こっち側から切り取るのか!

第一章だけ書いて第二章を書かないというのもあれなので。

ワタクシが伏せっている最中に、「舞台版銀英伝」の同盟編キャストが発表になりました。
発表期日は知っていたので、布団の中で携帯チェックはしていたんですけど(苦笑)、
いやー、まさかこういうキャスティングでくるとは思いもよらず。
っていうか、出演者情報からの予想は1つも当らなかったよー。

創刊30周年「銀河英雄伝説」の舞台が第二章に突入!

まずキャスティング以前に、リンク先のポスターを見て、
「これは……ナイよ…ね?」と思ってしまった私をお許しください。
イメージはちょっと違う気がするけど、別に河村氏がヤンでいいんです。
でもヤンてナルシストとは一番遠いところにいる人だと思うんですよねえ。

軽く衝撃を受けつつ、河村氏以外のキャスティングに目を移しましたところ。

馬渕英俚可(ジェシカ・エドワーズ)
野久保直樹(ジャン・ロベール・ラップ)
大澄賢也(ムライ)
天宮良(アレックス・キャゼルヌ)
中川晃教(オリビエ・ポプラン)
松井誠(ワルター・フォン・シェーンコップ)
西岡馬(シドニー・シトレ)


ヒ、ヒロインがフレデリカじゃない!
しかもラップとか!
大澄さんがムライ……踊るムライは見てみたいかもしれない。
いや彼はむしろ振付師的立場か、幕僚長だしー。(笑
松井さんのシェーンコップと西岡さんのシトレ元帥は納得でございます。
とりあえずヤンとラップとジェシカの三角関係を描いていくらしいので、
やっぱりジェシカが倒れるところまでなんでしょうかね。
救国軍事会議のクーデータまでとすると、ちょうど帝国編のリップシュタットまでと同じになりますしね。
だからメインにアッテンボローがいないんでしょうね。
士官学校時代の話に、ちらっと名前が呼ばれる程度なのかもしれない。

原作アリの舞台の場合、どこをどう切り取るかっていうのがポイントだと思うんですけど、
帝国編が原作第2巻までなら同盟編もそれに倣うとして、
まさかジェシカとラップを真ん中に据えてくるとは思いもしませんでした。
構成を考えてみれば至極自然な成り行きだったのかなあと思います。
同盟編はベテランをそろえてのなかなか重い舞台になりそうですが、
始まってから様子見て……だと、もうチケットないのかなあ。
国際フォーラム、ホールCってキャパ1500くらいでしたっけ……。


木下工務店PRESENTS 銀河英雄伝説=第1章 銀河帝国編= [DVD]木下工務店PRESENTS 銀河英雄伝説=第1章 銀河帝国編= [DVD]
(2011/04/22)
松坂桃李、崎本大海 他

商品詳細を見る

2 Comments

リューザキ弾正  

同盟って・・・

あ、西岡徳馬さん(上杉家)だ!松井誠さん(北条氏康)だ!

同盟軍って、越相同盟だったのですか?(笑)

ヤン@河村さんののポスター見て、ナル度120%ぶりに、慄然しました(^^;)

2012/01/26 (Thu) 17:22 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■リューザキ弾正さん

> 同盟軍って、越相同盟だったのですか?(笑)
それを思い起こしますよね、実は私もでした。(笑
帝国編の上演のときに原作者が語ってましたが、
合議制の武田が同盟、君主専制の上杉が帝国のイメージのようです。
でも実際上杉家は多くの国人の合議制のような状態でもありましたから、
実情はちょっと違うと思いますけど、そんなイメージもなくはないかなあという感じですね。

2012/01/27 (Fri) 22:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment