城落とし!

5月25日付けの中日新聞に、こんなニュースがありました。

◆浜松・城北小で「お城」のお披露目会
同校運動会の城落としは、
五年生が徳川家康軍と武田信玄軍に分かれて城を構えて騎馬を組み、
相手の城に玉(布製)を投げる。
城壁が落ちると中から白煙が上がる仕掛けで毎年、会場は大きく盛り上がる。



これ、ものすごく面白そうなんですけど!
騎馬戦は騎馬戦でも、城攻めまでしちゃうんですね。
中身は玉入れのようなので、玉=弾をたくさん撃ち込んだ方が勝ちということでしょうが、
相手の大将を倒すとポイントアップとかあるんでしょうか。
騎馬戦で玉入れって、帽子を取ったり騎馬を壊したりするより難しそうですよねー。

両軍はそれぞれ浜松城と二俣城を擁するそうですが、
それが老朽化したために今年新しく築城し直したそう。
高さ2.6メートル、縦横1.1メートルの城を、校務員さんが1人で自宅で作られたそうですよ。
5か月かかったそうですが、なんと石垣まであるそうで。
ああー、ロマンを感じるわー。(笑
こんなのが運動会にあったら萌え上がらずにいられないですよね。
普通に観戦に行きたい。(笑

2 Comments

リューザキ弾正  

観戦せずに・・・

浜松市に友人がおりますが、運動会は、やはり武田軍・徳川軍に分かれるそうです。
実に、萌えるなぁ~

行ったら、「義によって武田軍に御味方いたーす!」と参戦しそう(笑)

2012/05/30 (Wed) 09:12 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■リューザキ弾正さん

赤白ではなく、武田と徳川なんですか。
もうそれだけで萌えますね、いえ燃えますね!
しかし、好きな武将と反対の陣営に振り分けられた時の、
テンションの下がりっぷりやいかに。(苦笑

2012/05/30 (Wed) 23:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment