Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

もしも平安時代にツイッターがあったら。 

大河「清盛」も次回いよいよ悪左府登場ということで、結構盛り上がってるみたいですね。
ざっと見てみましても、副長(@新選組!)ネタの多いこと!
もう第8回ということで、「待たせたな!」的な言葉で期待を寄せる文章を、
あちらこちらで拝見いたしました。(笑
中でも秀逸だなと思ったのが、ツイッターにあったこちら。

mona_mona2様のつぶやきより

ツイートをそのまま埋め込みたかったんですが、どうもこのブログだと上手く表示されず。
一応発信元のURLはこちらでございます。

見つけた瞬間爆笑してしまいましたが、予告見てませんけどそんな感じなんでしょうか。(笑
何、ガサ入れなの???(爆
公式HPの画像になぜか戦々恐々しているワタクシですが、
実はようやく3話まで消化した次第でございます。
うーん、日曜日までにあと4話、消化できるんかいな。(汗

さて、そんなふうにツイッターもブログも賑わっておりますけれども。
つい先日「戦国武将がもしブログを持っていたら」という朗読劇がありました。
拙ブログでも昨年告知の段階で記事にしていたのですが、
このたび、とうとうこういうものが発売されましたよ!

つぶやき平家物語
つぶやき平家物語―140字でわかる平清盛と源平合戦

最近ここのブログ、Amazonの商品検索ができなくなっていて不便です。
それはさておき、この「つぶやき平家物語」ですが、ページを開くとモロ、ツイッター画面です。
平氏の台頭から建礼門院の死までが書かれていますが、
一応左側には簡単な解説、そして右側にツイッターのTLという形式。
ディープな平安スキーなみなさんには当然物足りないと思いますが、
私のようなザーックリした流れしかわかっていない人間には、入門+αって感じで手に取りやすい。
ただこれ、やはりザーックリした流れを知っていることと、
ツイッターに慣れていることが楽しめる条件なところが、一般書としてはマイナス点かなー。
この両方を満たしていないと、オアソビ部分のTLがあんまり楽しめないと思います。
全部読んでませんが、頼朝のキャラが結構D●Nなのはいいのか?(苦笑
例えば箱根山中に潜伏しているときも、梶原景時に見つかりそうになって、

yoritomo 源頼朝
もうだめだもうだめだもうだめだ政子と大姫ごめん俺はもうしんでいる



とかつぶやいてるんですよ。
しかもこのときのトレンドが多分 #踊る頼朝捜査線 になってる。(爆
さらには、平氏を追い詰めた頼朝、思わず書いちゃったつぶやきを、
政子からたしなめられて謝ってるし。(笑

yoritomo 源頼朝
は、はい、すみません RT @masako あなた、もういい加減源氏の棟梁らしく、
こういうみっともないつぶやきはやめてください。
恥を知ってください RT @yoritomo 【糸冬】平氏終了のお知らせ (∩´∀`)∩ ワーイ



しかも頼朝、腰越状のとき、義経のツイッターブロックしてるしなー。(爆
まあ義経のキャラもアレなんですけどね。
だけど誰も鍵付きツイッターではないので、
どこで何をしてるか全部バレバレなのはいいんでしょうかね。
とツッコミつつも、私はくすりと笑いながら、楽しんでおります。
[ 2012/02/22 21:35 ] 時代・歴史物 | TB(0) | CM(10)
この本、地味に気になってました。
なんといっても出版元がかの『歴○魂』と同じですしね!
(『歴史○』でも似たような企画が連載されているので)
面白いですよね、偉人×ツイッター。
RTやトレンドが言い得て妙でございます。
ブロック機能までついているとは、設定細かいですね(笑)。
[ 2012/02/23 01:03 ] [ 編集 ]
己鏡のびびんばサンに、藤原頼長のBОT(←合ってます?)
教えて頂いて、覗いては吹いております。

歴史上の人物@ツィッター&ブログは、面白うございまする。
あの歴史上の人物のつぶやきは、終始炎上しているなぁ~、言葉、選べよ。
みたいなツッコミをしてみたいですね。
(誰だろう、炎上しそうなつぶやきをしそうな人って・・・
やっぱり、人間五十年の人?)

朝日系列の「濃姫」は・・・数年前の「天と地と」と同様な匂いを感じます。
ほら、北大路さんが、着ぐるみをつけた・・・(以下自粛)
[ 2012/02/23 21:54 ] [ 編集 ]
>何、ガサ入れなの???(爆

確か予告で”粛清します”的な発言があったからでしょうか?

最近気づいたんですけど、”宗子”って後の池禅尼なんですね。

とすると、家盛くんは早く死んでしまうわけですね。

家盛と頼朝が似てるということで、彼女は頼朝の助命を清盛に願うということになってますが、役者さんは似てるようには思えない???


