるかちゃんだし、
玉鉄とならば美男美女。そーゆー展開も入れつつ…の方が
面白いストーリーが生まれるのかもしれませぬ。

だがしかし!
ワタシは認めんぞ!(コラコラ)
それじゃあどこぞのてんちじーんと同じ展開になりそうじゃないか。
余計なところに時間と¥と手間を費やし、
肝心なところはピンスポットで終わり…みたいな。
頼むから幕末モノで幻滅だけはさせないで欲しい、と願ってやみません(泣笑)。
[ 2012/05/31 01:18 ] [ 編集 ]
そういえば、「必殺仕事人2012」感想記事をアップ仕損ねたな・・・と、思い起こしました。
ゴーリキーによって(^^;)

思っていた以上に、会津藩ブレーン陣営が充実していて、
一瞬「おっ!」と身を乗り出しかけたのですが、
内藤Pだと、悪い方へ悪い方への予見が払拭出来ない(泣)
というか、妄想だけは、最悪パターンしか浮かばない(悲観論者)

毎年、この時期は、とっても楽しいのに、
2月、3月で、テンション落ちまくるという、この風物詩を何とかしてほしいのですけどね(笑)

ある意味、第1回で、テンションがマリアナ海溝となった去年もまた香ばしい思い出ですが。

そういえば、下記事で、名前を出した、勝地涼さんも、内藤Pと仕事をしていたっけ。
そのドラマ、内藤Pの仕事ということで、見ていませんが(爆)

次回のキャスト発表で、佐久間象山とか、西郷隆盛とか、
いわゆる「一般的な幕末・明治の有名人」陣を発表し、
そのあとで、襄の発表かな?

で、内藤Pといえば、長谷堂城の戦いスルーが有名ですが、
来年は・・・何がスルーされるのでしょう?(滝汗)

再来年のお題発表方が、今の楽しみかも。。。
いや、ある意味、襄を内藤Pが誰を連れてくるかも興味津々ですけど。
[ 2012/05/31 22:56 ] [ 編集 ]
確かにキャストは豪華で魅力的です
個人的には、西田さんの西郷頼母が「いい!」と思いました

多くは語りませんが(「じゃ、コメントするな!」と自分で自分を突っ込んでみる@をい)
きっとPが変わらない限り、華麗にスルーすると思います

あ、皆様の感想で万が一「面白い!」と書かれていたら、その時点から視聴すると思います(苦笑)
[ 2012/06/01 22:18 ] [ 編集 ]
> 八重さんは恰幅の良い肝っ玉かあちゃんみたいな方だったと認識
それをはるかちゃんが演じるわけですので、
これはもうブッキー兼続の方向に動きつつあるのではないかと。(汗
健気に頑張る義を尊ぶ女の子をアピールといいますか。
玉鉄な時点で、ワタクシ「キターーーーーーーー!」と思いましたよ。
こりゃガチで恋愛モードだなと。(苦笑
ナントカジンのときも、景勝くんがお船ちゃんをスキ♪とかいう妙な設定から、
浮気女に通い妻まで現れましたから、何かやらかさないことを祈ります。

> 頼むから幕末モノで幻滅だけはさせないで欲しい、と願ってやみません(泣笑)。
や、ナントカジンで屍と化した上杉軍も、
ただひたすら同じように願うばかりにございます。
[ 2012/06/01 23:34 ] [ 編集 ]
キャスト発表が一番楽しいですよね。
自分のイメージと比較したり自由に妄想を楽しんだりできますし。
今回のキャストを見て、ものすごく芝居や扮装が想像できてしまうと思ったんですが、
どうもそれはナントカジンで刷り込まれたP譲りの映像だとさっき気が付きました。(愕
襄に誰が来るかで、また2人の関係もどう描かれるか透けて見えてきそうですね。

勝地くんが出たドラマ、私見ましたよ。
Pもやる気になればやるんだぞってことはないだろうか、と思いまして。
でも玉鉄がひたすらカッコよく写されていたことしか記憶がーーー。(爆

一応大まかなキャストイメージは出来上がったので、
私も再来年の大河のほうが気になります!
お年ではありますが、ジェームズ三木とか帰ってこないかしら。
[ 2012/06/01 23:43 ] [ 編集 ]
思い返せば、4年前のキャスト発表時点では、私たちも盛り上がりましたよね。
そして思い知らされたPと脚本の力……。
今回は脚本家が全く違う系統の方なので、
この方の力量に頼むばかりでございます。
[ 2012/06/01 23:49 ] [ 編集 ]
再びこんにちは。
大河ドラマ…最近あまり熱心に見てないのですが、いま注目・旬の役者さんが出演されるので、キャスト発表だけは楽しみにしています♪
若手だけでなく、演劇界・歌舞伎界の演者の怪演?!も楽しみでして(^^ゞ

確かに来年の舞台は馴染みがない…と思っていたのですが、今から30年近く前の日テレ「白虎隊」で見覚えのある登場人物がたくさんいました。
西郷頼母(里見浩太朗)、松平容保(風間杜夫)、神保修理(国広富之)…覚えてるのはそれくらいかしら(^_^;)でも、そう思うと見たくなります。(こちらももう一度見たいですが)

来年のキャストも面白そうです。みなさん、一癖も二癖もありそうで。そうそう、新撰組も楽しみですね(^_-)
[ 2012/06/02 20:52 ] [ 編集 ]
大河のキャスト発表はやはり楽しみですよね。
役者さんと歴史上の人物をどう組み合わせるのか、
いろいろと妄想も膨らませられるので。
「こうきたか!」的な意外なキャスティングにも注目ですが、
毎年あるアイドル枠お笑い枠も、化ける可能性があるので見逃せなかったりします。

> 今から30年近く前の日テレ「白虎隊」
私も見てました!
堀内孝雄のEDのカセットテープ(!)を買ったくらいハマりましたよ。
今は亡きスーちゃんが八重をやっていたり、近藤正臣さんが土方歳三だったり、
風間杜夫さんの容保様も覚えてます。
あと当時の若手路線枠(笑)で坂上忍さんが白虎隊士の美味しい役をやってましたねー。
来年までに、私も一度見返してみたいです。
[ 2012/06/05 00:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する