Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

粋なロッカー ~歌川国芳展~ 

歌川国芳展、行ってきましたよ!
いやあ、楽しかった。
あんなに混んでいなければもっとじっくり見ていたかったくらい。


歌川国芳展


展覧会のポスターからもわかるように、非常にロックでポップな扱いです。
そしてそれがまた納得できる作品の数々。
ぐるっと一通り見て感じたのは、国芳が根っからの江戸っ子だということ。
ユーモアと風刺と、そして譲れないこだわり。
そこに機転と発想力、そして的確な観察力、鋭い洞察力が加わって、
大胆かつ繊細な浮世絵が生まれたのだと思いました。
これは、いくら技術があっても誰にも真似のできないものだと思います。
しかも迫力ある絵で度肝を抜くだけでなく、センスあふれる画風が見る者の心をワクワクさせます。
国芳の来歴はよく知りませんが、彼の作品はきっと今のマンガの原点なのではないでしょうか。
とにかくどの1枚も、見ていて本当に飽きません。
見るたびに発見があって、今見てもちっとも古くない。
むしろそこに新しい世界が広がっているような気すらします。

それにしてもあまりの混みように、実は一瞬入口で入場を躊躇しました。
日曜日だったので結構混んでるだろうとは予想していましたが、
「結構」どころではなく、「激混み」状態でした。
案内のおねえさんが、「列に並んで鑑賞されますと2時間半以上かかります」と叫んでいまして、
そこまで余裕のなかった私は、泣く泣く人と人の隙間から覗くようにして見てきました。
やはり1枚1枚にどうしても見入ってしまうので、みなさん先へ進めないんですよね。
こればかりは仕方ないです。
ところで展覧会に行ったら、入口で私が必ずチェックするのが音声ガイド。
今回は山本耕史くんが担当していました。
基本的に音声ガイドは利用しない派なのでスルーしちゃいましたが、帰ってきてHPをチェックしたら、

国芳の弟子・芳宗に扮して語る、スペシャルトラックも必聴です。

てなことが書いてありまして、激しく後悔したところでございます。
えー、そんな美味しいスペシャルトラック、聴きたかったよー。
図録は2500円ですが、あの分量でこのお値段はお買い得だと思いますよ。
私はあれを持って帰るだけの気力がなく、後ろ髪を引かれつつも断念しましたが……。
今ちょっと、やっぱり頑張って買って帰ればよかったかなあと思ってます。
だってね、1枚をじっくりゆっくり味わいたくなっちゃうんですよ、国芳の浮世絵は。
たった1枚の絵に、大小さまざまな物語が隠れているんですから。
[ 2012/02/01 00:58 ] 日常 | TB(0) | CM(4)
行かれましたか~^^
同じく見に行かれた他のブロガーさんからの情報で見に行きたいなあ・・・・と思っていましたが、今年は秋田を脱出出来る自身&秋田へ帰る自身がなく、県外脱出を諦めましたTT
図録だけ取り寄せようかなあ・・・・と思ったら、在庫不足なんですね・・・・
流石は歌川国麿だ!^^;;
[ 2012/02/01 21:50 ] [ 編集 ]
国芳の場合、もちろん会場で現物を見るというのも素晴らしいのですが、
図録で細部までじっくりと眺めるという鑑賞の仕方もまた楽しいかもしれません。
その図録、会場でもバンバン売れてましたよ。
あれはお値段考えると結構お得な方だと思うので、1冊持っていても損じゃないと思いました。
でもあの厚さを持って帰るのはかなり大変だったので、私は諦めちゃったんですけどね。
通販の送料が高めなのも、あの重さなら致し方ないですわ……。

[ 2012/02/02 00:40 ] [ 編集 ]
国芳展、良かったですよねー。
幕末から離れていたワタシに、
しばし幕末の風を感じさせてくれました(泣笑)。

こーちゃんガイドが目的のひとつでもあったのですが(笑)、
江戸っ子べらんめえ口調のこうちゃん弟子が師匠・国芳の
凄さと愛嬌を語る…という形式で、なかなか良かったですよvv
でも解説してくれている浮世絵をじっくりと見ながらじゃないと
勿体無いかもしれませんです(汗)。
[ 2012/02/03 19:12 ] [ 編集 ]
> 江戸っ子べらんめえ口調のこうちゃん弟子が
これこれ、これが聞きたかったですよー!
あの状況ではとても音声ガイドを聞く余裕はありませんでしたが、
やっぱりちょっと残念だったかな。
音声ガイドって、自分の思うようなガイドじゃなかったとき結構苦痛なんですよね。
1度失敗してから、チェックはしても手に取ったことがないです。
もちろんスルーできない声の方だったら即決で借りますけれども、
幸いなことに(?)これまでそういう嬉しい事態は発生していません。(苦笑
[ 2012/02/05 00:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する