[ 2012/02/23 23:08 ] [ 編集 ]
歴史上の人物になりきって(?)ツイートしている人が増えております(笑)
案外マイナーな人物(悪左府以外の人物です)のbotがあったりして吹いておりますが・・・・

この本は、源平合戦とツイッターに精通している人には特に楽しめる本なのでしょうか??
昔、●●新聞という本が流行っていた時期もありました
私めは三国志の出来事を新聞記事で表している「三国新聞」を手に入れました!
その当時、読んでは吹いておりましたが、今の世はツイッター形式のほうが楽しめる時代って事でしょうねえ~^^

私も一度はその本を見てみたいです^^
ご紹介ありがとうございます^^
[ 2012/02/25 22:19 ] [ 編集 ]
3話くらい録画したまま貯めていましたが、日曜日に一気に見て、BSプレミアムで視聴しました。
もちろん、副長8年ぶりの大河ドラマをリアルで見るために(笑´∀`)
Twitter、盛り上がっていました(^^)v
「粛正」は絶対に「組!」を意識している、とかw
[ 2012/02/29 22:11 ] [ 編集 ]
レスがすっかり遅くなってしまい申し訳ありません。

やはり気になっておられましたか!
ざっと見たところ、まともなキャラのほうが少ないのではないかというくらい、
みなさん様々な用語を駆使して(爆)つぶやいておられます。
なりすましが現れたりとか、結構凝った作りでしたよ。
ネタとしては充分ではないかと。
[ 2012/03/05 00:41 ] [ 編集 ]
すっかりレスが遅くなってしまい申し訳ありません。

頼長bot、私も覗いておりますよ~。
璋子さまもつぶやいておられますし、
かなりの数の歴史上人物botが存在しているものと思われます。
炎上しそうな人というと、誰でしょうねえ。
第六天魔王様はつぶやくだけでレスはしなさそうなので、
炎上したらしっぱなしで、むしろフォローした光秀とかに飛び火しそうです。

「天と地と」といえば、毘沙門天の着ぐるみ!
川中島の一騎打ちでとどめを刺せるのに、なぜか爽やかに去っていく不可解な謙信に、
思わず見入ってしまったという驚愕の展開だけが記憶に残っています。(苦笑
今回は濃姫がメインでしかも観月ありささんですから、
なんとなーく雰囲気は読めそうではありますけど、ネタ的に見るのがよさそうですね!
[ 2012/03/05 01:02 ] [ 編集 ]
レスがすっかり遅くなりまして申し訳ございません。
頼長のガサ入れ、「粛清します」がネタだったんですね。
後日、俳優さんがそう書いた紙を持っている画像も見ました。
そこだけ見たら、確かに鬼の副長とかぶってもおかしくないですね。

> 家盛と頼朝が似てるということで
キャスティング予想の段階では、
この2人は1人の俳優さんによる二役では?なんて話もありました。
大河ではよく子役→息子役というのがありますが、
家盛の子役さんは8歳なので、助命嘆願時の頼朝のはちょっと幼いですね。
そうなると、「似ている」という話はどのように扱うのか扱わないのか、
ちょっと気になるところではありますね。
似てなくても別に問題なく進んでいく可能性もあるとは思いますが。(苦笑
[ 2012/03/05 01:13 ] [ 編集 ]
レスがすっかり遅くなりまして申し訳ありません。

> この本は、源平合戦とツイッターに精通している人には特に楽しめる本なのでしょうか??
うーん……。
入門編過ぎてつまらないかもしれないです。(え
帯にも「入門ガイド」って書いてありますしー。(苦笑
ツイッターのTLは楽しめると思いますが、立ち読みでよいのではないかと。
よろしければお貸しいたしますので、お申し付けください。

> 昔、●●新聞という本が流行っていた
時代とともに、新聞、ブログ、ツイッターと流れてきているわけですね。
この本の場合、ツイッター画面に慣れていることも必要ですが、
ネット用語に慣れていないと、面白さが激減すると思われます。
「なう。」はまだしも、草が生えた状態(www)とか、「キタコレ」とか、
そういったものを違和感なく受け入れられるような人向け、読む層が絞られてしまうでしょうね。
でも販売方法として、それはそれでいいのかも。
[ 2012/03/05 01:23 ] [ 編集 ]
レスがすっかり遅くなりまして申し訳ありません。

> もちろん、副長8年ぶりの大河ドラマ
あれからもう8年にもなるんですね……しみじみ。
ツイッターも、実況で盛り上がりましたか!
「粛正」は絶対に「組!」を意識している、ってありえますね!
山本くん=副長というイメージが固定されているわけではないですが、
それ的な展開をついファンが望んでしまう、そんなキャラでしたもんね。
実はあれからまだ1話しか消化していなくて、頼長を見ていません!
頑張らないとー!
[ 2012/03/05 01:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。