「限界集落株式会社」  黒野伸一 著

限界集落株式会社限界集落株式会社
(2011/11/25)
黒野 伸一

商品詳細を見る



ものすごく久しぶりに現代モノの小説を読んだ気がします。
本屋で平積みされているのをチラ読みして、面白そうだったので図書館で借りてみました。
話題作なんでしょうか、随分予約待ちしましたよ~。

人口の半数が65歳以上という限界集落。
主たる産業は農業で、取り立てて特徴のない村。
郵便局が消え、診療所が消え、路線バスが消え、行政から見放されようとしている村。
そんな村の立て直しに、エリート銀行マンだった主人公が立ち上がります。
都会の若者と村の老人の対決というありきたりな話ではなく、
むしろ村を黒字経営するためにはどうすればいいかというような、
いわゆる起業ノウハウが中心です。
かといって硬い話ではなく、かなりシンプルでライトに書いてあるので読みやすい。
「ハゲタカ」のような経済小説を求めると肩透かしを食らうと思いますが、
ライトでありながらそこそこ専門的でもあるという点が、一般読者には受け入れやすいのではないかと。
そんなわけで村の起業という点では話がとんとん拍子に進みすぎるきらいがありますが、
じゃあこの作品でディープな衝突やら障害やらが起こってほしいかというと、
それもまた似合わないなーという雰囲気なんですよね。
とにかく村のお年寄りたちが生き生きしていて、とてもリアルなところがいい。
こういうばあちゃんいるなーと、この村を自然と応援したくなります。
最後はすべて落ちるところに落ちたなという感じで大団円になりますが、
これはこれでいいのかなと感じました。
限界集落と農業にちょっと興味がある人には、面白く読めるかと思います。
個性的な登場人物ばかりでキャラ勝ちみたいなところもありますし、
テーマも悪くないのでいつかドラマになるんじゃないかな?

0 Comments

Leave a comment