Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

ありがとウサギ 

今日は大丈夫かなーと思ったら、やっぱり雪が積もっていて朝から雪除けするハメに。
気温が上がって雪の水分量が増えた分、雪が重くなって除雪もより大変です。
ひとかきするごとに、「う、腕が」とか「腰……」とか思いながらなんとか脱出路確保。
その後新たに雪除けしなければならないほど雪が降らなかったので、
夜は楽勝で家に入れるなと思っていました。
しかし帰宅して、私、目を疑いました。
家の駐車スペースの前に、どうにも崩せそうにない雪塊がどどーんと鎮座している!
どうやら私が出かけている間にラッセルが通って、何の考えもなしに雪をかき分けて行ったようでした。

「な・ん・だ・こ・れ・は!!!」

ワタクシ、憤りを感じてしまいました。
もちろんラッセルが来てくれるのはありがたいことです。
たとえ雪をかき分けて、道路の脇(=家の前)に雪の畝を残していこうとも、
それがとてもありがたいことはわかっています。
とはいえこんな大きな雪の山を残されては、いくら力仕事に抵抗のない私でも、
見ただけで心が折れそうでした。
だけどそんなことを言ってはいられません。
雪をどけなきゃ車を停める場所がないし、家に入れない!
覚悟を決めて雪山を崩し始めました。

「これはねーよ!!!!」
「これで除雪したって言わないし! 表面削っただけやん!」
「こんな塊残していって、どうしろっていうんだよ!」
「ここ、見れば駐車スペースってわかるでしょーが」

どれほどザックザックやっても減らない雪塊に、
さすがの私も心の中で毒づかずにいられません。
「くっそー、いつになったらこの山なくなるんだよぅ」
「いつになったら家に入れるんだよぅ」
「昔の除雪はこんな適当じゃなかったぞ!」

理不尽なことを言っているのは百も承知です。
でもね、毒づいてないとやってらんないくらいなんですよ。
雪山が大きいだけでなく、凍り始めて固まってるんだもの。(泣

「これはねーよ!」を心の中で連発しながら雪山を砕いていたところ、

「俺、やりますよ」

突然声をかけられて振り向いたら、そこにはスコップを持ったお兄さんが立っていました。
そのまま私が戦っていた雪山にスコップを突き刺し、どんどん崩し始めてくれちゃいます。

きゃああああ、きゅ、救世主ーーーー!

もちろん私も見てるだけじゃありません。
一緒に山を壊しにかかったところ。

「ああ、いいですよ。車の中で暖かくして待っていてください」

ひーーーーーー、王子様?(爆

「じゃあお言葉に甘えて……♥」
残念ながら私はそういうキャラじゃないので(笑)、
お兄さんの邪魔にならないようその辺の雪を除けているうちに、
あっという間に雪山が整理されてしまいました。
やっぱり男の力は違う。

その後お兄さんは、「これで入れなかったらもう少しやりますので」と言ってくれたんですが、
何の問題もなく車は駐車スペースへ……。
と、私がまだバックしている間に、お兄さんすたすたと去っていくではありませんか!
私、慌てて車から降りて、120度くらい腰を曲げてお辞儀しました。
「いえいえ」と言いながら歩いて行ったお兄さん、なんとすぐそこの家の人だった!!!
こんな身近に王子様が住んでいたとは!(違
もしかしていつまでもザックザックという音が響くのを見かねて、
わざわざ手伝いに出てきてくれたんでしょうか……。
私1人だったらどれくらい時間がかかったことでしょうね。
感謝しても感謝しきれません、本当に。

そして私、反省しました。
いくら心の中であっても、毒づいてはいけないと。
そしてありがとウサギは大事なんだと!
手伝ってくれたお兄さんに、良いことがありますように。
[ 2012/02/05 02:31 ] 日常 | TB(0) | CM(12)
そんなところに出会いが!!(汗)


とまあ・・・ともかく(笑)


なんといいましょうか
本当にきつい時は誰かが助けてくれる
これからはそんな世の中になってほしいですね

バブルが崩壊して派遣業が増えたあたりから
人に頼ったり頼られたりの形がなんかおかしい気がして
(自分の方が上だの下だの
 変な邪念が蔓延してる気がします
 個人的なグチを書いて申し訳ありません)

ご近所の方の、さりげない思いやり

こんなのが本当に大切なんですよね
これからの日本は特に。

[ 2012/02/05 10:44 ] [ 編集 ]
それはようございましたね~!^^

特に雪国では、雪による「助け合い」が見られると思います
例えば、雪の坂道などで、車が進めないでいると、通りすがりの人が何人かが、車の後ろを押してくれますよねえ~
↑「こういう時は、助けるのが当たり前だ!」と(親などに)教えられておりますが、本当にありがたいと思います^^
王子様出現に、ありがとウサギの登場・・・・美しい光景だと思います^^

ところで、その後、腰は大丈夫でしたでしょうか?TT
[ 2012/02/05 22:07 ] [ 編集 ]
んまあ!なんて素敵な物語じゃないですかっ。
どこぞのお国のレジでのお花(笑)に勝るとも劣らない
ロマンチなお話に、ほっこりしてしまいましたvv
ジークじゃないけど(笑)王子様って本当にいるのねっっ!

こういう時は、本当に人の心の温かさが身に沁みますよね~。
さり気ない優しさを感じると、自分もどこかで優しさを
分けてあげなきゃいかんなあ…と肝に銘じてしまいますvv
[ 2012/02/06 00:15 ] [ 編集 ]
素敵な人が身近にいた!?っていうわけにはいかないのかな。でも、すごいそんな雪かき手伝ってくれるなんて。

雪かきをしたことがないので、大変さはわかりかねます。
ただ、昔、長野で朝起きて車が雪に埋まっているのをみて、雪の降る所ではこんなことを計算して早起きしないといけないのか、と朝寝坊の私にはきつい生活条件だなと感じさせられました。
東京だと、これで学校休みかなとかよく考えていたので、楽しい思い出しか雪にはないの。
[ 2012/02/06 07:51 ] [ 編集 ]
身近にいらしたとは迂闊ッ!!

それはともかく。
良いお話をありがとうございました…(涙)
こちらも雪に呪いをかけながら戦っておりましたので
カタリーナさんのこの記事を読んでちょっと心が洗われた気分です。
雪国ならではのおもいやりですよね。
…しかも相手がお年寄りじゃないところがポイント高い!!(え)
それにしても、今年の除雪は例年とちょっと違いませんか?
震災の影響でトラックが被災地に優先的に行ってることが原因って言いますけど…。

今月を乗り切れば春はもうすぐなので、
体調と相談しながら頑張って雪かきしていきましょうね!
[ 2012/02/06 21:44 ] [ 編集 ]
困っている時は助け合う・・・
しかし、実際、助けが現れてくれると、
それまでの泣きたいような時間も毒も吹っ飛びますね・・・

去年の台風の電車ストップの折り、階段に座っている人が、
自分の使用列車出発のアナウンスで、立ち上がると、
お尻に引いていたコンビニ袋を、他の直に座っている人に、
「これ、使って下さい」と次々にリレーしておりました。
これだけでも、日本はまだまだ捨てたものではないな、と思うたです。

それにしても、早く春が来てほしいですね。。。
[ 2012/02/06 23:21 ] [ 編集 ]
頼むとか、頼るとかという事態において、
誰が先だとか誰が上だとかっていうのは昔からあったように思います。
ただそれがおかしな方向へ行っているのは、
バブルの影響というのはあるかもしれませんね。
さりげない思いやりというものがカッコ悪いというような風潮や、
思いやりを思いやりと受け取れない(受け取らない)雰囲気があるのは感じてます。
なんというか、今の人間疑うことばかりで、信じることができなくなってますし。
思いやりって、「信じる」というところから生まれるものでもあると思います。
信じるということ、信じてもらえるようにすること、
これも今の日本に必要なことかもしれないなと、いただいたコメントに思いました。
[ 2012/02/07 01:46 ] [ 編集 ]
実は昨日、今度は家の前で車が雪にはまって動けなくなりました。
ローとバックを交互にズルズルやっても思うように動かず。(涙
スコップで掘ろうにも、凍っていて全然崩せないんですよー。
これにはほとほと参りまして、
「これはとうとうJAFのお世話になるしかないのか?」
と思っていたところ、今度はお向かいのご夫婦が出てきて手伝ってくださいました><
なんかもう、近所中に迷惑をかけているようで、顔を上げて歩けないような。(苦笑
この大雪に、ご近所さんの声掛けや助け合いがあちこちで見られます。
大変な事態ではあるけれど、違う方から見ればとても良いことでもありますね。

腰は今のところ大丈夫ですが、腕が!!!
猛烈な筋肉痛で、ぷるぷるしております^^;
[ 2012/02/07 01:52 ] [ 編集 ]
そうですね~、王子さまっているんですね~。(笑
ジークは自分が王子様気質なだけで、多分手伝ってくれません。
面倒なことは他の人に命じちゃうので。(苦笑

やはり緊急事態に手を差し伸べられると、本当にありがたさが身に沁みます。
そして本当にありがたいと思ったら、自然と頭は下がるもんですよね。
本来、ありがとウサギなんていう運動は、ある方がおかしいのかもしれないです。
[ 2012/02/07 01:55 ] [ 編集 ]
残念ながら、素敵な出会いにはつながらない模様。(苦笑

雪が降るときは、雪除けの時間プラス、
道中の時間も余計に計算しておかないといけないので、
通常よりもかなり早く起きないといけなくなります。
私も朝はものすごく弱い上、寒いからとてもつらい。
雪は気温が低くてパウダースノーのときはまだいいんだ。
でもそれが水分を含み始めると、重量が増してとんでもないことになる。
今腕が筋肉痛でぷるぷるです><
子どもの頃は雪は確かに楽しかった。
今もちょっとした雪ならいいけど、さすがに今年のはもう勘弁って感じです。
[ 2012/02/07 02:09 ] [ 編集 ]
そちらの雪はもっとひどいですよね。
身体は大丈夫ですか?
こちらの除雪は例年と変わらずヘタクソです。(爆
実は昨日もラッセルにどでかい雪塊を家の前に放置されまして、
朝方半ば泣きながら壊しました。
今回は王子様は現れず……身近にお住まいではいらっしゃいましたが、
お目通りは2度と叶わないのかも。(笑
おっしゃるとおり、重機も要員も被災地に行っていて、
除雪するにも人も物も足りないという話はこちらでも出ています。
ただ前回の大雪であれこれ麻痺した経験をいかしてか、
ラッセルの出動はわりと迅速に行われているような気がします。
あとは技術を上げてもらいたいんですが……。
お互い、無理して身体を壊さないようにしましょう!
[ 2012/02/07 02:15 ] [ 編集 ]
日本人は、基本的に欧米のような個人主義の民族ではないと思うので、
譲ったり相手を思いやったりというのは心に自然に持ってると思うんです。
ただ時代の流れといいますか、社会の変化によって、
そういう心持ちも少しずつ変わらざるを得ないのかもしれません。
その人の本性はいざというときにわかるといいますが、
昨年の震災や、今の豪雪における話を耳にするにつけ、

>日本はまだまだ捨てたものではない

と、私も思います。
春、本当に待ち遠しいです。
[ 2012/02/07 02:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する